2017年03月10日

河津桜を観に行ってきました  その3「河津平安の仏像展示館」




2月27日(月) 静岡県の河津町へ河津桜を観に行き、
河津川沿いの桜を観て、涅槃堂へ行き、さらに「河津平安の仏像展示館」を
目指して歩いて行きました。

展示館の公式サイトはこちらです。
https://www.kawazu-onsen.com/event/naranda/naranda.html

バスがあるわけでは無いので、歩いている人もほとんど、いや全くいませんでした!

DSC01014.JPG


途中、梅が咲いていたり。

DSC01016.JPG


えええ!?これって、もしかしてイノシシ???の皮??
なんとワイルドな。
DSC01018.JPG


近くなってきたようです。
DSC01021.JPG



でもまだまだ坂を上がるのです。
KIMG2617.JPG


これは大変だ。
写真は坂の上から、下を見たところ。
DSC01022.JPG


ようやく、到着!
南禅寺、のそばの「河津平安の仏像展示館」
KIMG2618.JPG


河津の仏像が展示されています。
それも平安時代のものだとか。
係の方より、いろいろと説明を伺うことができました。
私の文章力ではそのすべてをここでご披露することがとてもできません。

館内は通常、写真撮影禁止なのですがこの日は係の方より、撮影とネットへの
公開の許可をいただきましたので、ご紹介します。


KIMG2620.JPG


KIMG2634.JPG


KIMG2632.JPG


KIMG2639.JPG


KIMG2622.JPG


KIMG2624.JPG




下の写真は平安時代の物ですが、これだけ触ってもいいのだそうです。
こんなこと滅多にありませんね。
「おびんずるさま」
もちろん触ってきました。
地元の方々が大切にしてきたものだそうです。

KIMG2625.JPG


KIMG2626.JPG



ほとんど形が分からない物もあります。

KIMG2627.JPG


こちらは美しい形をしてますね。

KIMG2628.JPG


KIMG2629.JPG






KIMG2643.JPG


上の写真は、中が暗かったのでもう一枚。
こちらは、どういう物だったがうっかり記録するのを忘れました。

KIMG2644.JPG


KIMG2645.JPG


KIMG2656.JPG


河津に平安時代の仏像がある、その由来がとても興味深い物でした。

この南禅寺のあるあたりに、いまよりかなり広大な敷地の寺があったらしい、のだとか。
ところが1432年の山津波ですべてが流され埋没。
それを後年、掘り出したので展示されている仏像の多くが、体の一部をうしなったり、
ほとんど原型を土留めてなかったりしてるのだとか。
いまでもこのあたりを掘ると、破損した物の一部がごろごろ出てくるのだそうです。


かつてこの地(河津町谷津)は、かなり内陸まで海があり京都や奈良からの関東へ行く途中に
立ち寄る港もあって、栄えていたらしい。
河津の谷津港がそれで、多くの仏像も船で運ばれてきたと考えられているそうです。

それが前述の山津波で川も埋まり、港としての機能も無くしてしまった。
船も、下田や他の地の港に寄るようになっていったらしい。

展示されている仏像も今はまだ調査の途中なのだそうです。

うまくまとめられませんでしたが、河津に平安時代の仏像が多数あることのすごさが
少しでもお伝えできれば、と思います。




行きは、東京駅から特急にのりましたが、帰りはゆっくりで。
河津駅のホームで、桜祭りで買った、苺大福とコンビニコーヒーで一休み。

KIMG2659.JPG


さらに乗り換えの熱海駅のホームで、ちょっとうどんを。
立ち食いの「熱海そば」で、季節限定のうどん(そばもあり)を食べました。
のり、梅干し、そしてわさびの香り。
KIMG2664.JPG


シンプルなうどんですが、これがとてもおいしかったです。

松戸の自宅に着いたのは10時過ぎ頃。
充実した一日でした。




posted by みどり at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

河津桜を観に行ってきました  その2 河津・涅槃堂



2月27日(月)

静岡県河津へ河津桜を観に行きましたが、もう一つの目的の涅槃堂へも足をのばしました。

桜見物の方は、涅槃堂まではなかなか行かないようです。
場所はちょっとはなれているだけなのですが。

河津観光協会の紹介サイトはこちらです。
https://www.kawazu-onsen.com/kanko/mineyatsuhama.html
でもこちらを見ても詳しい事は、あまり書いてないですね。
いくつかのサイトを見て情報を総合すると、元はお寺があったけれど
今はご住職もいなくて地元の方々が管理されている。
内部をみるには通常はしまっているので、事前の予約が必要。
桜祭りの期間中は、公開していていつでも観られる、という
事のようです。

後から気がつきましたが、こちらの旅行ガイドサイトの方が詳しいです。
http://guide.travel.co.jp/article/14280/

こちらの涅槃堂にあるのは、お釈迦様が入滅した時の様子を表した「寝釈迦像」で、
全国に34例しかなく、日本三大寝釈迦とされる貴重な仏像、だぞうです。



河津駅から歩いて3,40分で到着。
DSC00966.JPG


坂をちょっと上がります。

DSC00968.JPG


DSC00983.JPG



早速中を拝見。
写真撮影はOKと言われましたので、撮ってきました。

DSC00982.JPG



DSC00969.JPG


DSC00975.JPG


DSC00981.JPG


DSC00980.JPG




DSC00979.JPG




上には天女もいましたよ。
DSC00974.JPG


DSC00973.JPG


千葉県から来ました、といったら受付の方がびっくりされていました。
今年の河津桜は咲くのが例年よりとても早かったそうです。

その方からお堂に飾るために家から持ってきたけど、余ったから良かったら
持って行って、と言われきれいな水仙をいただきました!
水仙も河津は咲くのが早いのですね、千葉県の我が家ではやっと伸びてきて
つぼみがみえてた位でしたから。

この後、自宅まで数時間もかかるのでちょっと心配でしたが無事持ち帰ることができました。
写真は家に帰ってから撮影した物です。

KIMG2666.JPG


涅槃堂を出てからは、また駅の方へ戻りかけましたがせっかくなので、
「河津平安の仏像展示館」へ行って観よう!と決心しました。
しかし閉館は4時。
涅槃堂を出たのは2時半くらいでしたか。
スマホで調べると徒歩30分くらいはかかるらしい。
大丈夫!余裕ありますね、せっかく桜まつりに来たのだからもう祭り気分を少し楽しみたい。

DSC00989.JPG


DSC00999.JPG




お腹もすいてきたので、花よりたこ焼き♪
夕方になってきたので、お店の方も早く売ってしまいたいらしくて値引きされてました。
たしか8個500円が、6個250円でした。
DSC00994.JPG



DSC01000.JPG


DSC01012.JPG


いざ、平安の仏像展示館へ。
続きは、また後日。





posted by みどり at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

河津桜をみてきました その1河津川沿いを歩く



2月27日(月)
静岡県河津町の「河津桜まつり」に初めて行ってきました。
川津桜まつりの、情報サイトはこちら
http://www.kawazuzakura.net/index.html


三年前の3月、初めて熱海のMOA(エムオーエー)美術館へいき、その帰りに
「そういえば、この近くで河津桜があるんだっけ」と思い出しいってみようか
と、思ったのですが電車は激混み。
人気のすごさを目の当たりにして、その時は「いつか行くぞ!」と心に決めて
行くのをあきらめたのでした。

念願叶った今年。
とは言っても、行こうと決めたのは出かける数日前でした。
たまたまTwitterで河津桜情報が流れてきたのが、一番のきっかけでした。


27日は、年に一度の職場の健康診断があってその日は仕事は休みを取っていたのです。
出勤にすれば検査を受けている時間も、出勤扱いにしてくれるのですが
検査後の勤務はイヤで休日にしていました。
仕事柄なかなか連休もとりづらく、この日を逃すともう見に行けそうも無い。

検査は職場指定のクリニックへ行きます。
時間は朝からですが、早めに行けば早めに終わる。
早く終わるつもりで東京駅午前11時発の特急スーパービュー踊り子号の指定席券を
取ってしまいました。
万が一、検査が終わるのが遅くても新幹線で熱海まで追いかければ、この
踊り子号に乗れる、とふみました。
降りるのは勿論、「河津駅」


