2005年01月12日

映画「ターミナル」

terminal.jpg

映画「ターミナル」@VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ
監督:スティーブン・スピルバーグ  出演:トム・ハンクス、他
音楽:ジョン・ウィリアムス  原案:サーシャ・ガバシ、アンドリュー・ニコル
脚本:サーシャ・ガバシ、ジェフ・ナサンソン

1月12日(水)観てきました。
涙ぐんでるトム・ハンクスの顔。ガラスに映りこんでるニューヨークの風景。
外国からJFK空港に来たものの、パスポートが無効になり空港の外に出られなく
なった男の物語。このチラシに魅せられて今年初めて映画館へ行ってきました。
私は観たい映画があると、ついつい観るまではその映画についての情報を極力
入れないようにしてしまいます。
なんとなく、その方が映画をより新鮮な感覚で楽しめるような気がするからです。
なので今回シリアスな映画を連想してたら、軽いタッチのコミカルな映画だった
のであらら?・・・でした。でも、ほのぼのした心優しい作品でした。

<物語>
東ヨーロッパの国クラコウジアからアメリカ・ニューヨークのJFK空港へやって来た
ビクター。彼が機上の人となってる間に祖国クラコウジアではクーデターが起こり
事実上国が消滅。
彼のパスポートは無効となり、入国は不可、帰国もできない身の上になってしまう。
JFK空港国境警備局のディクソンは事情を説明しようとするが、英語が全く分か
らないビクターとは会話にならない。ビクターにすぐ解決するだろうから少し空港で
待つようにと告げる。
その通りにするビクターだったがいつまでたっても入国は不可。彼はとことん空港で
待つことに決め、そこで「仕事」も見つけ「生活」をはじめてしまうのでした。
空港で働く人々とも親しくなるビクター。魅力的な女性アメリアとの出逢い。
小さな缶を大事そうにしてるビクター。
そもそも彼は何をしにニューヨークへやって来たのか?そして彼は祖国に
帰ることができるのか・・・・。


あらすじだけ読むと、暗くて深刻そうな話と思われるかもしれませんが全体の
雰囲気はいたって軽いです。
だいたいアメリカ人のトム・ハンクスが英語の分からない外国人役をやるなんて
これだけでコメディになってしまうと、最初で気が付くべきでした、私(^_^;

観てる間に、無国籍になった男が空港に住すみつくことなんてできるのか?とか、
そういう人物が仕事を見つけることができるのか?とか、なぜ彼は逃げ出そうと
すればいつでもできるのにそうしないのか?とか、不法入国とれば捕まって後々
困るからか?しかし?とか、いろいろ疑問が出てきます。
彼がアメリカへやって来た理由と缶の中身の謎も少々とってつけたような感じが
ありました。
が、これは空港を舞台にした大人のためのファンタジーと割り切った方が
楽しめるようです。
ビクターはこの物語の中で恋のキューピット役になったり、空港で働く人々のなかで
英雄にまでなってしまうのですから。

アメリア役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズは私には、日本のどこにでもいるような
お姉ちゃん的雰囲気を感じました。さらりとしたヘアスタイルのせいなのか・・・
どうもよくわかりませんが。他の登場人物と比べて存在感をあまり感じませんでした。
出演者の中では、インドから来て訳ありで国へ戻れないと言うグプタ役のクマール・
マナールという人が印象に残りました。いい味だしてるおじいちゃんでした。







posted by みどり at 00:00| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
流れながれてたどり着きました
ファンタジーという言葉そのままの作品でしたね。
私もグプタが(皿回し・・)忘れられません。

トラバさせてくださいね
Posted by ももちき at 2005年01月26日 12:22
ももちきさん、こんばんは。TBありがとうございます(^^)グプタはいいですね。この映画は後からじわじわと「良さ」が増してくるようでもう一回みたいなと思ってます。
Posted by みどり at 2005年01月27日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「タ−ミナル」劇場にて
Excerpt: 予約しておいた『永遠の片想い』のDVDをやっと取りに行ってきました。某家電量販店でポイントを利用したので、実質1200円ほどで購入。いずれゆっくり見直したいと思っています。 ファボーレTOHOで『タ..
Weblog: xina-shinのぷちシネマレビュー?
Tracked: 2005-01-15 10:53

たまには映画もイイもんだ♪
Excerpt: トリ目なので暗い所がニガテなあたし。 なのであんまり映画館って行かないんですょ。 よほど大スクリーンで観たいモノを除き、あとはDVDが出てから部屋で鑑賞する主義。 昨日は、久々に映画館なんぞ..
Weblog: 日々の戯言ver.3
Tracked: 2005-01-16 16:00

「ターミナル」 (2)風刺として読む
Excerpt: 「ターミナル」 (2) (※批評ですので、ネタばれが含まれます)  ターミナル、の基本構造は、東欧からの素朴で純粋な男が、こりかたまったアメリカ(の縮図空港)にさわやかな風をふかす、というものだ。こ..
Weblog: エイガ 観 覚 − 読む映画批評−
Tracked: 2005-01-26 12:22

ターミナル
Excerpt: スピルバーグとトム・ハンクスが「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に続き3度目の顔合わせを果たしたヒューマン・ドラマ。突然の祖国消滅により出入国を禁じられ空港内で生活する羽..
Weblog: Extremelife
Tracked: 2005-05-05 18:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。