2016年11月10日

「デトロイト美術館展」

KIMG1516.JPG



「デトロイト美術館展」@上野の森美術館
展覧会公式サイトはこちら。
http://www.detroit2016.com/index.html



11月7日(月)に行ってきました。
仕事が休みなのはうれしいのですが、月曜日休みでは美術館巡りが
楽しみな身としては、開館してるところが少ないのが難点。

そんな中で行ってきました、上野の森に。

デトロイト美術館という名前は、私はあまり耳慣れなかった
のですが、ゴッホやゴーギャンの絵の展示があるらしいので行ってきました。

ゴッホは2枚、ゴーギャンは1枚と少ないのですが、ともに自画像が
あるのが目玉でしょうか。
私なぞ、ゴッホの自画像観たさで来ましたから。

有名なルノアールやマティスの絵もありますし、「20世紀のドイツ絵画」
では、初めて聞く名の画家が多数なのでこれはよい拾いものをした気分」でした。


今回は月曜、火曜のみ全て写真撮影OK。
ただしTwitterやブログへの公開は「不可」という作品はかなりあります。

ピカソ作品が6点ありますが全て「公開不可」です。
でも、少ないながらも若い頃から、晩年までの作品を順を追って
その作風の変化をたどれるような展示になっているのはいいなと思いました。

展示されている作品をいくつかご紹介しておきます。

会場に入ってすぐにあるのがルノアールの「白い服の道化師」

DSC00136.JPG





チラシにも使われているゴッホの自画像。

DSC00146.JPG



そしてこちらは、ゴーギャンの自画像です。

DSC00144.JPG



美術缶の入り口に、デトロイト美術館内の壁画の小型レプリカがあります。
これはディエゴ・リベラの「デトロイトの産業」
夕方の日差しが当たって、どうも撮影はダメでした。
写したけど、観てみると分かるようには写ってないものですから。




帰りに上野駅構内にあるSoup Stock Tokyoへ寄ってきました。
現在、東京都美術館で開催の「ゴッホとゴーギャン展」にちなんで
ゴッホとゴーギャンのスープが新メニューで登場してるのです。
スープの紹介サイトはこちらです。
http://www.soup-stock-tokyo.com/campaign/museum.php

早速「ゴッホの麦畑のスープ」を食べてきましたよ。


KIMG1519.JPG

ゴーギャンのスープとは、週替わりで登場だそうなので、次回食べてみたいと思います(^^)

posted by みどり at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック