2005年03月04日

「ムットーニの部屋」

「ムットーニの部屋」@渋谷・ロゴスギャラリー

自動からくり人形師ムットーニこと、本名武藤政彦さん。
毎年恒例のロゴスギャラリーでの上演会行って来ました。
今回の展示は2月11日から27日まででした。

制作された自動からくり人形の展示会ですが、動いてるところは作者ご本人が
いないと見せていただけないので日時を決めて「上演会」が開かれます。
時間は約30分。ムットーニさんの語り付き。
一昨年まではたしか土日・祭日のみ。去年はプラス三日。今年は平日は木・金のみ
で上演会がおこなわれました。
(ここ数年あった自作のお話しの語りを納めたCDはありませんでした。
楽しみにしてたのに・・・・(T.T) )

土日祭日は事前に整理券配布で各回限定30名のみ。
平日は整理券無しの先着順。
今回私は友人と行くために最終日の整理券をもらってましたが、その前に平日の
上演会も24日、25日の夜行かれたので観てきました。

去年は平日の夜行ってみたら集まる人が少なくてムットーニさんたら「平日は止め
ようかな・・・」などとおっしゃるから、集まってた人達がみんな「えーっ、
やめないで」といわんばかりに頭を振ってたものでした。

今年はうってかわって土日より平日の方が人が多く集まったそうです。
私が行った24,25日も本来の定員以上の人が来て小さなギャラリーは人で
いっぱいでした。作品はたいてい小型なのでいっぱいの人だと上演がみえない人が
でてしまうのです。だから土日祭日は人数限定。
集まる人が多くなったのは最近ムットーニさんTV、雑誌で紹介されることが多く
なり知名度がアップしてきたためらしいです。

今回の展示作品は新作と、過去の作品をあわせたものでした。
ムットーニさんの作品は動くだけでなくきれいな照明と音楽も付いてます。
動きだしたら、最後には最初の位置に戻る、というのがムットーニ作品の動きの
お約束です。一つの作品の上演(動く)時間は約3分ぐらいです。
ムットーニさんのお話を聞いたので、その内容を交えての展示されてた作品の
ご紹介しておきます。

「トップ・オブ・キャバレー」
過去の大型作品です。スイッチを入れると1920年代のアメリカのキャバレーの
ショウタイムの始まり。ジャスバンドの演奏と歌手の人形が動き出す。演奏が
盛り上がってくるとバックにはトップレスのダンサー達の姿もみえだします。
にぎやかで楽しい作品。

「グロリア」
旧作でこれは今回一番の大型作品です。メインと両脇に一つづつオブジェ風な
物がついてます。メインの構造のイメージはイタリアの田舎の教会。
大きなパイプオルガンをオルガニストが弾いている。音楽は19800円のカシオの
キーボードでムットーニさんが弾いてるんだそうです。
オルガンの正面が観音開きに開いてなかからなぜか胸元にベールを掲げた
お姉さんが登場。
上部には天使の姿が浮かんでくる。お姉さんベールをそっとベールを下げると
そこにはロザリオが。
この時ロザリオに視線が行かずお姉さんの胸にいってしまうと救われないのです。
総ての物が最初の位置に戻るためいっせいに動いてゆく。
最初の頃は何度も、ヒューズがとんでしまったそうです。
オルガンと教会が威厳を感じさせる作品です。


続けて6作品は新作のプライベートアイテム。つまり個人向けの販売用。
高さ約60センチ。幅約30センチくらい。

「クリスタルブレス」
初日整理券をもらうために来たときは確か5,60万の値が付いてましたが後日
行ったらもう値段がついてなかったので売れたようです。
去年も似た作品がありました。
小さな透明のドームの中にはイルカがゆっくり頭を上下させ泳いでいます。
下には貝殻がありその中には真珠が。イルカが真珠を突っつきます。
バックに流れていたのはブライアン・イーノのアルバム「APOLLO」の中の曲。
私も大好きな静かなきれいな曲です。タイトルは確かANENDING。
この曲が好きなせいか、今回の作品の中でこれが一番好きです。
この作品をベッドサイドに置き、眠りに入る前のほんのいっときのショウタイム
を楽しめる方がうらやましいです。

「ムーンデュエット」
新作のプライベートアイテム。小さな透明ドームの中のベンチに腰掛けるカップル。
ベンチがゆっくり動きます。
ベンチに座るカップルはムットーニ作品ではよく登場するモチーフです。

「スペースジャグリング」
宇宙空間でロボットが輪投げをしてる。宇宙だから投げた輪が戻ってこなくて
途方に暮れタップを踏む。
ちょっと間抜けな感じのロボットです(^_^;)

「キャットステップ」
黒猫がステップを踏んでるが足の裏が肉きゅうなのでステップ音がやさしい。
バックに流れるのはオルゴール音で「大きな古時計」・・・・のはずが誰が言ったか
「サッポロ一番」のテーマ曲に聞こえます。
コロッとした猫が可愛い。

「眼差し」
女性の右手には水晶の玉が。
最上部には水晶のような玉があり水色からオレンジに、そして又水色に
ゆっくり変わって行きます。
彼女の後ろにも水晶の柱のような物があり、光がゆっくり上下します。
音はなく静かに光の動きを楽しむアイテム。

「スウィングブレイク」
大きなロッキングチェアのある部屋。黒猫が一匹。
そこは透明人間の部屋。彼は久しぶりに部屋へ帰ってきた。
透明人間だから姿は見えない。
部屋の横に置いてあるレコードプレーヤー。彼はレコードに針を落とす。
独りでに動いてるようにみえる。彼の存在に気が付く猫。
ロッキングチェアに腰掛け椅子を揺らす彼。部屋の向こうの鏡を覗くとそこには
彼の姿が見える。やがてまた部屋を出てゆく透明人間。
似た作品は去年もあり、去年の作品の絵が小さな部屋の中に掛かっています。
小さな遊び心がちりばめられた作品、という感じがします。


「メランコリー・ビーナス」
約10年前に作った作品だそうです。
小さな四角い箱の中にいるビーナス。箱は元々はトランクだったのだそうです。
あちこちに移動して持ち運びし、作品を紹介できるようにと、作ったのだそうです。
花のような扇のような物が開いてゆくと、そこには一人のビーナスが。
扇のような物が閉じてゆくにつれ照明は明るくなる。最後にビーナスが垣間見える
時が一番明るく美しくみえます。
ムットーニさんにとってもお気に入りの作品のようです。

「摩天楼2000」
これも旧作。大型です。上演時間も5分ちょっとと、長め。
ベンチに座ってるカップル。向こうには背の高いビル達。太陽が昇り、沈んでゆくと
街の中も青い光に包まれてゆきます。
やがて夜になりビルの窓に明かりがともる。
舞台の真ん中が開いて未来の都市が垣間見えてくる。
ビル群が移動する様子と、明かりの変化が美しい作品です。

今回展示されず写真のみあったのが「フラミンゴムーン」という4体。
会場に持ってくるときにムットーニさん、こけてしまって展示できなかったとか・・・。
こわしちゃった、と言うことらしいです。ああ、もったいない。
修理中らしく「だだいま制作中」となってました。
しかしこれもすでに購入されたかたがいるのだそうです。

今回の展示では自動からくり人形の他、数種類のCGイラストも展示・販売されて
ました。こちらは総て額付き。額は数種類の中から選べます。
イラストも額もさんざん迷いましたが私も一作品購入。
これはすぐ手渡しではなく後日受け取りに行くことになりました。
お値段は額にもよりますが約8、9千円です。

今年の夏にはパルコミュージアムで大規模回顧展が開催されるそうです。
この時にはすでに個人の所有物になってる作品もお借りして展示が
おこなわれるそうです。これまた楽しみが増えました。

<追記>
ギャラリーで販売されたCGイラスト(額付き)を1作品購入。
額の用意ができましたとギャラリーより連絡があり、3月1日受け取りに
行ってきました。タイトルは「NIGHT VIZITORS」
描かれてるのはベッドの上にいる男の子と床に寝そべってる子犬。そして男のが見
ているのは、少し開いてるドア。ドアの向こうにいるのは奇妙なロボットや透明人間
など、奇妙な訪問者達。

「NIGHT VIZITORS」というと同じタイトルで一昨年展覧会場で販売されたムットーニ
さん作・語りによるCDがありました。
今回購入したCGイラストはこのお話しを元に描かれた物で、ちゃんとムットーニさんの
サイン入りでした(^_^)


posted by みどり at 02:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動人形師ムットーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムットーニへのコメント詳しく頂き、誠にありがとうございます。この度、8月20日から開催されるパルコミュージアムでの展覧会開催に合わせ、ムットーニのオフィシャルサイトがオープンしました。
一度、ご覧頂きたいと思いご連絡させていただきました。
今後とも、ムットーニの応援をよろしくお願い致します。

【ムットーニオフィシャルサイト】
http://www.muttoni.net



Posted by オフィシャルサイト管理者 at 2005年08月02日 08:03
ご連絡ありがとうございます!
友人を誘ってかならず観に行きます!
Posted by みどり at 2005年08月03日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。