2007年02月21日

劇団四季・東京「オペラ座の怪人」14回目



劇団四季・東京「オペラ座の怪人」14回目@四季劇場・海

2月15日(木)に1階6列(実質は4列目)の中央ブロックというすばらしい位置で
観ています。

この日の主な配役です。

オペラ座の怪人・・・村俊英
クリスティーヌ・ダーエ・・・苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵・・・鈴木涼太
メグ・ジリー・・・荒井香織
カルロッタ・・・諸英希

村さんの怪人は、中年おじさんぽいのでひょっとすると人によって好き嫌いが
あるかも知れません。
私は怪人役は、クリスティーヌの父親を思わすような雰囲気があっても良いと
思っているので(昔の映画化作品には、怪人を彼女の父親として描いている
作品もあるくらいです)、村さんの怪人は結構好きです。
立ち振る舞いもエレガントですし、声も深みのあって好きですが、わたしの隣にいた
カップルは終演後村さんの怪人のことで「がっかりだねー」と言い合ってるのでびっくり。
おもわずどこかどうがっかりだったのか、聞いてみたかったです。

カルロッタ役の諸英希さんは、初めて見る方です。
前回観たカルロッタ役は黒田あつきさんでしたが、黒田さんよりも細いよく通る
声の方だと思いました。

前から4列目だと、さすがに後ろの方の席では気がつかなかったことが見えます。
二幕目の冒頭、舞台中央に作られた階段の手すり部分のろうそく立てがくるくる
回ってるなんて今までまったく気がつきませんでした。

3月21日はいよいよ東京千秋楽。
公演チケットは入手できず観られませんが、怪人をどなたが演じるのか興味津々です。
私の予想は村さんですが、どうなるでしょうね。

posted by みどり at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みどりさん14回も観る事が出来て羨ましい限り。
いろんな場所から見ると、新たな発見があったりして楽しいですね。

他のファントム見てみたかったけど、1度でも観れたことはラッキーだったかも。

私もみどりさんみたいに、沢山観たいものがあるけれど、なかなか上手く仕事の段取りがつかず諦めてばかりのような気がします。

最近は妹たちがアメリカへ引っ越す準備で週末はてんてこ舞いです。
4月に行くので。。。

5月あたりから、精力的に色んなものを見たいと今は考えてます。

何時も日記楽しみにしています。
Posted by nanako at 2007年02月22日 11:20
オペラ座の怪人は、東京の後は大阪での公演だそうですよ。nanakoさんは大阪は回りづらいかな。

同じ席種だと見る位置が限定してしまうから、私はいろんな席種で見るのが好きなんです。
視点が変わるとほんとに見え方がずいぶんちがうんです。新しい発見もあるし(^^)。

私の場合、チケットとっても平日は仕事の終わる時間の関係で開演間際に飛び込んでいくことになるので間に合うかどうかといつもハラハラものなんですよ。
しかも、ブログには恥ずかしいから書かないけれど、同じ日で違う公演のチケット取ってしまうということ
結構やってます(~_~;)
Posted by みどり at 2007年02月22日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック