2016年10月04日

トン・コープマン & アムステルダム・バロック管弦楽団 演奏会

tonc.jpg


トン・コープマン & アムステルダム・バロック管弦楽団 @ 東京オペラシティ コンサートホール
[出演]トン・コープマン(Cond/Cem)、アムステルダム・バロック管弦楽団


昨日の10月3日(月)行ってきました。


初台駅から東京オペラシティのコンサートホールへ向かいます。
ここからの景色はとても好き。

KIMG1078.JPG




指揮のトン・コープマンさん、失礼ながら全く知らなかったのですが
予定されている演奏曲がすべてバッハの楽曲。
さらには大好きな「G線上のアリア」が聞けるし、ケアマネ試験の試験の翌日に
気持ちの良い演奏会を聞けるなら、とチケットを取りました。

バッハの楽曲は大好きです。
3階席ですが、ステージにたいしてほぼ中央の席で
見やすく聞きやすい席でしたから大満足(^^)






以下は当日の演奏曲です。

管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068/シンフォニア ニ長調BWV1045
この楽曲の第2曲目 U.エアが通称「G線上のアリア」

ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV1049

ブランデンブルグ協奏曲第3番ト長調 BWV1048

カンタータ第42番「この同じ安息日の夕べ」 BWV42よりシンフォニア

管弦楽組曲第4番ニ長調 BWV1069




アンコール曲は、当日の演奏曲からの演奏でした。

管弦楽組曲第3番 BWV1068より U.エア

管弦楽組曲第4番 BWV1069より X.レジュイサンス


終演後は、CD購入者を対象に、トン・コープマンさんによるサイン会が行われました。
私は購入してないので、コープマンさんの姿を間近で見れただけで満足してきました(^◇^;)



DSC09242.JPG


10月6日(木)追記
私は最近、NHK FMの朝6時から放送の「古学の楽しみ」を録音して、後で
聴いているのですが、たまたま今聴いていた6月13日放送のバッハの「マタイ受難曲」が
トン・コープマンさんの指揮& アムステルダム・バロック管弦楽団演奏でした(^^)



posted by みどり at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442507028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック