2018年01月03日

ニューイヤー・コンサート 2018 ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団

DSC04897.JPG


ニューイヤー・コンサート 2018
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団 @ サントリーホール
公演サイトはこちら。
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20180102_M_2.html

1月2日㈫
東京国立博物館の後で、行っています。

こちらもここ数年、毎年楽しみにしているウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
のニューイヤーコンサート。

指揮者のマンクージさんは、40年前、ウイーン少年合唱団の
ソプラノとして日本に来たのが初来日、だったそうです。

演奏のステージで、バレエもある。
今回は、男性ダンサーが女装で登場という、コミックバレエに
なってて、これは好き嫌いあるんじゃなかろうか。
私も、ギリギリ下品の一歩手前の感じがしてどうなんだろこれ?
と感じました。

年の初めのお祭り、ということでいいことにしましょうか。




以下は、今回の公演情報です。



出演 指揮:グイド・マンクージ 
ソプラノ:アドリアーナ・クチェローワ 
テノール:メルツァード・モンタゼーリ
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
舞踏:バレエ・アンサンブルSVOウィーン  



曲目 ポンキエッリ:オペラ『ジョコンダ』から「時の踊り」
スッペ:オペレッタ『ボッカチオ』から「恋はやさしい野辺の花よ」 
J. シュトラウスI:ヴェネツィア人のギャロップ op.74 
J. シュトラウスII:オペレッタ『ヴェネツィアの一夜』から「ゴンドラの歌」
マンクージ:ワルツ『ローマ散策』 
ロッシーニ:オペラ『ウィリアム・テル』序曲 
レハール:オペレッタ『ジュディッタ』から「友よ、人生は生きる価値がある」
J. シュトラウスII:ワルツ『シトロンの花咲くところ』 op.364
レハール:オペレッタ『メリー・ウィドウ』から「ヴィリアの歌」 
フチーク:フィレンツェ行進曲 op.214
レハール:オペレッタ『パガニーニ』から「誰も私ほどあなたを愛してはいない」 
J. シュトラウスII:ワルツ『美しく青きドナウ』 op.314、他 
posted by みどり at 00:36| Comment(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。