2010年03月30日

「升たか展  砂の庭 」

「升たか 展  砂の庭 」



「升たか展  砂の庭 」@SILVER SHELL 京橋
3月23日〜4月3日まで
ギャラリー公式サイトはこちら



3月24日(水)に観に行っています。

この日は銀座へ行く用事があったので、ならばどこかのギャラリーをのぞいて
こようと美術雑誌の展覧会情報を見ていたら、人間顔の犬のような置物?
という作品の写真が目について行ってきました。

東京の銀座、そして隣接する京橋界隈はギャラリーがとても多いところです。
今回の「SILVER SHELL 京橋」は今回初めて知ったギャラリーです。

作家の升たかさん。
プロフィールをみると1946年生まれで、一時期作家寺山修司さん主催の
劇団天井桟敷に入団して活動していたらしい。

作品は一見木彫りのようにも見えましたが焼き物らしい。
展示されている作品の大きさは高さ約2,30センチくらいか。

どこか憂いをおびた顔の頭部。
頭部だけの作品もありましたが、曲線の中に頭部があるという作品もありました。
曲線が観ていてなんだか心地よいです。
その曲線の中に着いている頭が花のつぼみか、枝に止まっている小鳥のようにも
見えました。

美術雑誌に載っていた人面犬の作品は、これらの作品の中にはいると
思ったほどインパクトはありませんでした。


私が行ったときギャラリー内に升さんらしき方が、もう一人のお客さんと
お話をしていたので、作品を観つつ耳はそちらの会話に集中していました(^_^;

作品の大きさが皆同じなのは使用してる釜の大きさの関係らしい。
今展示してる作品の大きさが限度なんだとか。

升さんとお話ししてみたいなあ、と思いつつ(私は話し下手のくせにこう言うときは
作家さんと、お話ししてみたくてしょうがない)次に行かなければならないところがあるので
ギャラリーを後にしました。







posted by みどり at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。