2010年10月02日

Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack Dejohnette

Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack Dejohnetteジャパンツアー2010

Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack Dejohnette
キース・ジャレット・トリオ ジャパンツアー2010@Bunkamuraオーチャードホール

キース・ジャレット・トリオ ジャパンツアー2010公式サイトはこちら




9月29日(水)に3階A席で聴きに行っています。


モダンジャス・ピアニストのキース・ジャレット(チラシの左端の方 1945〜)。
私が初めてこの方の名前を知ったのは、ずいぶん昔でFM東京の某番組が
冒頭と最後に流すテーマ曲で、でした。
キース・ジャレットの即興演奏による「ケルン・コンサート」でした。
これは即興とは思えない完成度の高い演奏だと、今でも思います。
初めて買ったのがこの「ケルン・コンサート」のLPレコードでした。

今回の演奏はもちろんピアノはキース・ジャレット、ベースはゲイリー・ピーコック、
ドラムはジャック・ディジョネットという構成。
すでに25年共に活動をしているそうです。

来日コンサートはもう何度もおこなわれているそうですが、私は今回
初めて聴きにいきました!
ほんとに私は「ケルン・コンサート」以外知らないといってもいいくらい
何も知りませんでしたが、この日の演奏はとてもすばらしかったです。
それが証拠に、仕事帰りに行ったのに演奏を聴いて帰るときには、気分がすっきり
さわやか疲れも吹き飛んでしまいました。


当日演奏する曲は、キース・ジャレット以外、一緒に演奏する二人も知らないのだそうで、
今回もパンフレットにも一切曲目は載っていませんでした。
後日公式サイトにやっと載っていました。



冒頭のチラシは10月1日の横浜公演の物ですが、東京公演も同じ写真が使われていました。
10月3日にもオーチャードホールでコンサートがありますが、残念ながらチケットは
完売で当日券も出ないそうです。
お勧めできないのが申し訳ないです。



下記はYouTubeにあったキース・ジャレットの「ケルンコンサート」です。
この演奏が即興なのです。
映像・音声は今後削除される可能性があるので再生できないときはごめんなさいです。



posted by みどり at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。