2006年06月14日

映画「ダ・ヴィンチコード」

映画「ダ・ヴィンチコード」


映画「ダ・ヴィンチコード」@ヴァージンTOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 監督:ロン・ハワード 原作:ダン・ブラウン
 出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、他

5月24日(水)に観に行っています。
原作を読んでいなかったのですが、最近話題の小説の映画化と言うこともあって
TVや雑誌でなにかと特集を組んでいるので、話の内容は薄々わかっていました。
まっさら状態ではないものの、原作を知らない私でも楽しめました。
原作を読んだ方達からの評判はイマイチのようですが、私はよくできているほうだと
思いました。

新書版で2冊、文庫本で3冊の本を約2時間の映画にしているので
少々詰め込みすぎ、駆け足のストーリー展開の感じはあります。
映画を見て初めて、ジャン・レノやイアン・マッケランが出演してることを知りました。
出演者陣は豪華ですね。

ネタバレになるから、あまり内容を詳しくご紹介することは避けますが
ルーブル美術館で死体が見つかり、そのことから始まるイエス・キリストを
めぐる謎解きゲームといった感じです。
キリストについて行った、従来娼婦といわれていたマグダラのマリアは
実はキリストの妻で、妊娠していたのではないか?という展開になっていきます。

キリストを神様とほぼ同一視していた人達にとっては、衝撃的な話なんだろうと
思います。
外国でこの映画の、上映ボイコット騒ぎが起きているなんて話を聞くと
キリスト=神様と考えている方々いかに多いかが、わかるような気がしました。

謎解きと言っても、映画の方はその謎解き部分をかなりはしょっているような感じ
がしました。
当然原作の方が詳しく書かれ、その辺がかなりおもしろいのだろうと思います。


トム・ハンクス演じる宗教象徴学の学者と、オドレイ・トトゥ演じる暗号解読の専門家の
二人が主人公。そして彼らを追いかける謎の修道僧(ポール・ベタニー)がいます。
私などこの修道僧が、映画「ブレードランナー」でルトガー・ハウアーが演じた
レプリカントにそっくりだなと感じてしまいました。白髪の風貌、凶暴な性質。
あの映画でのルトガー・ハウアーも、この映画でのポール・ベタニーもとても
魅力的なキャラクターだと思いました。

トム・ハンクスというと私にとっては最近は「ターミナル」でのコミカルな演技が印象的
でしたが、今回の映画ではまじめな宗教学者役。
印象が全く違いまるで別人のような印象を受けました。

原作の文庫本を読み出しています。
三冊あるうちの一巻目を四分の三、読んだところです。
映画は冒頭部分は、ほぼ原作通りに作っていることはわかりました。
三冊といっても文字が少し大きめであまり厚くないので、早めに読み終えそうです。
原作がこの後、どういう展開になっていくのか楽しみです。



posted by みどり at 04:07| Comment(5) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです(^^)
ちょっと体調を崩しておりました

ダ・ヴィンチ・コード、原作を読んだので映画はどうかな…と思っていたのですが、それなりに楽しめそうですね。ただ、トム・ハンクスは好きな俳優なのですが、配役が決まった時、ラングドンは合わないなあ…って思ったのでした(苦笑)
みどりさんはお忙しいのにいろいろ足を運ばれてエネルギッシュですね〜♪わたしも見習わないと…

そういえば、「メタルマクベス」はご覧になりました?先日観に行ったのですが…(苦笑)最近はクラシックしか聴かないのでヘビメタサウンドはきつかったです…(汗)山本未來君は可愛かったですが…(^^)
Posted by ミモザ at 2006年06月16日 15:56
こんにちはミモザさん。体調を崩されたそうですが、大丈夫ですか? ダ・ヴィンチコードの原作はいま文庫本の2冊目を読んでいます。
映画は原作をすでに読んでいる方からは評判がよくないようなのでミモザさんにとってはどうかなと気になります。映画観たら感想お聞かせくださいね。

「メタルマクベス」先週ですが2階席最後列の後ろからの立ち見ですが観てきました! 舞台に対してほぼ中央の位置だったのでとても見やすかったです。 新感線の公演は以前から観てるので、音楽的には問題なく観れました。確かにベビメタサウンドは 聞き慣れない人にとってはかなりつらいでしょうね。
マクベス役の内野聖陽さん「ベガーズオペラ」の時よりずっといいなと思いました。未來君かわいかったですね(^^)

私は一人暮らしで早く帰っても待ってる人がいなくてちょっと寂しいので、ついつい映画演劇を観にいってしまいます・・・(^_^;
Posted by at 2006年06月17日 06:42
名前が抜けてましたが、上の書き込みは私です(^^ゞ
Posted by みどり at 2006年06月17日 09:50
お久しぶりです〜
私は話題性にひかれたのもあって観に行きましたが
結末はそれなりにすっきりしたし、感動的でしたが
そこに至るまでの過程が難しく、案の定チンプンカンプンでした。
字幕追うのに必死でしたし^_^;

私もふらっと1人で映画観に行くことありますよ!
レディスデイというお得な日もありますし
Posted by のっきー at 2006年06月18日 20:57
のっきーさん、こんにちは。
私も映画「ダ・ヴィンチコード」は謎解きものと聞いてたので見落としたら大変と思い、必死に字幕を追っかけてました。
それにしても主役の二人は、いったいいつ食事していつ眠っているの?と思うくらい大忙しでしたね。

映画を見るのは私もレディスデー(男性の方ごめんなさい)、「映画の日」を活用してます。
1000円で見れるから行かねば損、とついつい・・・。
古典映画の上映だと国立近代美術館フィルムセンターは今時なんと500円なのでよく足を運んでます(^^)
Posted by みどり at 2006年06月19日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 原題:The Da Vinci Code イエス・キリストは、人間なのか神なのか、という宗教的な論争には興味もないが、この地球上で最も布教が進み最も多くの信者がいるのも事実だ。 物..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-07-15 11:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。