2006年08月27日

映画「日本沈没」

映画「日本沈没」


映画「日本沈没」@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 監督:樋口真嗣   原作:小松左京   出演:くさなぎ剛、柴崎コウ、他

8月16日(水)に岡本太郎さんの壁画「明日の神話」を観た後で、行っています。
お盆休みの方が多いらしく、平日の昼間なのに映画館の中はほぼ満席でした。

原作は読んだことはありませんが発行当時大ベストセラーになっています。
映画も作られこちらも大ヒットしています。
日本列島が徐々に海に沈んで行き、人々は徐々に海外へ脱出していくようになり、
まだ日本に残っている人々の様子が描き出されていきます。
おおかたの評判は良いようですが、私はちょっとダメでした。

今回の映画はリメイクです。
総理大臣役に石坂浩二さん。小泉さんにそっくりです。
飲み屋のお客というちょい役に、演劇ファンならおなじみの大倉孝二さんや手塚
とおるさんが出演しているので、ずいぶん贅沢な配役だなと思いました。

日本が沈没していくSFXは見事で、とてもお金をかけたんだろうなと思います。
しかし、大変な惨状なのに人々が避難していく様子が人ごとのようにしか見えて
こないのです。

海底を研究する潜水艇のパイロットにくさなぎ剛さん。レスキュー隊員に柴崎コウさん。
この2人は偶然に出会ってから恋に落ちます。この2人が主役なので2人のファン
の方ならそれだけで大満足だろうと思います。
しかし、私には2人の会話のやりとりが聞いていて、こっちが恥ずかしくなってくるの
です。どうしてなんだろう。
(後から考えてわかりました。惹かれあう過程が全く描かれていないからです)
くさなぎさんの演技は、可もなく不可もなくといったところですが表情の変化がとぼしい
ので、この方やっぱり役者じゃないなと思いました。
柴崎コウさんの演じる女性は、仕事一途で少々思いこみの強い女性役なので
かえってそのことから言葉は悪いですが、ちょっとアホの子にみえてしまいました。

大地真央さんが政府の高官役で出演していますが、この方、日本が沈んでいってると
いう非常時なのに、いつでも目元のメイクがバッチリ、髪型さっぱりというのも不自然。
大女優の特権なのかも知れませんが、私はこういうのとても気になってしまいます。

期待した割には、肩すかしをくわされたような映画でした。

(くさなぎさんの名字を正式な字で入力して、投稿するとなぜか文字化けしてしまう
のでひらがなで入力しました)
posted by みどり at 04:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あははは!わたしも全く同感でした(^▽^)
もっとも、石坂総理、外見は小泉さん似とは言っても中身はかなり違うようでしたし、苦労せずさっさと巻き込まれてしまいましたけど…(苦笑)
大地さんはお肌が荒れていたのであれだけ濃いメイクになったのかな…って話の内容に関係ない所にわたしも目が行っていました(笑)。ミッチーがまあまあの味を出していたかな〜って思いましたけど、大地震がいつ来てもおかしくない状況にあるのに、実感として伝わって来る物は何もありませんでしたね…
あと、あのラストの爆発で「対策本部が船の上って…大津波は来ないの?」って疑問だらけでした(苦笑)
Posted by ミモザ at 2006年08月29日 10:13
石坂浩二さん、あっという間にいなくなってしまう役でしたね。
伝わってくるものがないのはやはり脚本が悪いんでしょうか。突っ込みどころ満載の映画でしたね(^^;
Posted by みどり at 2006年08月29日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック