2006年06月23日

劇団四季・東京「オペラ座の怪人」8回目

劇団四季・東京「オペラ座の怪人」8回目@四季劇場・海

6月7日(水)に観に行っています。
いつも2階最後列専門の私ですが、今回の東京公演で初めて一階S席(10列
中央ブロック)で観てきました。

この日の主な配役です。
オペラ座の怪人(ファントム):高井治  ラウル:佐野正幸 クリスティーヌ:西珠美

舞台が目の前のすばらしい席でしたので、迫力は満点でした。
出演者の方々の声もとてもすばらしい公演でした。

ファントム役の高井さんの声もすごいな、と思っていたのですが、クリスティーヌ
を地下の世界に連れてきた場面で、彼女を見るファントムの横顔を見てびっくり。
全く表情がない。
ファントムは特殊なメイクをしているから表情が出しにくいのはわかりますが、それ
でも全く表情が感じられないと言うのは・・・。私の感覚が鈍いせい?
この時の高井さん演じるファントムは、クリスティーヌが歌い終わるのを待っている
だけ、と言う風にしか私には見えなかったのです。
「オペラ座の怪人」は大好きなミュージカルですがどうも私は、今回の東京公演に
ついてはいつも全面的にほめることができないのでファンの方、ごめんなさい。

2幕目冒頭の仮面舞踏会シーンは、やはり何度見てもすごいです。
いくつかのグループに分かれて踊っているこの場面で、いつも感心するのは
他のグループの回りを流れるように、縫うように移動していく4人グループの動きです。
人と人との間で、綾とりをしていくような彼らの動きはつい、目で追いかけて
しまいます。

売店では、劇中で使われていたのと同じようなデザインのオルゴールが販売されて
いました。シンバルをたたくお猿がのったデザインです。
思わずほしくなってしまったのですが、流れるメロディーが劇中で流れるものの省略版
なのでちょっと残念。
お値段もお安くない(8000円くらいでした)ので購入は見合わせました。



posted by みどり at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。