2007年01月07日

「ウィーン・ミュージカル『エリザベート』来日記念コンサート」

「ウィーン・ミュージカル『エリザベート』来日記念コンサート」@新宿コマ劇場

1月4日(木)に観に行っています。
日本でも宝塚歌劇団や東宝で繰り返し上演されてる大ヒットミュージカルの
「エリザベート」。
今年の春にはいよいよはじめて本場ウィーンからの来日引っ越し公演があるそうです。

今回のコンサートはそれを記念してのものということで、作曲家のシルベースター・
リーヴァイスさん、エリザベート役のマヤ・ハクフォートさん、トート役のマテ・カラマス
さん、青年皇太子役のルカス・ペルマンさんが出演しての公演でした。

オリジナル版の出演者の方達の歌声が聞けるのはいいのですが、がっかりだったの
は前半約1時間は、宝塚版の出演者も交えてのトーク。
後半の約50分だけがコンサート。肝心のコンサートは正味1時間ないのです。
これでは公演タイトルは「来日記念トーク&コンサート」とすべきでしょう。

年末に大阪で公演があり、その後リーヴァイスさん達はいったんお国でクリスマス。
正月にまた来日して今回の東京公演になったそうです。

第1部
宝塚版出演者の美々杏里さん、稔幸さん、彩輝なおさん、とリーヴァイスさん達を
交えてのトーク。
今回初めて知ったのは、宝塚版のトート役の髪の長さ色などは、出演者が希望を
ある程度言えるのだそうです。
そういえば公演のたびにヘアーの感じが違ったのはそのためだったのですね。


第2部
やっとお待ちかねのガラコンサートです。
シルベースター・リーヴァイスさんが指揮をしての演奏とコーラスをバックに
オリジナル版の出演者の方達が登場して歌ってくれました。
さすがにすごい迫力です。

特に皇太子役のルカス・ペルマンさんとトート役のマテ・カラマスさんとの
デュエットはそれこそ鳥肌物でした。
ルカス・ペルマンさんは、日本でも発売されているオリジナル版の公演を収録した
輸入盤DVDでみられる皇太子役とは違う方です。
DVD版を見たときは、正直言って疲れた中年おじさんのような皇太子にがっかりしたのです
がこの若々しくスマートなペルマンさんの皇太子ならぜひ見てみたいです。

輸入盤DVDを見た感想はこちらにまとめてあります。
以前は東宝のサイトで輸入版DVDの購入ができたのですが、今見るとサイトに
載っていないので残念なことに扱いがなくなったようです。

この日は東京初日と言うことで、マヤさんのCDを買ったらサインをいただけました(^^)
私は買わなかったけど、ルカス・ペルマンのCDも買うとサインをしていただけました。

マテ・ハクフォート


完全引っ越し公演は大阪の梅田芸術劇場で3月28日〜4月30日まで、
その後東京で、場面転換なしのコンサート形式での公演が5月7日〜5月20日まで
あるそうです。

完全引っ越し版が見られるのは大阪のみ。
すでにイープラスでの先行抽選予約でチケットが確保できましたので、4月、住んでる
千葉県から大阪まで観に行きます!


posted by みどり at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック