2014年06月12日

アップデイトダンスシリーズ第8弾「震える影」

勅使川原三郎 アパラタス「震える影」


アップデイトダンスシリーズ第8弾「震える影」@KARAS アパラタス
出演:勅使川原三郎 佐東利穂子
勅使川原三郎 KARAS(カラス) 公式サイトはこちら




6月9日(月)に観に行っています。

ダンサーの勅使川原三郎さん。
ご自身のダンスカンパニーKARASで公演活動をされたり、単独公演をされたりしています。
最近は日本だけでなく、海外公演も多いようです。


去年、出来たという会場APPRATUS(あぱらたす)
APPRATUSとは「装置」の意味なんだとか。
シリーズ第8弾、だそうですが私は今回初めて見に行きました。


冒頭の写真は公演の始まる前の、会場入口です。


この日は、三人の作曲家のヴァイオリン音楽にのせて勅使川原さん、佐東さん、勅さんとソロが続きました。
日々変化しているらしい。
別の日では、舞台上にお二人が同時に出ていることもあったとか。

公演終了後は、勅使川原さんの簡単なトークもありました。


二人で別々に踊っているけれど、最初の勅使川原さんは作曲家の音楽と、二人目の作曲家の曲をバックに踊り、
次の佐東さんは二人目の作曲家の曲、そして三番目の作曲家の曲をバックに。
さらに次の勅使川さんは三番目の作曲家の曲をバックに、という具合に
作曲家をシェアする形で踊っていたんだとか。
シェアの仕方が違ってかも・・・m(__)m


小さな空間でのダンサーの放つ緊張感、そしてそれと同じくらい張り詰めたと客席の緊張感、
なんというかあの場で、ダンサーと観客の共有している緊張感がとてもここちよかったです。


こんどヨーロッパで、日本人ヴァイオリニストの方の弾くヴァイオリン音楽のせて
公演を行うので、今回はその公演の為の試演の意味があったらしい。

日々変化していたこの公演、できれば毎日通いたかったです。

アップデイトダンスシリーズ「ヴァイオリン 震える影」 勅使川原三郎



勅使川原さんの出演・演出のKARASのフランス公演の様子がこちらで視聴できます。
しかも全編!
今年5月フランス・パリのシャイヨー宮劇場での『DAH-DAH-SKO-DAH-DAH (ダーダースコダーダー)』です。
日本公演は私も観に行っていました。
posted by みどり at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック