2010年09月08日

ベルギー王立モネ劇場制作「アポクリフ APOCRIFU」

「アポクリフ APOCRIFU」



「アポクリフ APOCRIFU」@Bunkamura オーチャードホール
演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
出演:シディ・ラルビ・シェルカウイ、首藤泰之、ディミトリ・ジェルド
コーラス:ア・フィレッタ


9月4日(土)に3階B席で観に行っています。
「アポクリフ APOCRIFU」は2007年の初演以来、ヨーロッパ各地で公演が重ねられてきた作品だそうです。

チラシには首藤泰之主演と書かれていましたが、ダンサーは首藤さん含め3人で
特別誰かが主役、というようには見えませんでした。


首藤さん以外は、振り付け家の方も、コーラスのア・フィレッタのことも全く
知りませんでした。

「アポクリフ APOCRIFU」とはパンフレットによると「聖書外伝」というような意味があるらしい。

舞台上にあるのは、左側に階段。
右側奥は倉庫のような感じで2階構造。
あちこちに何かが散らばっている・・・と、思うとこれは本。

3人のダンサーが本を投げたり、読んでいたり。
衣装は、着古したようにも見える白のシャツとシンプルなズボン。
時には人形を文楽のように操り、3人と人形とで争っていたり。
さらには日本刀のような刀を振り回すダンサーは、下に置いた本に刀を突き立てる。

セリフらしいものはほとんど無いダンス公演。
ダンサーが手に持つ本は聖書なのか?

コーラスのア・フィレッタの歌う言葉はコルシカの言葉らしい。
違う言葉で歌ってることもあるらしい。
歌詞は字幕で紹介されることもないからなんと言ってるのか分かりませんが、
聞いていてとても心地よいです。
彼らもダンサーと共に舞台上に出演していて、なんだか「街の人々」といった趣。
時には人間をすぐそばで見守っている天使のようにも見えてくる。
ヴィム・ヴェンダース監督の映画「ベルリン 天使の詩」をふと思い出しました。


振付のシディ・ラルビ・シェルカウイ氏はベルギー出身。
父親を通じてイスラム文化の中で育ち、今回もイスラム教のコーランやキリスト教の
聖書から題材がとられているらしい。
そして聖書やコーランについて興味深い言葉を語っています。
カインやアベルの物語や、聖書や数多く存在する写本について。
「これらは神様の物語や、霊的啓示でもない、人間が作った物語」だと。
なんだか時には忘れてしまいそうですが、確かにそのとおりで過去の何人もの
人々が手を加えてきた物語だったのだ。

シディ・ラルビ・シェルカウイ氏キリスト教にこだわらないもっと別の、宗教を超越した
世界を描き出そうとしてるように見えました。

なんだかよく分からないけれど、観ていてとても心地よい公演でした。



最後になりましたがダンサーのディミトリ・ジェルド氏はフランス出身でアクロバットを
得意とする方だそうです。

そしてコーラスグループのア・フィレッタ。
コルシカ島で結成されたグループで「ア・フィレッタ」とはコルシカ島に自生する
シダの名前からとられているそうです。
ダークな衣装の大柄の中年男性群は、一見怖そうだけどいったん歌い出すと
どこからこんな美しい声とメロディが出てくるのか、と思うくらいすばらしかったです。
延々と響く歌声。
息継ぎはいったいいつしてるんだ?と、思うくらいなめらか。
これはほんとに不思議でした。
最初は聞こえてくる音楽が人間の声だけとは、思えなかったくらいです。

コーラスはグレゴリオ聖歌のようにも聞こえるし、時にはもっと古い時代のローマか
ギリシャあたりの古典音楽のようにも聞こえました。


ダンスもいいけれど、このア・フィレッタがとてもいい!
終演後はロビーのCD売り場に多くのお客さんが文字通り殺到してました。
皆さん、すっかりこのグループのコーラスに魅了されたようです。
私もその一人で、もちろんCDを一枚購入しました。

後から知りましたが8月にア・フィレッタの来日コンサートがあったんだそうで
なんで今回の公演の前だったんだ!と、悔やまれます。

下にご紹介したのが今回購入したCDです。
今は毎日聴いています。




ブラカーナ 〜地中海コルシカ島 奇跡のアカペラ

ブラカーナ 〜地中海コルシカ島 奇跡のアカペラ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: プランクトン
  • 発売日: 2010/04/11
  • メディア: CD





<2010-09-09追記>
YouTubeにはア・フィレッタの映像が多数ありました。
ご参考までに一つ貼り付けておきます。



posted by みどり at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。