2017年05月15日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017「熱狂の日音楽祭」5月4日

毎年5月のゴールデンウィークに開催されているラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
「熱狂の日音楽祭」
今年も行ってきました。

音楽祭公式サイトはこちら。
http://www.lfj.jp/lfj_2017/


世間様と違って、土日祝日は基本、仕事は休みではないので、どの日で休みを
とるか、あるいは早退させてもらうかと、頭を悩ましました。

初日、5月4日(木)は、午後から早退して行ってきました。
会場は東京国際フォーラム。

賑やかな様子にワクワクしてきました。


KIMG3480.JPG


KIMG3481.JPG


KIMG3482.JPG


5月4日(木)は、4公演聞いてきました。

公演番号123

グリーグ:4つのノルウェー舞曲 op.35
ヒンデミット:組曲「1922年」 op.26
ラヴェル:ラ・ヴァルス
出演
ボリス・ベレゾフスキー

ピアニストのボリス・ベレゾフスキーの演奏が聴きたくて行きました。
去年は、体調を崩されて来日されなかったので、二年ぶりの演奏を聴くことになりました。



公演番号124
ヨハン・シュトラウス2世:オペレッタ「こうもり」から(日本語版、抜粋)
出演
びわ湖ホール声楽アンサンブル
大川修司 (指揮)
渡辺治子 (ピアノ)
中村敬一 (演出)

演奏を聴くまで、日本語版とは気がつきませんでした。



公演番号126
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50「偉大な芸術家の思い出に」
出演
ドミトリ・マフチン (ヴァイオリン)
アレクサンドル・クニャーゼフ (チェロ)
ボリス・ベレゾフスキー (ピアノ)





公演番号116
ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」組曲(1919年版)
ラヴェル:ボレロ(小曽根スペシャル)

出演
小曽根真 (ピアノ)
フランス国立ロワール管弦楽団
パスカル・ロフェ (指揮)
エリック宮城 (トランペット)


小曽根真さんのピアノが聴いてみたくて、行ってきました。

ラヴェルのボレロ、良かったのですが
なんかちょっと。
小曽根さんはかなり即興的な演奏を取り入れていたようです。
演奏後半は、ほとんどピアノの音が聞こえてなかったです。

小曽根真さんの演奏は、今までも何度か聴いてきたのですが
今回の演奏ではっきり分かりました。

私、この方の演奏苦手だ・・・。


この日は、「126」と「116」の間がかなり悪ので、以前から気になっていた
銀座にあるカフェ&バー「十誡」へ行って観ました。

しかゴールデンウィークのまっただ中だったせいか満席。
少し待てば席が空くかも・・・と係の方が言うので、中にある小さな
ギャラリーを観つつ待っていました。
少し待って座れましたが、お目当ての月替わりのカクテルは
提供までに30分かかるという。
今月は、ガストン・ルルーの「オペラ座の怪人」をテーマにした
カクテルだというので、とても観たかったし、飲んでみたかったのですが。
座れた時点で次の公演まで40分ほどしか無かったので涙をのんで断念。

ここまで粘って、最終的にたどりつけなかったとは。
なんだかむなしさいっぱいでした。
次回また、いつか!

KIMG3491.JPG


KIMG3493.JPG






posted by みどり at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック