2018年01月05日

「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」@サントリー美術館」

DSC04932.JPG


六本木開館10周年記念展
「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」@サントリー美術館
展覧会サイトはこちら
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_6/index.html
2017年11月22日(水)〜2018年1月28日(日)


1月5日(金)
行ってきました。
仕事が休みだし、まだ正月だしきれいなものを見に行きたい!
と、こちらに行ってきました。
当初は弥生美術館へ行こうかと思ったのですが、現在開催中は滝田ゆう展。
失礼ながら、正月にみる気分ではありませんでした。

フランス宮廷の磁器、さすがにきれいな磁器の数々。
古いものから、近年のものまで目にすることができました。
まさに眼福。

一部は写真撮影OKでしたのでご紹介しておきます。

磁器というと、壺や食器ばかりのようにも感じますが、
こちらは20世紀の作品「ダンサー」

DSC04900.JPG



DSC04902.JPG


どの角度かから観ても美しいです。

DSC04926.JPG


DSC04925.JPG



こちらは会場内で上映されていた、当時のダンサーの映像。
DSC04916.JPG


DSC04911.JPG


日本人作家のこんな作品も。
沼田一雅の「象とねずみ」1906年
DSC04919.JPG



草間彌生のこんな作品も。
DSC04928.JPG


DSC04931.JPG


混んでるかと思ったら、意外とすいていました。
磁器は皆さん、あまり興味ないかな?
posted by みどり at 21:48| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

「博物館で初もうで」2018年

DSC04895.JPG

「博物館で初もうで」@東京国立博物館
展覧会サイトはこちら
http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=9407

1月2日(火)
行ってきました。

年の初めは、毎年楽しみな「博物館で初もうで」

今年は戌年なので、犬にちなんだ作品が並ぶし、
大好きな、円山応挙の「朝顔狗子図杉戸」が出るというので
楽しみにしてました。

こちらが本館。
DSC04887.JPG


今回展示はないけど、建物のきれいな表慶館。
DSC04889.JPG



本館入ってすぐめにはいるのはこれ。
DSC04886.JPG


DSC04836.JPG


DSC04838.JPG


真っ先に円山応挙の子犬のところへ。
DSC04840.JPG


DSC04843.JPG


DSC04845.JPG


この子犬のカレンダーも一人一枚配布されていたので、
ならんでもらってきました(⌒∇⌒)

もちろんほかの展示も見てきました。
とにかく混んでいるで、会期中もう一度くるつもりなので
さっとみてます。

DSC04865.JPG


こちらは葛飾北斎の七福神。
神様の皆さんが、正月を迎える支度を
してる様子が楽しい。
DSC04873.JPG


丸い鶴は、伊藤若冲。
DSC04875.JPG


本館の壁もよく見るときれい。
いつもはじっくり見ることをしてなかった。

DSC04882.JPG


DSC04881.JPG


毎年、パスポート会員になっていたのですが
以前と制度が変わって今回は「プレミアムパス会員」になりました。
東京国立博物館で使える券が4枚もらえて、平常展は一年間フリーパス。
詳しくはこちらをご覧くださいね。
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1855

KIMG6210[1].JPG

posted by みどり at 23:21| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

「綿引明浩展」「高木まどか展」

「綿引明浩展」「高木まどか展」@ ギャラリー椿
12/9-12/23

Fotor_151386340237087.jpg




Fotor_151386158932689.jpg


12月18日(月)
行ってきました。

綿引明浩さんは、アクリル板に絵を描いたクリアグラフや、版画作品を多く作られています。

展覧会サイトはこちら。
http://www.gallery-tsubaki.net/2017/Akihiro_Watabiki/info.htm


在廊してらしたので、お話を伺えました。

今回は、自作のアニメーションや、今まで展示されたことのない原画も展示されてました。
版画作品を展示されるので、原画が出ることは、初めてだとか。

小さな「ピッコロ版画」はお財布にも優しい。
私も2枚購入しました。
Fotor_151386263492111.jpg



DSC04576.JPG



隣のスペースでは高木まどか展が開催中。
私には全く考えつかないような色彩と、デザインがかなり個性的。

展覧会サイトはこちら。
http://www.gallery-tsubaki.net/2017/madoka_takagi/info.htm







綿引さんから、カレンダーもいただきました。
Fotor_15138631261446.jpg


下にある青いのは、やはりギャラリー椿で展覧会をされることの
多い服部知佳さんのカレンダーです。


そしてこちらは、以前購入した綿引さんのピッコロ版画です。
ほんのち
ちょっぴりファンタジーなのが好きです。

KIMG6070[2].JPG


posted by みどり at 12:58| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

「桑原弘明展 Scope 」2017年


1513509300055.jpg


「桑原弘明展 Scope 」2017年@ スパンアートギャラリー

12月17日(日) 観てきました。
毎年12月に行われる桑原弘明さんのScope展。
今年も16日より始まりました。
http://www.span-art.co.jp/exhibition/201712kuwabarahiroaki.html


Scope(スコープ)は手のひらサイズの金属の箱の
中に不思議な世界が広がっているわ作品です。
箱の中のオブジェや、ねじにいたるまですべて手作りされています。

今年は新作3点。
他に4点の、合計7点の作品が展示されています。

その中の一つは、桑原さんのお嬢様が今年、二十歳のお誕生日で
プレゼントとして制作されたのだそうです。

窓の向こうの空に、虹のみえる愛らしくも、希望に満ちた作品。

今年の作品の写真のポストカードセットが販売されてますが、
この作品だけは収録されていません。
この会期中しか見られません。
ぜひ、ご覧になって目に焼き付けてください。

1513509287013.jpg
posted by みどり at 20:19| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

澁澤龍彦没後30年 第2期「幻想美術館」

1505478002739.jpg

澁澤龍彦没後30年 第2期「幻想美術館」
9月9日(土)〜10月22日(日)

展覧会サイトはこちら
http://www.librairie6.com/exhibitions.html

9月15日(金)
行ってきました。

石の絵が印象的だった第1期。
今回は澁澤氏と交流のあった作家さん達の作品がならんでいました。

前回とは、がらりと雰囲気が変わり私にとってはかなり取っつきやすい。
と、言うか好きな作家さんの作品が並びました。
金子國義、宇野亜喜良、四谷シモン、合田佐和子、等々。

金子國義さんは3点。
そのうち1点は以前からLIBRARIE 6の奥の部屋に展示されていた作品。
少女が水辺にたたずんている、とても穏やかな雰囲気の作品。
ほんとに大好きな作品です。

店主さんから作品の由来など聞けて、とても楽しく拝見しました。

会期が長いのでまた行くつもりです。
posted by みどり at 21:21| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

国立新美術館開館10周年
ジャコメッティ展 @国立新美術館 

展覧会公式サイトはこちら
http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

9月5日(火)
東京での展覧会最終日に行ってきました。

ジャコメッティというと、ひょろひょろいた人物の彫像作品が思い出されます。
アルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)

なんであんなヒョロヒョロの作品ばかり作っていたのか。

実物を見て、さらに自身の作品へと転換する際にどう表現するか、
に終始悩んでいたようです。
人物スケッチも何本も線が引かれている。
私には終始いらだっているように感じたのですが、実際はどうだったんだろうか。

長時間、モデルに同じ体勢を取らせていたとか。


会場では、一部のエリアだけ撮影可能でした。

DSC03165.JPG


DSC03168.JPG




DSC03175.JPG


DSC03178.JPG


DSC03190.JPG



作品だけで無く、周りの人々の形もまたきれいだなと感じましたよ。

DSC03195.JPG


DSC03192.JPG




posted by みどり at 20:14| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

「和のあかり」百段階段2017

DSC03021.JPG


DSC03026.JPG



8月27日(日)
高橋真琴先生のお誕生日会の後で、
目黒雅叙園のイベント「和のあかり 百段階段」に行ってきました。
(現在は)終了してます)
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/wanoakari/

目黒雅叙園の中を様々な「明かり」や、輝きを放つ作品が並ぶイベント。
毎年、夏に開催されるようです。

今年は最終日に行ってきました。

説明は不要でしょう。
写真をご覧ください。中はすべて写真撮影OKでした。
作者名は、特に控えてこなかったので書きません。
ご了承くださいませね。

最終日はさすがに混んでいて、入るまで約40分ほど待ちました。

DSC02927.JPG


DSC02928.JPG


怪談の墨には、こけしが。
DSC02929.JPG


DSC02930.JPG


怪談を上る途中の各部屋には、様々な作品がありました。

DSC02934.JPG


DSC02937.JPG


DSC02938.JPG


階段脇の、窓もレトロな雰囲気がいいですね。

DSC02942.JPG


DSC02946.JPG


DSC02947.JPG



これは彼岸花の簪。
簪作家、榮(さかえ)さんの作品です。
実は、今回このイベントに駆けつけたのは榮さんの作品が見たかった
からでした。
ガラス越しの撮影なので、なかなかきれいに撮れず苦労しました。


DSC02952.JPG




DSC02963.JPG


DSC02964.JPG


DSC02967.JPG


DSC02944.JPG


DSC02977.JPG


DSC02979.JPG


DSC02981.JPG


DSC02986.JPG


DSC02996.JPG


こちらは床に映り込んだ景色もきれいでした。

DSC03003.JPG



右側の景色。
DSC03006.JPG


左側の景色。

DSC03009.JPG



DSC03018.JPG


DSC03020.JPG


きれいでしたねえ。



posted by みどり at 01:59| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

人形アニメーション作家  持永只仁 (もちながただひと)

1504102682095.jpg

人形アニメーション作家  持永只仁 (もちながただひと)@ 東京国立近代美術館 フィルムセンター

公式サイトはこちら
http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/mochinaga/



8月30日(水)
観てきました。

子どもの頃、たぶんテレビでこの方のアニメーションを観てると思うのです。
ちびくろさんぼの人形には見覚えがある。


お名前は今回初めて認識しました。
日本の人形アニメーションを開拓した方。

作られてから50年から60年たつのに未だに愛らしい人形の展示もあります。

知らなかったことも多く、もっと再評価をされて良い方だと思いました。

7月には小ホールで作品上映もあったそうです。
またの上映を希望します!
見たいです!


<追記>
知らなかった事も多い、なんて書きましたが。
展示されていた資料の一部に、どうも見覚えがある。
家にありました!

DSC03037.JPG

その資料の載っている「小型映画 アニメと特撮」の第七版が!
持永只仁さんの文章を読んでいた・・・・というか、見ていたけど
すっかり忘れていたことが判明しました。

忘れていたのですから、知らないのとほぼ同じですね(^◇^;)
posted by みどり at 23:30| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋真琴先生・お誕生日会 2017年

DSC02885.JPG


8月27日(日)は、繊細で愛らしい少女画を描かれている高橋真琴先生の
83歳のお誕生日。おめでとうございます!

東京銀座の風月堂で、一般のファン(私もその一人)の方を交えてのお誕生日会が開かれました。
参加者は、今年5月の個展のとき配布された申込書で申し込みをされた方々。
人数限定なのですぐに満席になっていたようです。

13時開幕。
私は午前中仕事で、慌てて会場の銀座・風月堂に駆けつけました。
ちょっと残念ですが、開幕のご挨拶を聞き逃しました。

皆さんは、来場した順に着席されたようですが先生だけは
お一人だけ当別席に。

皆さん順番に、先生の元へ行ってご挨拶。
そして前にあるケーキもちょっとすくわせていただく。
幸せのお裾分けね。

takahasi1.JPG


ろうそくが「83」になってます。
もったいないから火をつけなかったそうです。

DSC02923.JPG


カメラの前でポーズをとってくださった高橋先生。
DSC02891.JPG


皆さんの前にも軽食が用意されていました。
DSC02895.JPG


サンドイッチもケーキも美味しい。
さすが風月堂さん。

そしていろいろとお話をされる先生。

DSC02900.JPG


DSC02901.JPG


その後は、抽選会が行われました。
ノートや便せんなどが景品。
私は外れましたが、当選された方のグッズを撮影させていただきました。
石になんと先生の手書きのイラストが描かれたもの。
以前は、真琴画廊で販売されていたこともあるそうです。
ファンの方のお話では持っていると、お守りの効果もあるとか。
リスが可愛いですね。
DSC02918.JPG


DSC02917.JPG


後半、また改めてお菓子とコーヒーが。

こしあんと杏の茶巾風。
甘酸っぱくて美味しかったですよ。
DSC02916.JPG


DSC02919.JPG


皆さんのテーブルを廻ってくださる先生。
披露宴の花嫁さんみたいですね。
先生と記念写真を撮らせていただきました。

takahasi2.JPG


皆さんに公平に接してくださる(ここ大事!)優しい先生の笑顔に癒やされ、
エネルギーをいっぱいいただけた2時間でした。
ありがとうございました!


今後の予定ですが、東京では10月3日(火)から10月22日(日)まで
西武渋谷展で個展が開催されるそうです。

takaha3.jpg


会場と日程を確認しそびれましたが、ほぼ同時に名古屋でも個展があるそうです。
確認できたら、ここでもお知らせいたしますね。





posted by みどり at 12:02| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

コミックマーケット92(2017年夏)

KIMG4706.jpg



コミケこと、コミックマーケットに行ってきました。
8月11日(金)から三日間の開催ですが、私は初日のみ。

コミケというと、私は遙か昔に一回行ったことがあるきり。
同人誌の即売会で、コスプレしてる人も多数。
正直いって、もう二度と行くまい、と思ったのでした。

今回、気を変えたのは同人誌だけで無く、ハンドメイドのグッズ販売
ブースもあると知ったからです。
もっと詳しく言うと、アクセサリー作家の扇寿(せんじゅ)さんの
作品がでると知ったからです。

早朝から並ぶ人多数だそうなので、いったいいつ行ったらいいのか。
10時開場。
並んでいる人から順番に入るから、入れるまでに時間かかる、とも
きいたし。
かといって、あまり遅くなるとお目当てのグッズが無くなってしまう。


どうしたものかと、迷いつつ結局、会場の東京ビックサイトの最寄り駅
国際展示場駅に到着したのは11時ちょっと前。
駅をでたらもうそこから、ビックサイトに向かう列ができてました。

KIMG4701.jpg


でも止まることなく、のろのろ歩くこと約30分で入場することが
できました。

KIMG4703.jpg


KIMG4704.jpg


KIMG4705.jpg




扇寿さんの作品が置かれているブースに着くと、もうほとんど
売れて無くなっていたのですが、それでも事前に告知されていた
作品のなかで一番ほしいと思っていたジンジャーハニーレモン色の
鬼灯簪をゲットすることができました!
行って良かった!

KIMG4715.JPG


お目当ての物が買えたので、後は周囲のブースを見て、やはり他の
方の簪を2本購入。
あとは、あまりの人の多さにさっさと帰ることにしました。
それにしてもこの日は、天気が悪かったので暑さにやられることも無く助かりました。



12時には、東京ビックサイトをでていたので早いです。


今回のコミケでは、叶姉妹のグッズ販売が話題で多くの方が並んだようです。
私は、もちろん行きませんよ(^_^;
それにしても驚くのは、その日のうちに、その叶姉妹のグッズがヤフーオークションに
出ていたこと。
転売目的で購入する方も大勢いるようですね。
posted by みどり at 00:53| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする