2016年05月12日

アートフェア東京2016・その2 ケンジタキギャラリーでムットーニ新作

アートフェア東京2016

会場で真っ先に向かったのはケンジタキギャラリーさん。
会場では、塩田千春さんの糸をはりこんだオブジェに目がひかれます。
ピンクの光る輪のあるのは鬼頭 健吾さん作品。

ケンジタキギャラリーさんの向かいは『公益財団法人 ポーラ美術振興財団』企業出展ブース。
「若手芸術家の在外研修助成」を受けた横内賢太郎氏の研修成果を発表。新作を発表されていますが
ケンジダキギャラリーさんでも横内氏の留学(研修)前の作品が展示されています。




今回見に行くのを一番楽しみにしていたのは、ケンジタキギャラリーさんでの
自動人形師ムットーニこと、武藤政彦氏の新作でした。

時計型の作品「マリオサルサ」
動いているところの写真はご紹介できませんので、ぜひ会場でご覧くださいね。
写真撮影と、ブログでの紹介はギャラリーさんのご了解を得ています。

DSC04233.JPG


DSC04234.JPG


DSC04236.JPG



始まったばかりですので、詳しい解説は後ほどにさせていただきますね。


武藤氏の今後の情報をケンジタキギャラリーさんからうかがいました。
公表してもだいじょぶでしょう、ということなので書き留めておきます。
詳細はそれぞれの公式サイトで、今後ご確認ください。

豊田市美術館で10月15日から12月25日まで開催の「蜘蛛の糸」展で新作。

福井県ふるさと文学館で作品展。
2016年10月。
こちらはほぼ、個展になるらしいです。



<2016‐5‐13追記>

本日、5月13日再びアートフェア東京に行きました。
1日目では見逃していたギャラリーさんや、作品もあったからです。

ケンジタキギャラリーさんで、つい先ほどうかがいましたが武藤氏の
時計型作品、展示は13日までで撤去。
アートフェア東京は14日の17時まで開催ですが、14日の展示はないそうです。
14日に武藤さんの作品を観に行こうと思っていた方は、ご注意ください!







posted by みどり at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動人形師ムットーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
退院したら まず見に行きたいムットー二さん みどりさんは豊田 福井は行かれるのですか? 実際自分の目で彼の世界感を堪能したいものです 処で話は大いに逸れてしまいますが 蜷川幸雄さんが亡くなりましたね 世界に誇る彼の手腕から繰り出される群衆劇の美がもうビデオやDVDのなかでしか観れなくなったのは寂しさの極みです
Posted by しぼ犬 at 2016年05月14日 09:46
>しぼ犬さん
アートフェア東京でのムットーニさんの作品、13日で搬出され
会期最後の14日の展示はありませんでしたが、しぼ犬さんは
観にいかれたのでしょうか。
12,13日の二日限りの展示だったのは少々残念です。
Posted by みどり at 2016年05月17日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。