2014年05月12日

「武藤雅子 テンペラ画展 花物語」

「武藤雅子 テンペラ画展 花物語」


「武藤雅子 テンペラ画展 花物語」@いつき美術画廊
5月8日〜17日まで
展覧会サイトはこちら



5月8日に観に行って、今開催中の展覧会について。
前の記事から「武藤さん」続きですが、こちらは画家の武藤雅子さんのテンペラ画展です。



武藤さんの絵を初めて知ったのは、去年のいつき美術画廊での「0(ぜろ)号の世界」展で、です。
複数の作家さんの0号サイズの絵の展覧会で、観に行ったのは実は別の作家さんの作品がお目当てでした。
武藤さんの実物作品を観たのは初めてでしたが、この方の絵は前に観たことある!と気が付きました。

俳優の宇梶剛士さんが演出・出演をしている劇団PATHOS PACK の公演チラシで、でした。
Vol.11 「海の種 2013」のチラシの絵が、武藤雅子さんの作品で見覚えがあったのです。
劇団公式サイトはこちら
0号サイズ(小さいです)の作品なので、お値段もそんなにお高く無かったので
気に入ってしまった作品2点とご縁が出来ました。


今回は、二年ぶりの個展と言うことで早速、初日の夕方に伺ってみました。
ご本人も在廊していて、初めてお会いし、作品についてのお話を伺うことも出来ました。
これはうれしかったです。

作品はどれも石膏ボードに描いているそうです。
作品によっては石膏ボードの上に石膏を部分的にもり、立体的な画面になっている作品もありました。

花と女性をモチーフにした作品はどれも金箔が貼られ、とても華やか。
それでいて派手ではなく、清楚な雰囲気があります。
この方の作品はとても好きです。


この後、16・17日にも在廊される予定だそうです 13:00〜17:00
posted by みどり at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック