2016年07月01日

ミハイル・プレトニョフ 「協奏曲の夕べ」

1467378995860.jpg1467379008416.jpg


ミハイル・プレトニョフ 「協奏曲の夕べ」@東京オペラシティコンサートホール

演奏会公式サイトはこちら。https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=403

7月1日(金)、聴いてきました。

私の席は3階わきのC席だったのですが、 ミハイル・プレトニョフ さんを斜め上から見下ろす感じになり、演奏時の表情もよく見える!私にとっては意外にも素敵な席でした。

今日の 演奏会、素晴らしかったですよ。

曲目は公表されていたプログラムの他に、冒頭に1曲演奏がありました。これは出演者の希望だそうで、スクリャービンの「夢想」が追加されてました。

配布されたプログラムには「出演者」としか表記されてなかったのですが、プレトニョフの希望たったのでしょうか。

ミハイル・プレトニョフさんのことは最初は指揮者として知りました。

今年になってから演奏会を聴いてます。
ピアニストとしての演奏を聴くのは今日が初めてです。

以下、今日の演奏曲です。

[協奏曲の夕べ]

スクリャービン:「夢想」

スクリャービン: ピアノ協奏曲 嬰ヘ短調

ラフマニノフ: ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18

私はスクリャービンの曲を聞くのは初めてかも。

今回聴いたピアノ協奏曲は、華麗で幻想的。

冒頭を聴いただけで、頭と体が軽くしびれるような感じがしました。

後半のラフマニノフのピアノ協奏曲は、テレビやラジオでも何度も聴いた曲。

アンコール曲も1曲。
ラフマニノフのエレジー。


ミハイル・プレトニョフさんのピアノ演奏、聴きに来てほんとに良かった。

来週も演奏会があるのですが、もちろん行きます(^_^)

miha.jpg
posted by みどり at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

「オルケスタ・デ・ラ・ルス」ライブ

1466427195294.jpg



「オルケスタ・デ・ラ・ルス」@ビルボードライブ東京

6月19日(日)の19時30分開演のセカンドステージを聴きに行ってきました。


公演サイトはこちら。
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=9962&shop=1

日本人メンバーによるサルサバンドです。
サルサなんて知らないよ.と言う方でもNHK で放送中の「ブラタモリ」をご覧になってる方は多いのでは。

冒頭の井上陽水さんが「ハローハローおっ元気ーー」と、歌ってるテーマ曲「女神」がサルサで、しかもオルケスタデラルスの演奏なのですよ。 

しかも、この日のファーストステージ(第1部)では、タモリさんも客席に来ていたんだそうです。

オルケスタデラルスのライブを聞くのは私もたぶん半年ぶりくらい。

陽気で明るい音楽に浸ってきました。

写真はライブ終了後の様子です。
写真撮影OKが出ましたので撮りました。
三階席(カジュアル席)からの鑑賞だったので、遠いです!

DSC04361.JPG
posted by みどり at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

ウィーン少年合唱団 2016年 日本公演

1466254233495.jpg


ウィーン少年合唱団 2016年日本公演 A プログラム@東京オペラシティコンサートホール


6月18日(土)、聴いてきました。

ウィーン少年合唱団、日本公演公式サイトはこちら。
https://www.japanarts.co.jp/wsk2016/


ほぼ毎年5、6月に日本公演を行っているウィーン少年合唱団、今年も天使の歌声を聴いてきました。

毎年A 、B の2プログラムそれぞれの公演があり両方行くときもあるのですが、今年は片方だけにしました。


大好きなフォーレ作曲のレクイエムのピエイエス、ロイドウェッバー作曲レクイエムのピエイエス、両方が続けて歌われて嬉しいこと。

特にロイドウェッバーのピエイエスは、以前の日本公演でも聴いたことがありますが、そのときはボーイソプラノ二人の二重唱でした。
今回は女性ゲストを招いて、本来の形のソプラノとボーイソプラノでの二重唱なのでとても良かったです。

「花は咲く」も歌ってくれましたが、この曲はわかっているけど、なんかもう涙が止まらなくなってしまいます。


前半はクラシックと宗教音楽、後半は日本やアフリカ、東欧の音楽など。

清々しい歌声に癒されました。



これがアンコール曲。

1466254249995.jpg



終演後のロビーの様子です。
1466254291255.jpg


またロビーでは、協賛のキャノンのユニセフ募金の箱を持った方がいます。
献金(金額はお志で)をすると少年合唱団メンバーの集合写真が1枚もらえますよ。

posted by みどり at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

「THE POET SPEAKS キングスバーグへのオマージュ」

tpoets1.jpg


「THE POET SPEAKS キングスバーグへのオマージュ」@すみだトリフォニーホール


6月4日(土)の19時開演の公演をに聴きに行ってきました。

内容をほとんど知らず、フィリップ・グラスの11年ぶりの来日という事だけでチケットを取りました。

なので恥ずかしながら、パティ・スミスも、詩人のキングス・バーグも全く知りませんでした。

キングス・バーグの詩をパティ・スミスが朗読をし、フィリップ・グラスが
ピアノ演奏をする、という趣向。

詩の翻訳(翻訳文は舞台のスクリーンに投影される)を村上春樹、柴田元幸さんが手がけているとか。


フィリップ・グラスが好きなら翌日6月5日の公演が、彼のピアノコンサート
だったそうで、こっちに行けば良かったな、と今更ながら思っています。
事前の情報があまりよく分からず、基本土日は休みではないので生きやすい日のチケットを
とったのですが、ちょっと選択を誤ったか。
もともと土日は休みがとりずらいので、まあ仕方ない。

公演公式サイトはこちらです。



この日は、おふたりの他にパティ・スミスさんの娘ジェシー・スミスさんと、チベットの音楽家テンジン・チョーギャルさんが出演されていました。
テンジンさんは、言葉で説明できないけど超人的な歌声でした。
なんていうのかチベットの独特の歌唱法というのでしょうか、私は好きな歌声でした。

posted by みどり at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

MET ライブヒューイング オペラ「ロベルト・デヴェリュー」

1465048177580.jpg
MET ライブヒューイング オペラ「ロベルト・デヴェリュー」@東劇


5月27日(金)に観てきました。
ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で行われた、オペラ公演の映像収録版
上映です。

このオペラは今回初めて知りました。


女王エリザベス1世の臣下で、愛人だったと言われるロベルト・デヴェデリュー。
彼は女王の侍女と恋仲になったため、嫉妬に狂った女王に処刑されてしまう。
これ、実話だそうです。

物語はこんな風。
当初、ヴェデリューの友人は彼を助けようとするが、自分の妻サラがヴェデリューの相手と知り驚愕、落胆。
サラも二人への思いに板挟みになり、嘆き悲しむ。
女王も信頼していたサラが恋敵とは知らず…。

4人の悩みが渦巻き、約3時間、老女王の怨みのカナキリ声を聴いてるようなもので、正直ちょっときつかった。

なので、女王役は大変だと思います。
演技は、始終怒りまくり声は目まぐるしく高音、低音を上下する。
女王役のソプラノS・ラドヴァノフスキーさん自身、インタビューで気力体力が奪われる、と言ってました。

衣装と舞台装置がゴージャス。

舞台のエリザベス1世の風貌はやや怪物めいて見えましたが、実際に病気のせいで肌が荒れ、頭も剥げていたのを化粧とカツラでかくしていたそうです。
これも初めて知った。




以下は公演詳細です。

指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:ソンドラ・ラドヴァノフスキー、エリーナ・ガランチャ、マシュー・ポレンザーニ、マリウシュ・クヴィエチェン
上映時間
:3時間4分(休憩1回)[ MET上演日 2016年4月16日 ]
言語
:イタリア語

METライブビューイング公式サイトはこちら
http://www.shochiku.co.jp/met/program/1516/


metrb.jpg
posted by みどり at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

バッハコレギウムジャパン第118回定期演奏会

1464710727770.jpg

バッハコレギウムジャパン第118回定期演奏会@東京オペラシティコンサートホール



5月31日(火)に聴きに行ってきました。

J.S.バッハ:教会カンタータ全曲シリーズ vol. 70


この日の曲目てす。

J. S. バッハ

《わが魂は主をあがめ マニフィカトによるフーガ》BWV 733
《シュープラー・コラール集》より〈わが魂は主をあがめ〉BWV 648



M. プレトリウス
《シオンのムーサたち》(1607年)より〈わが魂は主をあがめ 8声のマニフィカト〉

J. S. バッハ
《わがこころは主をあがめ》 BWV 10


休憩


《われいかで世のことを問わん》 BWV 94

《イエス、わが魂を》BWV 78

指揮:鈴木雅明
ソプラノ:松井亜希
アルト:ロビン・ブレイズ
テノール:櫻田 亮
バス:浦野智行

オルガン独奏*:鈴木優人

合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン


冒頭は鈴木優人さんによるパイプオルガン独奏。
バッハの小品2曲。


カンタータ第10番、94番、78番。
印象的だったのは78番の第2曲のデュエット。 
ソプラノとアルト(歌っていてのはロヒンブレイズさん。アルト、とは女性の声の表記だと思ってたら違うのですね)


二人の歌声が弾むようで明るく華やか。
バッハの楽曲でこんなに楽しげなのは初めて聴きました。
歌詞の内容は、早く神様の元へ参りましょうよ、というもの。

終演後は震災募金をお願いのため、メンバーの方々がロビーにでてくれて、皆さんにご挨拶をされていました。
posted by みどり at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

イノヒデフミ ライブ

1464439836142.jpg


INO Hidefumi (イノヒデフミ) ライブ@ビルボードライブ東京



5月27日(金) 21時30分開演のセカンドステージを聴きに行ってきました。

飲み物はレッドアイ(トマトジュースとビールのカクテル)

1464439872694.jpg


イノヒデフミさん、すいません全然知らない方です。

全然知らないけど聴きに行く、観に行く、というパターンが最近とても多いです。

今回もたまっていたぴあポイントの招待で鑑賞してきました。

ビルボードライブ東京の紹介サイトはこちら。
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=9925&shop=1

ステージにはイノヒデフミさんとドラム、ベースの方の計3名。

ステージ衣装はちょっとよれ気味の白衣、と言うのがカッコいいのか悪いのか、判断しかねる登場でした。
まあ、気取らないとこが魅力の方みたい。

イノヒデフミさんは、ピアノとキーボード担当。

作曲やアレンジもされるらしい。

音楽は、これは私の好みです!

イノヒデフミさんが、写真撮影OKと言われたので撮影しました。
撮影OKイコール、ネット掲載OKではないのですが、通常はイコールで
あることが普通なので、アップさせていただきますね。

DSC04308.JPG


DSC04317.JPG


DSC04318.JPG


終演後にサイン会(会場で購入したグッズにサインしてくれる)が行われたのですが、時刻はすでに22時55分。
終電に間に合わなくなる可能性大なので、残念ながらすぐ帰りました。


イノヒデフミさんの楽曲をYouTubeで。  

                                                                                                                
                                                          
                                                                              
posted by みどり at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

プリシラ・アーン ライブ

1464187055876.jpg


プリシラ・アーン Priscilla Ahn ライブ@ビルボードライブ東京



今日、5月25日(水) 21時30分開演のセカンドステージを聴いてきました。

今回はたまっていたぴあポイントを交換しての鑑賞で、つまりうれしい招待公演でした。


実はプリシラ・アーンさん?全然知らないな、だったのです。


しかし、あら聞いたことある!
ジブリアニメ「思いでのマーニー」の主題歌はこの方が歌ってたのでした。
シンガーソングライター、ということも今回初めて知りました。

例えて言うと「お隣のきれいな歌のうまいお姉さん」という感じ。
とても親しみやすい雰囲気のある方でした。






YouTubeに歌と映像がありましたのでリンクを張っておきます。
「思いでのマーニー」主題歌


posted by みどり at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

サイモン・フィッシャー・ターナー来日スペシャルイベントDAY1:クロマ@カフェ(クロマカフェ)

DSC04262.JPG


サイモン・フィッシャー・ターナー来日スペシャルイベントDAY1:クロマ@カフェ @アップリング


5月18日(水)にイベントに参加してきました。

作曲家のサイモン・フィッシャー・ターナーさん。
彼が音楽を担当する「クロマ」の公演が、新国立劇場で21日、22日にあり、
私もチケットを取っていました。

今回は、その公演に先立つイベントで、開催されるのを知ってからもちろんすぐに
チケットを取りました。

「クロマ」は英国の映画監督デレク・ジャーマンが死の直前に著した色彩についての
自伝的エッセイ。
(私も読んだこと無いのですが)

今回のイベントは、スマホか携帯電話持参。
会場で教えてもらう、URLにアクセスして、サイモン・フィッシャー・ターナーさんが
事前に作った音源を参加者全員のスピーカーからならして、その音空間のなかで
演奏、朗読、などをやろうというものでした。

アップリンクさんの方も、こういう試みは初めてとのこと。
こちらも初めて!
通常は映画を上映する会場と、となりのカフェのタベラの2会場を合わせて使うイベント
でした。

イベントに合わせたドリンクもあり、いくつか色があったのですが私はブルーにしました。

DSC04259.JPG



ずっと1カ所に座っている必要も無く、皆さんあちこちに移動。

音源も、皆さん再生するタイミングが違うから、それはそれでいろいろ混じって
おもしろい空間になっていました。

太極拳のようなゆっくりとしたダンスをする方も。

イベントの詳細はこちらの公式サイトをご覧ください。

参加者全員で作ったイベント、なかなかおもしろかったです。
写真でご紹介するは、皆さんが写っているから難しい。
なので人が写ってない時の写真でご勘弁を。
冒頭の写真は、私のスマホと参考として置かれていた「クロマ」の本。
ちょっと読ませていただきました。

DSC04263.JPG


DSC04266.JPG


DSC04267.JPG





当日の音源のは今も再生できますので、視聴してみてくださいね。






posted by みどり at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

「チック・コリア&小曽根真 ピアノ・デュオ プレイズ・アコースティック」

1463664017506.jpg



「チック・コリア&小曽根真 ピアノ・デュオ プレイズ・アコースティック」 @サントリーホール

本日、5月19日(木)聴いてきました。

写真は開場前のサントリーホール前です。

1463664054223.jpg



あまりにも多才な活動をしてる音楽家チック・コリアさんと、ジャズピアニストの小曽根真さんの夢のコラボレーション。

小曽根さんの生演奏は何度か聞いたことありますが、チック・コリアさんは初めて。
なので今宵のコンサートは、ほんとに楽しみにしてました。

写真でご紹介出来ませんが、会場に入ったとたん、いつものクラシック専門のサントリーホールとは違う華やかな照明がされていました。
ゴールドとブルーの光、そして天井は森の木漏れ日のような影も。

お二人によるピアノ演奏は普通の連弾とは全く違い、即興性を大事にしてるよう。

最後は、チック・コリアさんのピアノの指導で会場のお客さんたちがハミングするという、まるでみんなで作る演奏会になりました。

お二人の演奏会は、今回あちこちをツアーしてるようです。
日々違う演奏会なのでしょうね。


今日の演奏曲名ですが。終演後はりだされたものを撮影しましたので、
ご覧ください。
書き出すのは大変なのでご勘弁を。


DSC04270.JPG


DSC04268.JPG


DSC04272.JPG




chickozo.jpg

posted by みどり at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする