2016年06月18日

コンドルズ 埼玉公演2016新作「LOVE ME TenDER」

1466257040353.jpg



コンドルズ 埼玉公演2016新作「LOVE ME TenDER」@さいたま芸術劇場

6月18日(土)、観てきました。


1466257060440.jpg


公演公式サイトはこちら。
http://saf.or.jp/arthall/stages/detail/3349

近藤良平さん率いるコンドルズ。
基本はダンスだけど、毎回コントあり、芝居あり、人形劇あり、何でもありのパフォーマンスを見せてくれます。
そして近藤良平さんのダンスは、動きが驚くほどなめらかです。

今回も、大人も子どもも楽しめる内容に大笑いしてきました!


会場では明日、一般発売開始の9月9日のNHK ホール公演(9月10日チケットが完売したための
追加公演)チケットが先行販売されてのでもちろん買ってきました(^^)v


写真は、開場前に劇場前の広場で行われていたパフォーマンスです。
帽子の男性が近藤さんです。

con2016.jpg



lovem.jpg
posted by みどり at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

野村萬斎演出「マクベス」2016年

1466084810817.jpg


「マクベス 」@ 世田谷パブリックシアター
公演公式サイトはこちら。
https://setagaya-pt.jp/performances/20160615macbeth.html



6月16日(木)、観に行って来ました。
高いS 席を買う気がなくかつ、すでに完売だったので、A 席(3階席最後列)で。
なまじ3階の最前列より以外と見やすかったです。

1466084888673.jpg


シェイクスピアの「マクベス」を狂言師の野村萬斎さんが構成、演出したもの。
今回で4演目だそうですが、私は今回初めて観ました。
正直いって「マクベス」なんて、見たい物語ではないので、やっと腰をあげたようなものです。

趣向を凝らした凝った演出は狂言師の萬斎ならではか。
外国公演も何度も行われた公演だそうで、いかにも外人受けしそう。

出演演者は萬斎さん含めてわずか5人。
つまり登場する魔女3人が、他の役もやるわけです。
シンプルで分かりやすい「マクベス」になっていたと思います。

舞台装置も簡素。
舞台に置かれた丸窓のようなのは私には、神社にある茅の輪にも見えました。
あそこを通り抜けるとなにかが変わる、そんな風にも見えて。



終演後は、萬斎さんによるトークがありました。

公演の冒頭、萬斎さん演じるマクベスが刀で幕を切って登場するのですが、面白い演出だけど、なんかもたついた感じだな、と思ってたら、あそこは萬斎さんいわく「ひっかかった」のだそうです。
なるほど。

会場で「マクベス」の新訳文庫本が販売されていたのですが、表紙が
金子國義さん。
おもわず購入してしまいました。

DSC04351.JPG
posted by みどり at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

シス・カンパニー 「コペンハーゲン」

cop.jpg


シスカンパニー公演「コペンハーゲン」@シアタートラム


6月14日(火)見に行って来ました。

出演者はたった3人。
しかも演出は小川絵梨子さん。
小川さんの演出は今まで観て来ましたがどれも苦手で、最近は極力観るのを避けるようにしてました。
それでも観に行ったのは好きな段田安則さんが出演されてるからでした。

面白かったです。

登場するのは実在した二人の物理学者、ハイゼンベルク、ボーアとその妻メルグレーテ。

すでに亡くなっている三人が、かつて過ごした「コペンハーゲンでのある1日」に何を話し合ったのかを、再現し思い出そうとするのですが、その様子は単に再現ではなく、いつの間にかその時にタイムスリップしてしまう。

二人の物理学者の会話はやがて、原子爆弾の開発のことにたどりつく。

チラシの絵は、ハンマースホイの作品ですね。
静かで、でもそこになにかがあるような、起こるような雰囲気を感じます。
今回の公演もまさに、そんな感じ。

この公演は是非もう一度見たくなりましたが、すでにチケット完売。
でも立ち見席「トラムシート」の販売がまだ残ってたので購入しました。

来週また、行きます。




【作】マイケル・フレイン
【翻訳】小田島恒志
【演出】小川絵梨子
【出演】段田安則 宮沢りえ 浅野和之

公演公式サイトはこちら。

http://setagaya-pt.jp/performances/20160604copenhagen.html
posted by みどり at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

METライブビューイング「エレクトラ」


MET ライブヒューイング オペラ「エレクトラ」@東劇


6月9日(木)に観に行っています。

ギリシャ悲劇を元にしたオペラ。
私もこの作品は今回初めて見ました。 
聴くのも初めて。


リヒャルト・シュトラウスが1906年から1908年にかけて作曲した1幕物。
今まで見てきたMETライブヒューイングのオペラのなかでは割りと近代の作品か?

母とその愛人に父を殺されたエレクトラの復讐。

音楽はとても前衛的に聞こえます。

演出も、舞台は現代のどこか。
出演者のエレクトラは疲れて狂気じみたおばさんに見える。


華やかさは無いが、親子、姉妹の人間ドラマとしてみるとおもしろい、のだと思います。

またエレクトラ役の方は約2時間でずっぱりで、歌っているので気力体力の消耗が激しそうです。

今一つ乗り切れなかったので、感想はこのくらいで。








作品公式サイトはこちら。
http://www.shochiku.co.jp/met/program/1516/index.html#program_10


公演詳細

指揮:エサ=ペッカ・サロネン 
演出:パトリス・シェロー
出演:ニーナ・ステンメ、ヴァルトラウト・マイヤー、エイドリアン・ピエチョンカ、ブルクハルト・ウルリヒ、エリック・オーウェンズ

上映時間(予定):1時間57分(休憩なし) [ MET上演日 2016年4月30日 ]
言語:ドイツ語
posted by みどり at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

演劇集団キャラメルボックス公演「また逢おうと龍馬は言った」

1465481615990.jpg


演劇集団キャラメルボックス公演「また逢おうと龍馬は言った」@サンシャイン劇場


6月7日(火)に観に行っています。

公演公式サイトはこちら。
http://www.caramelbox.com/stage/ryouma2016/

坂本龍馬を敬愛する岡本。
仕事もデートもうまくいかないが、職場の先輩夫婦の揉め事と、突然のトラブルを解決しようと奮戦する。

成井豊さんの脚本作品としては良くできてると、思います。
岡本にとっての憧れの男性で、心の師である坂本龍馬を岡本と同一のステージ上に登場させ、二人に会話させての展開は上手いと思います。

しかし、相変わらず私はこの劇団のオーバーアクションな演出が苦手です。


今回の公演はダブルキャスト公演で私がこの日見たのはホワイトキャストでした。

mata2016.jpg
posted by みどり at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

唐組第57回公演「改訂の巻 秘密の花園」

1464442041518.jpg1464442231602.jpg

唐組第57回公演「秘密の花園」@雑司が谷鬼子母神境内 紅テント


今日、5月28日(土)に観てきました。

作、唐十郎
演出、久保井研+唐十郎


唐十郎さんがご病気で体調をくずされてからは、演出は唐さん、+久保井研さんになっています。

日暮里の古びたアパートにすむ夫婦のもとに、毎月自分の給料を届けに来るアキヨシ。
夫婦とアキヨシの関係から展開する物語。

毎度、同じことを書いてしまうのですが、私には唐さんの文法が理解出来ない。
なんだかよくわからない。
よく分からないけど、雰囲気は好きで毎公演観に行ってしまいます。

ラスト、舞台奥が崩れて夜の鬼子母神境内が、東京の景色が見える。
これが見たくて毎回足を運んでる気がします。


チラシとチケットデザインは、ことしなくなった合田佐和子さんの作。
チケットは毎回合田佐和子のイラストレーション。
モノトーンですが、今年は合田佐和子さんが亡くなったこともあったせいか綺麗なカラー印刷になっていました。

himitu.jpg



5月28日からは早稲田大学演劇博物館で「ああ新宿 スペクタクルとしての都市展」がはじまっています。
チラシの男性は若き日の唐十郎さんではないですか。
入場無料なのでこちらも行ってみたいです。

asint.jpg
posted by みどり at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

「CHROMA (クロマ)」

1464045771026.jpg


1464045794000.jpg


「CHROMA (クロマ)」@新国立劇場 中劇場



最初に言っておくと今回の演「CHROMA 」、
デレク・ジャーマンの著書「クロマ」とは関係は無いものでした。
そもそも「CHROMA 」とは、「色彩」の事だそうです。

そうだったのか。
両方とも知らなかった。

公演詳細はこちらのサイトをご覧ください。
http://www.nntt.jac.go.jp/dance/performance/chroma/index.html
 
今回、総合ディレクションが高谷史郎さんで、「ダムタイプ」と名のっての公演だったので、チケットをとりました。
高谷史朗さんは映像作品を多く手掛けるアーティストさん。


様々なアーティストが集まったパフォーマンス集団のダムタイプは、中心メンバーだった古橋悌二さんが亡くなってから、その活動は実質休止状態のように見えてしまいます。

数年に一度の公演。
今回の「CHROMA 」の初演は2012年、琵琶湖芸術劇場だそうです。
東京公演は初めて。
今回の公演は早々とチケット完売に近くなっていたのでビックリ。
久しぶりダムタイプだから?
ダムタイプなんて忘れてるかと思ったけど。

公演は舞台空間全てを使った映像、ダンス、色彩について書かれた文章の朗読。

音楽は、サイモン・フィッシャー・ターナーさん。
渋谷アップリンクで開催されたイベント、クロマ@カフェでは、ご本人も登場しアップルのパソコンもってあちこち移動しながら参加されてました。

約1時間10分の断片的なシーンの連続に見える公演。
私には感想が書きづらいです。

印象的だったのは、暗い宇宙空間に星が散らばったような映像空間(後ろだけでなく床にも映像が映る)で、女性一人が踊る場面でした。

個人的には今回の「CHROMA 」より、私自身も参加できた「クロマ@カフェ」の方が刺激的で楽しかったです。

chroma.jpg
posted by みどり at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

MET ライブビューイング オペラ「蝶々夫人」

1463759451599.jpg


 MET ライブビューイング オペラ「蝶々夫人」@東劇



5月20日(金) 観てきました。

MET ライブビューイングはアメリカのメトロポリタン歌劇場の公演を、映像収録したものの上映です。

都内ではTOHOシネマズ六本木、日本橋でも上映してくれますが、午前中一回のみなので東劇の夜上映はとても貴重だし、助かります。
上映期間も限定されてるから、夜上映がないと観に行かれません。


今日観た「蝶々夫人」の詳細です。

2016年4月2日上演
指揮:カレル・マーク・シション
演出:アンソニー・ミンゲラ
出演:クリスティーヌ・オポライス、ロベルト・アラーニャ、ドゥウェイン・クロフト、マリア・ジフチャック

蝶々夫人は、以前もテレビで見てことあるけど、ピンカートンて、こんなやなヤツだったか?と、感じる演出でした。

日本に来たアメリカ人で、蝶々さんと結婚するのはここだけのことで、アメリカに戻ったら(別の人と)結婚する、と日本領事と話してるのですから。

蝶々夫人の子どもは、文楽そのままの人形で表現してるのが目新しい。

人形遣いも、文楽と同じく三人の人でしたが、三人とも黒子と言うのは。
でも、これはオペラ歌手より目立っちゃいけないからの工夫ですね。


障子、扇子など日本的なものを多用し、意識した演出は日本人から見たらやはりちょっと変、
と言うのは当然あるけど、許容範囲か。

赤い血を、深紅の細長い布で表現したラストは恐ろしいけど優雅でもありました。
posted by みどり at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

劇団イキウメ公演「太陽」

1462537920367.jpg

劇団イキウメ公演「太陽」@シアタートラム

前川知大 作演出


5月6日(金)プレビュー公演を観てきました


原作小説があって、今年4月には映画版が公開されてるとは、今日公演を観に行って初めて知りました。


前川さんの書く話は、毎回日本を舞台にしてるけどどこか少しずれた世界を描いています。
そんなズレの隙間から、見える世界が面白い。

ここ数年はこの方の作、演出作品に注目をしてます。

近未来の日本。
あるウィルスが原因で太陽光に弱い人類と、免疫力のある旧人類の二つの世界に別れて生活をしている。
で、光に弱い人類のほうが経済的に豊か。

説明が省略されているのか、24時間動ける旧人類の立場が弱くて、夜しか活動できない新人類が実質、社会の権力を握ってる、という設定が今一つ飲み込めない。
なんでだろう?

ようやく後半になってこの話、単純に言うと吸血鬼の物語だと気がつきました。
そう考えると分かりやすい。
少しモヤモヤが溶けた。

閉鎖された社会に暮らす旧人類のことは、放射能で汚染された世界や、大震災で崩壊した社会も連想させる。

前川さんが言いたいことが、はっきりとは伝わってない感じがしました。
モヤモヤするのはそのせい?

もう少し情況説明が欲しいと感じた公演でした。
posted by みどり at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

勅使川原三郎 ダンス公演「静か」

sizuk.jpg


勅使河原三郎ダンス公演「静か」@シアターX (かい)


今日、5月2日(月)初日公演を当日券で観てきました。

1462194528688.jpg




公演詳細は公演公式サイトでご確認ください。

KARAS オフィシャルサイト
http://www.st-karas.com/news_jp/

出演は佐東利穂子さんと、勅使河原三郎さんの二人のみ。
構成、照明も勅使河原さん。

出演が二人のみというダンス公演は珍しくありませんが、今回はBGM 無し、無音での60分一本勝負の公演は珍しい。

60分無音のダンス公演というと、ずいぶん前に山海塾メンバー(お名前を失念)の方のソロ公演を見たことありました。
この方は即興だったけど、今回の勅使河原さんのは即興ではない、でしょう。
たぶん。

もう一人の方と踊るので、部分的に即興か入ってるとは思うのですが。

冒頭はかなりゆっくりと動く勅使河原さん、その回りを早い動きで踊る佐東さん。
桜の大木と枚散る桜の花びらを連想。

上からの照明が消え、後ろの明かりをバックにお二人のシルエットが動く場面や、お二人が客席に向かって横並びにならんで踊る場面もある。

音楽のないダンス公演、途中で寝てしまうかも、と思ったのですが意外にも集中して見てしまいました。


勅使河原さんは今年9月には、愛知県芸術劇場でオペラ「魔笛」の演出もされることになっています。

見に行きたいけど9月はちょっと難しいのですよ、私。
とても予定がたてづらい。
秋には維新派の公演もあるはずだし。
(10月にケアマネ試験も受けるつもりなので)

来年、神奈川芸術劇場での公演もあるそうなので、そちらを見に行こうかと思っています!

1462194544100.jpg


posted by みどり at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする