2016年10月28日

映画「恐怖奇形人間」「少女椿」


1477644290219.jpg


映画「恐怖奇形人間」「少女椿」@ キネカ大森



10月11日(火)
キネカ大森で二本立て上映された映画2本を観てきました。

1477644363371.jpg


よくぞこの2本をカップリングしてくれた!と言いたい。

キワモノ映画の二本立てですが、それでも共に珍しい作品。
しかも両方とも見たかったのです。


「恐怖奇形人間」1969年作品

これが見たかったのは、今は亡き舞踏家の土方巽(ひじかたたつみ)さんが出演されてるため。
江戸川乱歩作品が原作らしいのも興味ありました。

私はかなり乱歩作品を読んでるつもりだったのに観てみるとこんな話あったかなあ、という内容。
読んだのは昔だから忘れてるし、しかも映画は二つの話を掛け合わせたらしい。

物語的には二流。
怪しげな島の幻想シーンで土方巽さんの舞踏が見られるのが、拾い物の映画だと思いました。


「少女椿」2016年作品。
丸尾末広さんの漫画が原作。

今年公開された作品ですが上映映画館も、公開期間も短かったので見逃してました。


原作は、可愛いタイトルからは想像がつかないかなりグロなシーン満載の漫画ですが、
丸尾さんによる繊細な線の絵はきれいで意外とファンが多い。
私も単行本を初版版と、改訂版の二冊を持ってます。

今回の映画化版、私は割りと好きです。

原作では描かれてなかったワンダー正光の過去を描くことで、なぜ彼が落ちぶれた
小さなサーカス団にやって来たのか納得出来る展開になっている。

また、原作では読者を突き放すようなすくいのないラストだったのを、ややソフトに仕上げている。
賛否両論あるでしょうが、私は映画としてはこれで良い、と思いましたよ。
posted by みどり at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック