2010年03月10日

御名残三月大歌舞伎「菅原伝授手習鑑 道明寺」「文珠菩薩花石橋 石橋」

2010年2月22日の歌舞伎座


御名残三月大歌舞伎 第三部 @東京 歌舞伎座
「菅原伝授手習鑑 道明寺」 「文珠菩薩花石橋 石橋」


いよいよ現、歌舞伎座での歌舞伎公演も3月、4月だけとなりました。
通常は昼・夜の2部公演ですが2ヶ月間は三部公演となっています。
冒頭の画像は2月に撮影した歌舞伎座です。


3月3日(水)の夜、3階B席にて観ています。
この日は早番の仕事(朝6時半には職場に行ってる)を終えてから歌舞伎座に向かっているので、
かなり眠気がありまして、せっかく行ったのに惜しいことをしました・・・f(^―^;
なので、感想らしいことがあまり書けませんm(__)m
観てきたことの、覚え書きになります。


「菅原伝授手習鑑 道明寺(すがわらでんじゅてならいかがみ どうみょうじ)」

菅原道真(=菅丞相)は無実の罪を着せられて、流罪になってしまう。
その旅の途中で、菅丞相(片岡仁左衛門)は伯母の覚寿(坂東玉三郎)の館に一時逗留
することになる。
菅丞相の養女の苅屋姫も、ここにやって来る。
そもそも、流罪(=左遷)の原因を作ってしまったのは娘の苅屋姫。
覚寿は苅屋姫が許せず杖で打ちすえるが、折檻を止める菅丞相の声がする。
みるとそこには菅丞相が自ら彫った菅丞相の木像があり・・・と、言う話。

長い物語「菅原伝授手習鑑」の中の一遍になります。
以前はお姫様役が多かった坂東玉三郎さんの演じる、年配の女性覚寿。
気品あり、優しさあり、気丈さもある武家の婦人とい役どころが見所でもありました。


「文珠菩薩花石橋 石橋(しゃっきょう)」
能の「石橋」を元にした舞踊劇。

寂昭法師(松本幸四郎)が石橋の前で、きこりと童子に出会う。
二人が石橋の由来を尋ねるので、法師が説明をし二人に何者かとたずねると
じつは童子は文珠菩薩であり、きこりは菩薩の使いの獅子の精であるとなのり
やがて姿を現すという話。

舞踊がメインなので、華やかな舞台でした。
法師の動きはほとんど無いのですが、好きな松本幸四郎さんも出演なので満足でした(^^)

歌舞伎座は解体されますが、それを記念して解体後の瓦を使った置き時計が限定
300個販売されるそうです。
詳しくはこちらで。
応募多数の場合は抽選だそうですので、興味のある方は記念にいかがでしょうか。



ところで最近、歌舞伎座の株は日本一高額の株券だと知りました。
今日の株価は1株3635円ですが、1000株単位でないと買えないのでつまり
3635円X1000株=363万5千円ということになります。
びっくり!
でも株主は歌舞伎公演の招待の他、解体後の歌舞伎座の「一部」がプレゼントされるらしいです。






posted by みどり at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。