当日は無事に検査も早く終わり11時発のスーパービュー踊り子号に乗れました!
KIMG2595.JPG


KIMG2596.JPG


この日は健康診断のため、朝食抜きだったので駅弁で朝ご飯。

KIMG2599.JPG




座席はやはり海の見える側を取りたい。
東京駅から出発する場合、AB席が海側なのでA席を取りたかったのですが、
さすがにA席は完売でしたのでB席で。
でもお隣のA席の方は熱海駅で降りて行かれました。

窓からの景色がこちら。

KIMG2605.JPG



あ、ちょっと私の手が写ってる(^◇^;)
KIMG2608.JPG




13時過ぎには河津駅に到着。

DSC00919.JPG



KIMG2610.JPG


KIMG2613.JPG


駅の周辺は、花の甘い香りが漂っていました。
今考えるとあの香りは、ジンチョウゲだったような気がします。

駅前はやはり人でいっぱい。
外国の人も多いのが印象的。最近はどこに行っても外国人の方がいるので
びっくりです。


初めての河津。
案内のチラシをもらって、河津川の方へ。
桜を観るのはもちろんですが、いくつか行きたいところがありました。

日本三大寝釈迦像の一つが奉られている由緒正しきお堂である、沢田涅槃堂。
ここにある涅槃像は、どうも桜祭り期間に公開になるようです。
ようです、と書いたのはネットを検索してもはっきり明記しているところが
見つからなくて。
私も今回、ここへ行こうと思ったのも「桜まつり」の期間、公開になる
という話をTwitterでみたからでした。

もう一カ所行って観たかったのは「河津平安の仏像展示館」です。


河津駅から涅槃堂を目指して歩いて行きました。(路線バスもあるようです)

桜もきれい。
残念ながらやや葉桜になってましたが、きれいなところは皆さん写真を撮っていました。
菜の花もきれいでしたよ。
しばらくは桜の写真をご覧くださいませ(^^)

DSC00927.JPG


DSC00929.JPG


DSC00930.JPG


DSC00931.JPG


DSC00935.JPG


DSC00938.JPG


DSC00940.JPG


DSC00945.JPG


DSC00944.JPG



DSC00957.JPG


DSC00962.JPG









河津川沿いは歩いている人も多かったのですが、涅槃堂付近になると
歩いている方はほとんどいませんでした。

涅槃堂についてからの事は、また改めてアップいたします!

DSC00965.JPG











posted by みどり at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

福井と金沢をまわります。

1479771117362.jpg1479771129420.jpg1479771583686.jpg
東京駅から福井行き夜行高速バスに乗って、福井駅前に到着しました。


うどんで、朝御飯♪
お腹すいてたので美味しい。


これから無料のフレンドリーバスにのって福井県立図書館へむかいます。


目的は図書館内の福井ふるさと文学館。
自動人形師ムットーニこと、武藤政彦氏の作品展が
あるのです。

その後金沢へ移動。
金沢21世紀美術館、泉鏡花記念館などまわってきます。

そして金沢駅から東京行きの最終便で帰る予定です。
posted by みどり at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

京都から奈良へ。2016秋

1477177231859.jpg


1477177260566.jpg


1477177299257.jpg


1477177323599.jpg






10月22日(土)、仕事を終えてからあわてて支度を整えて、東京駅へ。


今朝(10月23日)、京都駅前に到着しました。
バスから外に出ると、微かに甘い金木犀の香りが。
関東エリアでは、金木犀が咲いていたのは一ヶ月前くらいだったのですが。

朝ごはんが、食べられる場所をさがしてたら、金木犀が咲いてるとこを見つけました。

で、なか卯でうどんの朝ごはん。
かき揚げを追加しました。

今日はこれから、京都市美術館の「若冲の京都 KYOTO の若冲」展、ともう一ヶ所よってから、奈良県の平城宮跡で行われる劇団維新派の野外劇公演を観てきます。
posted by みどり at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

9月の明日香村・その2 橘寺・亀石


稲淵を後にして、朝風峠を抜けて歩いて行きました。
この写真の先が朝風峠。
KIMG0885.JPG


朝風峠からの景色。
DSC08984.JPG


飛鳥駅へ向かうことにしましたが、時間はあるし前回来たときとは違うルートをとりたい。

ここからなら橘寺も近いので、行ってみようと思いました。
何度か明日香村にきてますが、ここは行ったことが無い。

途中にあった八坂神社。
持ってた地図に載ってないよ。
DSC08987.JPG


DSC08990.JPG


DSC08991.JPG


明日香村散策には、地図とスマホのGPS機能が無いと迷います。
道しるべというものがほとんど無いのです。
たまにあっても、ほんとにたまで、これではとても分からない。
何度違う道を行ってしまい、途中で気がついて後戻り。
わかりやすい道しるべ、標識は設置できないものなのか。

DSC08995.JPG


のどかな風景の中を歩いているのに、なんだかモダンな音楽が聞こえてくる。
小学校が近くにあって、そこから聞こえてくるようでした。

途中にあったお寺。
定林寺。

DSC09006.JPG


DSC09002.JPG


さっきまで広々と何も無いようなところを歩いてましたが、急に住宅地に入りました。
DSC09012.JPG


DSC09013.JPG


ワン君、こっちを見ても気にもとめない。
DSC09014.JPG


DSC09018.JPG


見えてきた橘寺。
聖徳太子生誕の地、に立っているとか。
詳しい解説はWikipediaをご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E5%AF%BA

DSC09021.JPG


後で分かりましたが、ここは裏門でした。

DSC09024.JPG


拝観料払って,中へ。

DSC09033.JPG



DSC09046.JPG


DSC09048.JPG



DSC09041.JPG


DSC09064.JPG


DSC09030.JPG


DSC09057.JPG


二面石。
人の顔に見えるかな。

DSC09036.JPG


DSC09035.JPG





こちらの建物の天井画が見事。

DSC09053.JPG


DSC09049.JPG


DSC09050.JPG




DSC09059.JPG


こっちが正門でした。
中から観たところ。
DSC09070.JPG


外から。

DSC09071.JPG



亀石まで行ってみよう、と思い立つ。
この日は、地図を持っていたし、時間の制約もないのでどんどん思いつきで歩き回っていました。

離れたところからみた、橘寺。

DSC09082.JPG


DSC09087.JPG



これは途中のお宅の玄関脇にあったカエル石。
DSC09099.JPG



見えてきた亀石。
古代の遺跡です。
比較する物がありませんが、高さは150センチくらい。

DSC09100.JPG


DSC09102.JPG


亀に見えるから「亀石」と呼ばれているけど、何のためのものなのか、
ほんとのところはよく分からないらしい。


DSC09095.JPG



おや、古墳らしい。

DSC09106.JPG


天武・持統天皇陵でした。


DSC09108.JPG


飛鳥駅に着いたのは16時半頃。
KIMG0890.JPG


去年来たときは、ここも彼岸花でいっぱいだったのですが今年は植えてないのかな?
さっぱりしてました。
KIMG0891.JPG


電車に乗って、予約したビジネスホテルへ向かいました。

黄緑色の稲穂、彼岸花。小さな花々を愛でつつ歩いた一日でした。


そうそうこの日9月15日は「中秋の名月」の日。
ホテルの最寄り駅の売店で「月見団子」を売ってたのですが、私が知ってるのとは
全然違う形をしてるので物珍しくて購入しました。

KIMG0894.JPG


俵型のお餅にあんこが巻いてある。
関西エリアではこれが「月見団子」らしいですね。

私の住む関東エリアで「月見団子」と言ったら、白いまん丸なお団子なんです。

初めて知りました!
この世の中、まだまだ知らないことばかりだ。






posted by みどり at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月の明日香村・その1 石舞台から稲淵へ


8月から9月頭の旅とアート鑑賞のことが、全部書き切れていないまま
9月15日(木)、16日に奈良県明日香村と大阪へ行ってきました。

せっかくなので気持ちの新鮮なうちに、明日香村のことを書き留めたいと思います。
今回写真、多めです。

9月14日(水)夜、奈良県五条行きの夜行高速バスに乗車。
新たしくできた新宿のバスターミナル,バスタ新宿へ初めて行きました。
今まで新宿駅から夜行バスに乗るには、かなり狭い乗り場で待っていなければ
ならなかったので、ずいぶん広くてきれいになったなと、思いました。
しかし、自分が乗るバスの乗り場に行くまでに、座れる場所がなくて床座り
してる方があまりに多くてちょっとびっくり。

23時15分発の夜行高速バスに乗車。
このバス、途中でサービスエリアでのトイレ休憩がありません。
バスにトイレがあるから、これをつかってね、って事らしい。
サービスエリアにバスはとまるのですが、乗務員さんの交代や点検のため
だけでお客さんは降りられない。


朝、7時前には最初の目的地、奈良県の大和八木駅前に到着しました。
春にも奈良に来ましたがそのときは、春の明日香村と吉野の桜を観るのが目的でした。

DSC08804.JPG


今回は彼岸花を観るのが一番の目的。
去年の秋にも明日香村を訪れましたが、そのときは9月の後半。
しかも到着する前日に雨が降り、咲いていた彼岸花は多くがしおれてしまい
きれいに咲いているのを探したくらいでした。

ならば、今回は少し早めに行って観ようと計画して出かけました。
明日香村の稲淵(いなぶち)は9月になると、彼岸花祭りが開催されます。
去年は「彼岸花祭り」の終わった後にいったので、今回は彼岸花祭りの後に
使用と思いました。
去年、祭りの当日では大混雑になっていたようですから。

大和八木駅に着いてからは、当日夜出泊するホテルが歩いて数分のところなので
荷物を預けにいきましたよ。
前回、泊まったとき朝ご飯は一般の人も利用できるとしったので、今回は
このホテルで朝ご飯を食べてきました。

和朝食と洋朝食が選べるので、和朝食を。
私にはちょうどいいけど、男性には物足りない量ではないかなあ。

KIMG0862.JPG


この日は、明日香村の稲淵へ行き彼岸花をみる。
そして一日のんびり明日香村を散策しようと思っていました。

まずは、橿原神宮前駅へ。
午前9時頃、ここからバスに乗って石舞台古墳へ向かいました。

DSC08814.JPG


小さな草花もきれいで可愛い。
DSC08812.JPG


DSC08820.JPG


DSC08825.JPG


玉藻橋を渡ります。
DSC08836.JPG


あたりの景色。
DSC08837.JPG


稲淵へ向かうバスは無いので、歩いて向かいます。
昔はあったようですが。
春と同じルートを歩いているのですが、それでも道が分かりづらくて迷います。

DSC08838.JPG


DSC08850.JPG


明日香稲淵宮殿跡。

DSC08852.JPG


マラ石。


DSC08857.JPG


寺田寺跡。

DSC08860.JPG



DSC08867.JPG


彼岸花は4,5割咲いている感じ。
つぼみも多かったです。

DSC08883.JPG


DSC08863.JPG


DSC08887.JPG


明日香村稲淵に着きました。石舞台から歩いて約1時間ほどです。
KIMG0878.JPG


明日香川にかかる男綱。
写真、ちょっとわかりにくいですが。

さらに川沿いをあるいていくと女綱があるのですが、歩いて30分ほどかかる。
往復1時間はかかるので、今回はパスしました。
男綱と女綱、五穀豊穣を願い毎年1月に明日香川に毎年1月にかけられるもの、だそうです。
今年の春、女綱まで行き、さらに芋が峠を越えて吉野まで歩いたことは
こちらにまとめています。
http://midorimandara.seesaa.net/article/437420085.html

DSC08891.JPG

DSC08876.JPG




見物の方が意外と多かったです。
土日を避けて今のうちに、という事なのかも。
春に来たときは、人っ子一人いなくて、だだっ広い稲淵に一人いるのがちょっと
怖いくらいだったのですよ。
ほんとに人影もみませんでしたから。

稲淵の彼岸花祭りは、案山子のコンテストも開催されていました。
今年のテーマは「オリンピック」だったようです。

DSC08895.JPG


DSC08900.JPG


DSC08903.JPG


草花がきれいでしたよ。

DSC08906.JPG


DSC08919.JPG




DSC08925.JPG


DSC08928.JPG



蝶も来た。

DSC08931.JPG


稲淵の棚田。
ここは特に観光用にきれいに整備してるようです。

DSC08938.JPG


DSC08964.JPG


名残惜しい稲淵。

この後、橘寺、亀石を観て、飛鳥駅へ向かいました。
そのお話は、また後ほど。

DSC08980.JPG



posted by みどり at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

観音埼灯台、そして東京湾フェリー



7月26日(火)
この日は、神奈川県立近代美術館葉山館から横須賀美術館へいきましたが、
千葉県民の私にとって葉山は少々遠い。
じつは前日の夜は川崎駅近くの安いビジネスホテルに宿泊してから
美術館へ向かっていました。
なので、この日は小さな旅だったのです。

横須賀美術館を出てから、せっかくだからと足を伸ばして観音埼灯台へ行ってみました。
横須賀市の紹介サイトはこちら。
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4450/sisetu/fc00000659.html


海沿いの道を歩いて行くと・・・。
DSC04630.JPG


すれ違った方が、「アレが(軍用艦)ロナルド・レーガンだよ」と、教えてくださったのですが
真偽のほどは不明です・

DSC04636.JPG



観音埼灯台が見えてきました。

DSC04642.JPG


入館料払って中に入ってみる。
かなり狭いです。

DSC04644.JPG


DSC04645.JPG


DSC04646.JPG


狭いけど、てっぺんの外に出れます。
見える陸地はたぶん房総半島。
DSC04657.JPG


後はかえるのですが、せっかくなので東京湾フェリーに乗ってみたい。
再びバスに乗り、浦賀駅へ。

DSC04674.JPG



京急久里浜駅からバスの乗って東京湾フェリーの乗り場に着きました。
DSC04678.JPG



DSC04679.JPG



神奈川県の久里浜港と千葉県の金谷港を結ぶ東京湾フェリー
昔一度、乗ったことがありますが、あのときは金谷港から久里浜港へ、でした。
今回は逆のコース。

DSC04677.JPG


船に乗ること約40分。
みるみる向こうの金谷港が近くなってきました。

DSC04681.JPG



金谷港到着。

DSC04682.JPG


金谷港からはJR浜金谷駅は徒歩で行かれる。

DSC04687.JPG


ここから電車を乗り継いで千葉県松戸市に帰ってきました。

東京湾の周りをくるりと一巡りした、小さな旅でした。



DSC04677.JPG
posted by みどり at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

石川県、総持寺祖院へ



今日、5月10日(火)
輪島駅からバスに乗り門前に到着。
写真は門前バス停。

DSC03982.JPG


次に向かうのは総持寺。

でも途中にあった小さなお寺に寄り道。
興禅寺。
拝観料は無料でした。
DSC04003.JPG


DSC03987.JPG


DSC03988.JPG

DSC04002.JPG



花であふれているんですもの、見逃せない。

DSC03997.JPG


DSC04000.JPG


総持寺祖院に到着。
曹洞宗の大本山だそうです。
拝観料を払って中へ。

DSC04015.JPG


建物の中も入れます。
でもあちこちが工事中らしい。
ここは建物の中でもかなり古い部分らしい。

DSC04022.JPG


法堂という大伽藍。
私がデジカメで撮影しようとしたら「ここは撮影だめだよ、書いてあるよ!」という方が
いて、私「あ?そうですか」と返事したけど・・・。
撮影OKでしたよ、オジサン!!

DSC04041.JPG


DSC04029.JPG


見事ですね。
DSC04030.JPG


DSC04047.JPG


DSC04061.JPG


DSC04078.JPG


DSC04079.JPG


DSC04081.JPG


工事中の囲いが目障りでしたが、きれいなところでした。

ここを出ると近くに小学校がありましたが、これまたすごい花時計がありました。
建物も門前町を意識してるのでしょうか。
DSC04085.JPG


DSC04090.JPG


門前バス停13時発、金沢駅行の特急バスに乗車。
次の特急バスは無い!
バスを乗り継いで金沢駅に行くこともできますが、それでも次のバスは15時40分なのです。
ほんとにびっくりするほどバスの便が少ないです。
地元の方は車がないと生活できないですね。

海沿いの道をバスは進みます。
DSC04103.JPG


この岩はトトロ岩と名前がついてます。

DSC04102.JPG

走るバスから、うまく撮影できました。

15時半ごろ金沢駅到着。

いったんホテルにチェックイン。
実はこの日は、朝も昼も食事をとり損ねてました。

なんか美味しいもの食べたい・・・・と、結局駅ビルの回転ずしへ。
DSC04112.JPG

平日無料サービスという味噌汁付き。

DSC04109.JPG

トロがほんとにとろけるようでおいしかった!
10皿ペロリでした。
目では、もっと食べたいけど、さすがにおなかいっぱい。
ごちそうさまでした。

posted by みどり at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

輪島の朝市


KIMG1062.JPG


今日、5月10日(火)は金沢に来ています。
9日の夜、東京駅前から夜行高速バスに乗車。
朝、7時ちょっと前に金沢駅前につきました。

休む間もなく、駅のロッカーに大きな荷物を預けて、7時20分発の輪島行直通バスに乗りました。
時刻表は北陸鉄道のサイトをご確認くださいね。
夜行バスの到着が遅れたり、大雨なら金沢市内観光するつもりでしたが。
小雨がぱらつくくらいだし、翌日のほうがさらに悪天候らしいので輪島行決行しました。

なんども金沢に来てるし、輪島に行ったこともあるのに有名な朝市は
一度も見たことなかったので、ぜひ行ってみたかったのです。

9時45分頃、輪島漆塗会館到着。

DSC03909.JPG


朝市はここから歩いてすぐ。
お、輪島のマンホールですよ。
DSC03913.JPG


見えてきた朝市。
DSC03914.JPG


DSC03941.JPG



DSC03924.JPG


おいしそうだった、えがらまんじゅうを買い食い。1個150円。
甘いあんこが入ってました。
DSC03917.JPG


輪島には永井豪記念館があります。
漫画家の永井豪さんは、輪島の出身だそうです。
朝市に合わせて開館は8時半から。
去年、輪島訪問時に中を観てるので今回はパス。
DSC03927.JPG


朝市の通りにはなぜかこんな場違いな建物もある。
DSC03939.JPG


DSC03937.JPG


閉館になってしまったイナチョウ美術館跡。
某大実業家の個人コレクションを公開した私設美術館だったのですが、
私も見ないうちに閉館になってしまいました。
中世ヨーロッパの美術品が多数あったらしい。


輪島は漆塗りや、蒔絵の工芸品も有名。
販売してるお店も、もちろんありました。
ここはなんと漆塗りのバイオリンがありました。
買えないから、外から見るだけ。

DSC03942.JPG


DSC03943.JPG


別の小さなお店で見つけたネックレスを二つ購入しました。
猫の方は、鎖を外してブローチにもなります。
黒蝶貝を使い、漆と蒔絵の技法を使っているそうです。
蒔絵師の空熊智子さんの作品。
DSC04105.JPG




朝市から、ちょっと離れたとこにあるのが重蔵神社。
どうも地元のテレビ局の撮影があったようです。

DSC03949.JPG


DSC03953.JPG


その近くにある足湯「湯楽理」
DSC03962.JPG


DSC03964.JPG


ちょっと足を温めてきました。

輪島駅に到着。
DSC03973.JPG


DSC03978.JPG


駅といっても今は廃線になっています。

ここに限らず、能登半島は廃線になった駅がそのままバス停の名前として
残っているところがいくつもあります。

輪島駅10時50分発、門前行のバスに乗りました。
DSC03981.JPG


これに乗らないと、次のバスは13時55分と間があきすぎるのです。

続きはまた後ほど。
posted by みどり at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする