2006年06月11日

梅原龍三郎展

梅原龍三郎展


梅原龍三郎展@東京 日本橋・三越本店 新館7階ギャラリー
 5月16日〜5月28日まで

5月17日(水)仕事帰りに観に行っています。
大胆な色遣いと筆遣いの、梅原龍三郎(1888-1986)。
個人的な好みから言いますと私は、繊細にかかれた絵が好きなので梅原龍三郎
の絵は昔から大の苦手なのです。
でも実物を目の当たりに見られる機会があるなら、観に行くことは苦ではありません。

鏡に映った自分の鏡像の上に、そのまま油絵の具をのせて描いてしまった自画像
がありましたが、なんて大胆。
その気持ち何となくわかります。この方法なら下書きがいりませんから。
巨匠・梅原龍三郎は遊び心たっぷりの人だったのですね。
思わず笑いそうになりました。

絵を見るとかなり素早い筆運びだったようですが、きっと見たこと、描きたいと思った
ものを一刻も早く絵の上に表現したかったのでしょうね。

今回の展覧会を見て、梅原龍三郎の絵が好きになったわけではありませんが
以前よりは親しみを持って、見られるようになった気がします。


posted by みどり at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。