2018年05月22日

花組ヌーベル公演「婦系図」


花組ヌーベル公演「婦系図」 @ 下北沢 小劇場 楽園

花組芝居公式サイトはこちら
http://hanagumi.ne.jp/

5月17日(木)夜に前編、18日(金)に後編を見てきました。


泉鏡花の小説の舞台化。
すでに過去に舞台化されてきた作品で
「おつた別れてくれ」「別れろ切れろは芸者の時に言う言葉、今の私には
いっそ死ねとおっしゃって」が有名な台詞。
でもこの台詞、原作にはないんだそうです。



花組芝居は男性役者ばかりの劇団。(スタッフは女性ばかりだとか)
今回は女性役の方も、あえて女装はしない、という演出でした。
おつた役の方は普通に着流し姿(男性用着物に羽織)でした。
他の出演者の方も、特別な衣装ではなくスーツ姿。
それでも女性役の時は、ちゃんとたおやかな女性に見えるのですからさすがです。


数年前に世田谷パブリックシアターで初演され、その時も
みているのですが、なぜかほとんど覚えていません。
このときは一挙上演で約4時間の公演だったそうです。

我ながら、この時の公演ほんとに観ているのだろうか?
と不安になりましたが、(金)の後編のあとのイベントで
世田谷パブリックシアター公演の時、幕間の時間に上映した
オリジナルの短編無声映画の上映があったのですが、この映像は
覚えていたので、行ったのは間違いなしと安心しました。
て、なに安心してるんですかね、私(^_^;)



小説は読んだことありませんが、初演を見た頃より泉鏡花のことを
少しは知るようになったせいか、今回は楽しく見ることができました。
この「婦系図」彼の、実生活(芸者さんと同棲してるのが師匠にばれて
別れろ、と叱られてる)がもとになった小説なのでその辺の興味からのようです。













以下 公演情報の詳細です。

原作:泉鏡花  ●脚本・演出:加納幸和 
●出演 
 加納幸和  原川浩明  桂憲一  大井靖彦  北沢洋  秋葉陽司  松原綾央 
 小林大介  美斉津恵友  谷山知宏  二瓶拓也  押田健史  永澤洋(研修生) 
●声の出演:中尾隆聖(友情出演) 

posted by みどり at 08:38| Comment(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。