2013年08月11日

「ロバミュージアム2013」

なにから書こうかと思いましたが、一番最近観に行ったことからにします。



「ロバミュージアム2013」@神宮前 タンバリンギャラリー
〜8月11日まで (終了してます)
展覧会サイトはこちら


8月9日(金)に観に行っています。
タンバリンギャラリーは、今回初めて知ったギャラリーです。
(ブログに掲載の写真については撮影と、ブログアップの了解をいただいてます)

ロバをテーマにした作品が多数。
多くは公募で参加した方のようです。


展示されている作品の多くは無名の作家さんのようでしたが、
そんな中に、大ベテラン宇野亞喜良さんの平面作品が1点あるのが
目をひきました。

私が観たかったのは人形劇団かわせみ座で作・演出、そして人形制作をされている
山本由也さんの作品でした。
これは新作ではないのですが1995年初演から何度も再演されている公演
「プラテーロ」で使われているロバのあやつり人形です。
私も初演から観ている好きな作品、好きな人形です。


9日は夜6時から山本さんが人形の操作をされる、との告知があったので
会場へ急ぎました。

その時の会場の様子は、タンバリンギャラリーのフェイスブックのサイトでも写真が載っています。
実は私もいます(^^ゞ
頭に手を当てているのは、ギャラリーオーナーさんから「ロバの耳」と言われて
ポーズをとったところです(^◇^;)

帽子をかぶってる山本由也さんとロバのプラテーロ
山本由也さんとロバのプラテーロ1


山本由也さんとロバのプラテーロ2




普通の人形は操作する人がいないと、魂が抜けたみたいになるのに
山本さんの人形は操作する人がいなくても、とても愛らしく美しいなと感じます。


これはロバとは関係ないけれど、山本さんが持ってこられた人形「パーン」

山本由也さんとパーン



山本さんは秋に、東京・中野で個展をされるそうなので今から楽しみです・
posted by みどり at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック