2014年12月27日

奈良・大阪・京都を巡る旅2014年、その7。京都市立美術館&清水三年坂美術館



10月29日(水)の午前中にサントリー山崎蒸留所の工場見学をしてからすぐに京都駅へ向かいました。


京都駅に着くと真っ先に目につくのは京都タワー。

kyouto01.jpg


地下鉄に乗って最初に向かったのは、京都市立美術館。

kyouto02.jpg


kyouto03.jpg


開催されていたのは「ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展」でした。
この展覧会は、先に東京の世田谷美術館で開催されていたのですが、行きそびれていたのでした。
わざわざ京都で見ることになるとはおもいませんでしたが、いい機会となりました。
展覧会公式サイトはこちらです。


今回の展覧会の目玉はモネの「ラ・ジャポネーズ」
修復をされてから初の世界公開ということでした。
私もモネの絵は大好きです。
文字通り、華麗な作品を堪能。
1月2日からは名古屋ボストン美術館に巡回するそうです。


京都市立美術館の向かい、京都国立近代美術館では、ジャポニスムの巨匠・ホイッスラーの展覧会が
開催中でしたが、他に行きたいところがあるし時間がないのでこのときはパスしました。
京都の後は横浜美術館に巡回するのは知っていたので、そのとき見ようと思いつつ・・・。



この後で向かったのは清水三年坂美術館。

kyouto06.jpg



kyouto05.jpg


幕末、明治の金工、七宝、 蒔絵、薩摩焼を常設展示する日本で初めての美術館だそうです。
象牙で精緻な工芸品を作り上げた安藤録山のことを紹介したテレビの美術番組で、この美術館のことを知りました。


kyouto04.jpg

開催されていたのは「喫煙具 煙管(キセル)と筒と煙草入」展
展覧会サイトはこちらです。


精緻で美しい細工の施された煙草入れなど、目に楽しい。


精巧でかつ、美しくてどこか可愛らしさも感じる安藤録山(あんどうろくざん)の作品も
再び目にすることができたのがうれしい。

清水三年坂は平日だけど人でいっぱいでした。

kyouto07.jpg


すぐそばは清水寺。

kyouto08.jpg

この日はこの門を見ただけで、すぐに京都国立博物館の「鳥獣戯画と高山寺展」へ向かったのでした。
で、このお話はまた後日に(^^)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。