2010年08月12日

「四谷シモン人形館 淡翁荘」

「四谷シモン人形館 淡翁荘」パンフレット


「四谷シモン人形館 淡翁荘」@香川県坂出市
公式サイトはこちら


7月31日(土)の午後に観に行っています。
人形作家の四谷シモンさん(1944〜)の作品が展示されている人形館、以前から行って
観たいと思っていました。
今回は瀬戸内国際芸術祭を観るため高松に行くので、ならば是非こちらもと足を伸ばしました・



最寄り駅のJR坂出駅は8年前にもちょっとだけ来たことがあります。
東京行きの夜行バスに乗る為だけに来て、駅近くのスーパーでジュースを買い、何かを
食べた記憶があります。
目の前に、お遍路さんのスタイルの年配の女性がいるのが印象的でした。

今回もここで飲み物を買ってから、以前は寄らなかった商店街を歩き「四谷シモン人形館」
へ向かいました。
商店街側からは入れず、裏側にまわり駐車場をぬけてたどり着きました(x_x)

「四谷シモン人形館 淡翁荘」



人形館では、係の方が簡単に中の紹介をしてくれてから後は自由に見学させてくれました。
うれしいことに館内すべて写真撮影OK!
午前中に寄った「イサム・ノグチ庭園美術館」とはエライ違いだ。

ここ淡翁荘はもともとは、「蒲田醤油」という会社の迎賓館として建てられたのだそうです。
中の照明器具、調度品は大正時代のものだとか。

ところで、2001年1月5日から2003年9月21日まで、愛媛県伊予三島市の閉鎖された
整形外科病院に四谷シモンさんの人形15体が展示された「病院ギャラリー」というイベントが
開催されました。
このことは私も、後になってから書籍で知りました。
(書籍を読んだ感想はこちらにまとめています)


今回係の方にうかがうと、約2年半つづいた「病院ギャラリー」も、老朽化した病院では
雨漏りもあることから人形をいつまでも展示するわけにはいかず、終了になったのだそうです。

この時、開催にかかわった画廊のオーナーさんがせっかく四国にシモン・ドールが来ている
のだからこのまま四国のどこかに展示することができないかと、あちこち場所を探していたとき
オーナーさんと蒲田醤油の社長さん(会長さんだったか?)が懇意にしていたことから
話がとんとん拍子に進み、こちら淡翁荘で展示することになったのだそうです。

館内のあちこちに人形が展示されています。
部屋にすぐ分かるように人形がいたり、時にはこの先にはなにが?と、ドアを開けると
そこはトイレでそこに人形がいたり。

1階は和室、洋室。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」1



扉を開けるとこんな人形が。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」2



階段の下は金庫になっていてそこをあけると中は真っ暗。
灯りがパッとつくと、そこにもシモン・ドールがいるので一瞬ぎょっとします。
写真は載せません。
観に行ったときのお楽しみとしてください。

そして階段の上にいた天使。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」3


「四谷シモン人形館 淡翁荘」4

2階には大きなテーブルとイスもあり、もちろんすわってOK。
「四谷シモン」の名前の由来でもある、ジャズ歌手ニーナ・シモンの音楽が流れるここで
一日過ごすファンの方もいるそうです。
ちなみに「四谷」は住んでいた地名からつけたのだそうです。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」5



少年と少女の人形の大きさは、人間の子どもくらいで近年の作品。


「四谷シモン人形館 淡翁荘」15



「四谷シモン人形館 淡翁荘」6

少女の手はふっくらと柔らかそう。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」8


窓際にいた渋めの男性。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」9


2階の別の部屋。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」10


1960年代に作られた作品。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」11


「四谷シモン人形館 淡翁荘」12




派手なメイクでにらむように前を見てるのは1970年代の人形。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」13



この作品は以前から写真でもみたことがあるけれど、何度観てもワハハ本舗の梅垣義明さんを
思い出してしまいます(^◇^;)
(関係ないけどこちらは、梅垣さんのちょっとお下品なパフォーマンスです)


ドアを開けると目の前に真っ白な人形が。
これが目にして一番ギョッとした作品でした。
かなりインパクト大でした。


「四谷シモン人形館 淡翁荘」14



「四谷シモン人形館 淡翁荘」16


この人形館、私にとっては居心地の良い空間で、すっかり長居してしまいました。


今回ブログに載せたのが、展示作品の全てではないのでこれから行かれる方、楽しみにしてください。

「四谷シモン人形館 淡翁荘」17





「四谷シモン人形館 淡翁荘」18




<2010-09-04追記>
後から知りましたが、瀬戸内国際芸術祭の作品鑑賞パスポートを提示すると入館料が割引になるそうです。

posted by みどり at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック