2006年06月09日

映画「チチカット・フォーリーズ」

映画「チチカット・フォーリーズ」@東京 アテネ・フランセ文化センター
 監督:フレデリック・ワイズマン 1967年アメリカ 白黒映画


6月8日(木)に観に行っています。
フレデリック・ワイズマンはドキュメンタリー映画を数多く撮った監督だそうですが
私が観るのは今回が初めてです。
今回上映の映画は、彼の監督デビュー作だそうです。

アメリカ、マサチューセッツ州の精神に問題のある犯罪者を収容し、矯正するための
施設を紹介したドキュメンタリー。
収監者と看守たちの日常の様子を撮っています。
映像のぼかしも、ナレーションも一切なし。
プライバシー問題により、1992年まで公開が禁じられていたそうです。
公開禁止になった映画はいったいどんなものなのか、これは観て確かめたく
なるというものです。


最初に真っ正面から顔をとらえている収監者は、11歳の少女にいわゆるみだらな
行為をした男。
結婚もしてるのに他の女性、それも幼い少女に興味が行ってしまうらしい。
施設側の職員にいろいろと聞かれ、自分のことを告白するうちに判明するのは
彼はなんと自分の娘にまで、わいせつ行為をしていたのです。
彼自身、そんな自分を何とかしたいと思っているらしくこの施設にきてよかった
ということを言っている。

何も食べない収監者に、鼻からチューブを入れて水を強制的に取らそうとする
看守。看護士ではないのです。
たばこをくわえつつチューブに水を注いでる姿には驚きました。

収監者は独房にいるときは、なんと裸。なに一つ身につけていないし、ちらりと
うつる部屋の中にあるのはベッドではなくて床に直に敷いたマットレス。

自分は犯罪者だけどこの施設に来る必要はない、としつこく言い張る男。

何の誇張もなくとらえている映像は、淡々としているせいかかえって衝撃的です。

そしてこの映画の冒頭と、ラストはこの施設での収監者たちによる学芸会
みたいなパーティの様子(コーラス)が撮られています。
しかしこの映画で問題になったのは、単に収監者と施設側の人間を克明に
とらえたことだけでなく、このパーティシーンの入れ方も問われたのでは
ないかと思いました。
冒頭は、収監者たちが舞台上で歌っている歌詞は「これから始まることを
楽しんでください・・・」という意味のことを言ってますし、ラストの歌詞は
「楽しんでいただけましたか」と歌っている。

今まで観てきたドキュメンタリーがまるでショーであるかのような枠組み
を作ってしまったワイズマン。これでは上映禁止になったのも無理ないだろうと
感じました。


posted by みどり at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。