2012年10月31日

「巖谷國士/桑原弘明『窓からの眺め』展」再び

「巖谷國士/桑原弘明『窓からの眺め』展」



「巖谷國士/桑原弘明『窓からの眺め』展」再び@LIBRAIRIE6(リブラリエシス)/シス書店
10月6日〜10月28日まで
ギャラリーの展覧会サイトはこちら





10月14日(日)に観に行っています。
初日に行った展覧会ですが、とても良かったので再び行ってきました。
出来ることなら巌谷氏・桑原氏も在廊される最終日にも行きたかったのですが、
自分のグループ展最終日と重なってしまったため、行かれませんでした。


前回は、巌谷氏の作品とご本人の事ばかり書いてしまったので、今回は桑原氏の作品について。
展覧会が終われば、作品は個人蔵になってしまいもう観られないので詳細を書き留めておきます。



桑原氏の作品と言ったら、四角い箱の中に小宇宙を感じさせるScopeが有名ですが、小さな
オブジェ作品もすばらしい。
以前は、あまり知らなかったのですが去年の本物の胡桃の殻を使った作品も素敵でした。
あれは胡桃を漆塗りして、中に小さなオブジェを入れた物。


そして今回。

通常なら毎年年末の個展以外、出品されることのないScopeが1点あるのが珍しかったです。

Scope「甘い眠り」
DMの写真に使われていたのがこれで、小さな穴から中を覗くと室内がみえる。
窓辺に置かれたイス。
箱の外側から光を入れる位置を変えると、窓の向こうの景色がみえる。
森の中、水辺の景色もある。
桑原氏の解説では、今回は奥の景色の一部に写真も使っている、とのことでした。



本のページが開けられた形で展示されていた、小さな本のオブジェは表紙に
「星めぐりのうた」とある。
思い出すのは宮沢賢治。
彼が作詞・作曲したのが「星めぐりの歌」ですから。
本のページに窓があり、その向こうに天球儀のようなものが。
展示ケースのスイッチ(このケースも桑原氏の手作り!)を入れると
天球儀が明るくチラチラとひかる。
可愛らしく、夢のある作品でした。


天球儀のような小さなオブジェが3点。
作品の下側から光を当てると、天球儀部分が光る作品。
これも桑原氏の解説をうかがうことができました。


「ソフィア」
アメジストが閉じこめられた作品。
光が入るとアメジストの紫色がほんのり浮かび上がるのがきれい。
ソフィアには知恵、の意味があるそうです。


「アナスタシア」
小さな頭蓋骨が閉じこめられた作品。
光が入ると、頭蓋骨が薄いグリーンというかペパーミント色に浮かんで見えるのが
神秘的でもある。
この頭蓋骨は、型に樹脂を流し込んで作ったのだとか。
アナスタシアには死と再生の意味があるそうです。


「ミュステリオン」
小さなクリスタルのかけらが閉じこめられた作品。
光がクリスタルの中で乱反射して煌めく。
神秘の意味があるとか。



以上が、今回の新作でした。

他には旧作のオブジェも展示されていました。

手のひらにのるオブジェは「サトッルヌス」・・・サチュルヌスだったか?
済みません、自分のメモが不完全でした。
小さな天文図みたいのや天使のような顔も見える作品。
小さな取っ手が着いていて、これを回すと中のオブジェもクルクル回る。
中に本物の蟻が一匹入れられた作品でした。
蟻を熱湯にいれると、パッと足がひらくのでそれを中にいれたそうです。



並んでいた数個の小さな小さなオブジェは旧作。
薬の入る小さなカプセルの中に鍵やその他のオブジェがあったり。
ドングリ型のオブジェの中に小さな羊がいたり。
実はこれ総べて、昔奥様にプレセントされたものなんだそうです。




12月10日からは銀座のギャラリー椿で新作展があるそうです。
毎年恒例の新作Scope展。
今年はどんな作品が登場するのか、今から楽しみです。




<2012-11-22追記>

今回、幸運にも「ソフィア」とご縁ができました。
手元にいただいてきましたので、写真をアップしておきます。
詳しいご紹介がまた後ほど出来ればとおもいます。



手のひらに乗るくらいの小ささ。
下の黒い台を含めても高さ10センチほどです。
桑原弘明氏 作品「ソフィア」1


ついているドームをかぶせるとこんな風。
桑原弘明氏 作品「ソフィア」2




<2013-01-09追記>
観に行って最初の書いた感想はこちらにまとめています。


posted by みどり at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック