2007年04月20日

映画「ブラッド・ダイヤモンド」

映画「ブラッド・ダイヤモンド」

映画「ブラッド・ダイヤモンド」@MOVIX亀有
監督:エドワード・ズウィック、 脚本:チャールズ・レビット
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、他


4月11日(水)に夜8時過ぎに上映のレイトショーを観に行っています。
見応えのある映画で、今まで知らなかったこと「紛争ダイヤモンド」や「キンバリー・プ
ロセス」など、たくさん教えてもらえました。


ダイヤの価値を決める「4つのC」があるそうです。
「COLOR(色)」 「CUT(カット)」「CLARITY(透明度)」 「CARAT(カラット)」。
そして、実は5つ目のC─「CONFLICT(紛争)」があるのだそうです。
内戦を資金面で支えたのがダイヤモンド。このため「紛争ダイヤモンド」と呼ばれるそうです。
「キンバリープロセス認証制度(KPCS)」とは国際的なダイヤモンドの認証制度。
2003年に確立されたにもかかわらず、紛争ダイヤモンドはガーナを通じて合法的なダ
イヤモンド市場へと流れ込んでいるのだとか。


映画の舞台は、西アフリカの小国シエラレオネで1991年から10年続いた内戦。
その中で何とかこの生活から抜け出したいと考えているダイヤの密売人ダニー・アー
チャー(レオナルド・ディカプリオ)、家族と離ればなれになり闇のダイヤの採掘場に
強制的に連れてこられたソロモン(ジャイモン・フンスー)、ジャーナリストのマディー・
ボウエン(ジェニファー・コネリー)の三人を描くことで物語が展開していきます。

子ども兵士、内戦、そして武器取引といった背景を緻密に描かれています。
ソロモンが採掘場で大粒のピンクダイヤを見つけ、隠したことから三人の人生が
絡み合っていきますが、とても見応えのある映画になっていました。

映画で描かれている内線の様子はすさまじいです。
私は今までディカプリオをいいなと思ったことが無かったのですが、今回は今までと
かなり違う印象でとてもいいです。
自分の利益優先のダイヤの密売人ですが、最後はソロモンのために自分を犠牲に
してしまうようすが胸を締め付けられます。

一見なにを考えいるのか分からない寡黙なソロモンですが家族と再会するために、
ピンクダイヤを切り札に考えている複雑なキャラクターをジャイモン・フンスーは熱演
していました。
ジェニファー・コネリーは今までかわいいだけの人かと思いましたが、この映画で
別の面を見せてもらえた気がします。


アムネスティ・インターナショナル日本で映画のこと、紛争ダイヤモンド、キンバリー・
プロセスについてもわかりやすく紹介されていますので、参考にしていただきたいと思いました。





posted by みどり at 07:01| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ブラッド・ダイヤモンド」
Excerpt: 原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-04-20 23:33

ブラッド・ダイヤモンド 見てきました
Excerpt:  社会派映画なのに、異例(?)の大ヒット作、ブラッド・ダイヤモンドを見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-04-27 02:21

ブラッド・ダイヤモンド
Excerpt: レオナルド・デイカプリオ 出演  4月7日〜公開中 狂気と混乱が支配する内戦化の
Weblog: いろいろと
Tracked: 2007-05-01 22:08

ブラッド・ダイヤモンド
Excerpt:  予想を上回る、終始圧倒される傑作でした。  ヨーロッパをはじめとする先進諸国がダイヤモンドのために、アフリカで現地人同士に諍いをさせながら搾取している実態がよくわかる作品です。  レオナルド・ディカ..
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2007-05-02 05:54

ブラッド・ダイヤモンド
Excerpt: ディカプリオが、見事な演技で光っています。 アフリカのシエラレオネ共和国では、闇でのダイヤモンドの取引が盛んに行われていました。反政府軍組織であるRUFに襲われて連れ去られ、闇ダイヤの採掘場で強..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-05-02 07:12

☆ 『ブラッド・ダイヤモンド / BLOOD DIAMOND』 ☆
Excerpt: ダイヤモンドと云えば、永遠の愛の象徴――と思ってきたけれど、その輝きの裏側には、紛争の資金源となる血塗られた石という顔もあるんだということを、恥ずかしながらこの作品で初めて知りました…。 かくい..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2007-05-05 22:44

【2007-48】ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND)
Excerpt: 地球の奥で生まれた── 幻のダイヤ それは人を狂わせる ダイヤの価値を決める“4つのC”── color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット) ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-05-20 22:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。