2006年06月02日

もうすぐ通信指導提出期限

今年も4月から、放送大学の選科履修生になっています。
1年間在籍して好きな科目を履修することができます。
頭の体操のつもりで勉強してるのですが、やり始めるとやはりとても面倒です。
そうはいっても、私の勉強時間は通勤の行き帰りの電車の中だけです。


4月から履修することにしたのは「中世日本の物語と絵画」「多変数の微積分」です。
6月9日が通信指導の提出期限の締め切りですが、まだなんにもやってません(^_^;

もともと理数系は好きなのですが「多変数の微積分」は歯ごたえありすぎです。
微積分の基礎から以前のテキストを読み直したのですが、さらに線型代数の基礎も
少し復習しないととても取り組めないとわかりました。
4月からは復習に時間がかかりすぎて、最近ようやくテキストの第1課を読み出した
ところです。この分では7月の単位認定試験には間に合いそうもないかも・・・。

通信指導は選択式の問題なので、答えは番号を選ぶだけ。どうしようもなくなったら
適当に選んで番号書いても何とかなるでしょう。
ただしここで零点だと、7月の試験は受験できなくなります。
(恥ずかしながら以前、某科目で零点取って、受験できなかったこと経験済みです)

「中世日本の物語と絵画」はこんな記述式問題が出てきます。
問1
絵巻における物語表現の工夫(たとえば時間空間の表現)について具体的に論じ
なさい。なお解答字数は500字以上600字以内が望ましい。

問2
祖師伝絵巻を一作品とりあげて、その絵巻の祖師伝としての特徴を記述しなさい。
なお、解答字数は350字以上400字以内が望ましい。

今度の土日に取り組むつもりです。
そうそう、日本の絵巻でもっとも有名なのは次の四つなのだそうです。

「徳川・五島本源氏物語絵巻」「鳥獣人物戯画 甲巻」
「信貴山(しきさん)縁起絵巻」「伴大納言(ばんだいなごん)絵巻」


posted by みどり at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。