2013年01月05日

劇団四季「オペラ座の怪人」11回〜16回目

劇団四季「オペラ座の怪人」11回〜16回目


劇団四季「オペラ座の怪人」11回〜16回目@四季劇場 海


今年最初の観劇は劇団四季の「オペラ座の怪人」です。

去年夏からもほぼ月1回は観に行っていたのですが、すっかり書きそびれていました。
現在の東京公演も今回で16回目の鑑賞となりました。

総べて夜公演、C席で観ています。

8月10日(金)11回目
9月7日(金)12回目
10月10日(水)13回目
11月13日(火)14回目
12月4日(火)15回目

そして2013年、1月2日(水)16回目の鑑賞。
我ながら呆れますが、何度観ても飽きない作品です。
日本での上演も今年2月で6000回をむかえるそうです。

平日の夜公演は2階席は、見事にがら空きでしたがさすがに新年の公演は
満席になっていました。


この日の主な配役です。


オペラ座の怪人  高井治
クリスティーヌ  苫田亜沙子
ラウル  中井智彦
カルロッタ 浅井美波




ファントム役の高井治さんの声が素晴らしかったです!
声も、そしてこの日の演奏もとても深みがあるように聞こえました。
たぶん客席が埋まっていたので、音響効果もよかったのではと思います。


今回初めて気がついたことが。
冒頭の、オークションの「落札」という人と、後半の警察署長さんみたいな方が
同じ方が演じてるとは気が付いていたのですが、今回もうひとつ気が付きました。
冒頭の舞台のリハーサル場面で登場する、劇場の前支配人、この人も同じ人では
ありませんか?
一人三役だったのか!
声が同じなので、やっと分かりました。
でも・・・もし、違っていたらごめんなさい。


劇団四季「オペラ座の怪人」2013年 砂糖製ガルニエ座


これはロビーに展示されていた、砂糖で作られたパリのガルニエ座。
「オペラ座の怪人」の物語の舞台のモデルの劇場です。


通常私は福袋を買う趣味は無いのですが、劇団四季の公演の時は
特別に買うことにしています。

今回の福袋(6000円也)の内容です。

ジャージの上着、アロマロウソク、タオルハンカチ、バッチ。
劇団四季「オペラ座の怪人」2013年福袋4


劇団四季「オペラ座の怪人」2013年福袋3



これらの品が不織布製(厚手の紙みたいな感じ)のバックに入っていました。

劇団四季「オペラ座の怪人」2013年福袋2


劇団四季「オペラ座の怪人」2013年福袋1






もちろん使いません。
見て楽しむだけです。
きれいですもの、使っちゃもったいないじゃありませんか。
え、使わない方がもったいない?
でも不織布のバックなんて、最初から使うことを想定して作られてない気がします。
「記念品」ですよね、やっぱりこれ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック