2006年06月17日

第12回 寄席山藤亭「イッセー尾形 オンリーワン」

「イッセー尾形オンリーワン」


第12回 寄席山藤亭 
「イッセー尾形 オンリーワン」@新宿 紀伊國屋ホール
  出演:イッセー尾形  作・演出:イッセー尾形、森田雄三

5月29日(月)に観に行っています。
「スポニチ文化芸術大賞グランプリ受賞記念」の一夜限りのスペシャル公演。

一人芝居のイッセーさん。
この日のメニューはこんな風でした(タイトルは特にないので私が勝手につけてます)

「英語教師」
授業中。高校(?)の英語の先生がイッセーさん。
「ここ試験に出るぞ」と、本当に教師にしかみえないイッセーさんです。

「産婦人科医」
産婦人科の医師がイッセーさん。自宅兼診療所の自宅部分を改築中らしい。
設計図通りになっていないので、大工さんに抗議中。
これから手術も控えて助手からは呼び出されるし、工事のことでご近所から文句
言われるしだんだんいらいらがつのって、会話がめちゃくちゃになってくる様子が
おもしろい。

「入社初日」
工場で働いていたがリストラにあい、高橋電気店に入社してきた中年男性が
イッセーさん。
数年前に自分が手がけたエアコンと再会して、感激。
最近のちょっと故障したら捨てる風潮に、苦言を呈するような「電気だった人間だぜ」
と言い出す様子は、おかしいけどかわいい。
その気持ちよくわかるよ、言いたくなります。

「ピザ屋」
職場の山田さんにシーフードピザを配達してきたのに、急な仕事が入ったのか不在。
不在の山田さんに、執拗にピザを手渡そうとするピザ屋の兄ちゃんがイッセーさん。
偏屈なピザ屋と、思ってるのが次第にこの人仕事に忠実のすごい人にみえて
くるのがおもしろいです。

「あけぼの幼稚園 謝恩会の余興」
子供が嫌いなのに園児達を前に一人で、チェロの独演会になってしまうお姉さん
がイッセーさん。
嫌々ながら園児達の相手をしてたのに、次第に自分まで楽しくなってくるお姉さんの
ようすがほほえましいです。

「体に指令を送る男」
サイボーグなのか、体の各部分に指令を言わないと少しも動けない男が
イッセーさん。
SF風で、ちょっとシュールで怖いお話でした。

最後の作品が私にとっては初めてで、他はすでに見たことある物ばかりでした。


posted by みどり at 09:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イッセーさんって、数年前からチェロを始めたのですよね、もう10年近く前になるのかな…
舞台でも実際に演奏されたのでしょうか?興味津々♪実はわたしも丁度同じ頃、チェロを習い始めて、今は挫折しています(苦笑)また始めたいのですが…
Posted by ミモザ at 2006年06月21日 09:02
こんにちは、ミモザさん。
舞台のほうはイッセーさん演じるお姉さんが、時間つなぎに子どもたちを喜ばせるための「道具」としてチェロをつかってたので「演奏」というのとはだいぶちがうものでした。
たとえば、お姉さんがチェロでキュィーーーーーーーーーーーーンと音を出して「あ!蚊!!!(手でパチン!)」(^^;ですから。

今回はなかったけどイッセーさんは舞台でギターを弾きつつ歌ってくれること多くて、ギターなかなか上手ですよ。

Posted by みどり at 2006年06月22日 12:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。