2009年10月03日

北陸ミュージアム巡り その3・富山から金沢へ(最終回)

金沢 ふらっとバス




9月22日(火)、午前7時45分発、福井駅発の北陸本線・普通電車に乗車。
連休中のせいか車内は、あれ?と思うほど若い方ばかり。
友人同士の集団もあるけれど一人らしい方もちらほら。
この電車だと乗り換え無しで、富山駅まで行けるのです。

特急を使えば早いけれど、特急料金を払う気が起きないので今回は普通電車を利用。
今回の私は、途中の金沢駅いったん通過。
10時19分頃、富山駅到着。ここで下車。

初めて行く、富山県立近代美術館を目指します。
富山駅前から「富山ミュージアムバス」という無料バスが出てますが、1時間に一本なので
今回は利用しませんでした。
と、いうか時間的にできませんでした(^_^;)

富山駅は約一ヶ月前に行きましたが、今回はじめて市内電車に乗りました。

富山 市内電車

市内電車は約5分おきに出ているのでとても便利。
料金は一律200円でした。
富山駅前から南富山駅行きに乗車、「西中野」で下車。
ここから地図をたよりに美術館へ向かいました。

住宅地の中を歩くので、こっちでほんとにいいのかなあ・・・と、不安になったころやっと到着。
こちらからだと美術館のちょうど裏側から入るカッコになりました。

はじめてきた富山県立近代美術館。

富山県立近代美術館


広々とした館内はきれいで、とても気持ちが良かったです。
思いがけず大好きなダリ、マグリッド、イヴ・タンギーなどの作品とも出会えてうれしくなりました。
来て良かった!
詳しい感想は、また改めて書きますね。

すぐそばにある富山市科学博物館も行ってみたかったけど、今回は時間が無くてパス。
再び市内電車にのってJR富山駅前に戻りました。
ここで駅ビル内にある「白えび亭」で昼ご飯。
以前、ここで食べた「白えび天丼」がすっかり気に入ってまた食べてみたかったのです。

ちょうどお昼時、ということもあり行列が出来てましたが、15分ほど待ってたらすぐ入れました。
ところで、よく見たらお一人様だったらすぐ席に着けたようです。
私の前は集団だったからこういう場合、お店の方が案内してくれればいいのになあ、と思いました。
ちょっと時間をロスしました。

今度は金沢駅を目指します(^^)V
富山駅から金沢駅は普通電車で約1時間。近いです。
3時ちょっと前に金沢駅到着。
金沢は二年前友人と来て以来。その前にも一人で来たことがあるので今回が3回目です。

金沢駅に着いてからは金沢21世紀美術館を目指します。
駅前からバスに乗るのですが、どのバスにのったらいいのかどうもまだよく分からない。
観光用の安い(100円)のバスもあるのですがこちらは本数が少ないし、すでに長い行列が
できているからまってても乗れないかもな・・・と、思いやって来た普通の路線バスに乗ることに
しました。
こちらはたしか200円。

当初は、時間もあまりないので金沢21世紀美術館だけ行くつもりだったのですが、ふと携帯で
石川県立美術館の展覧会情報を見ると「鴨居玲」の特集をやってるではないですが。
好きな作家さんです。
鴨居玲さんは金沢出身の洋画家ということもあり、この美術館で何点も所蔵してるのですが
今回の特集では25作品も展示されているという。
みのがすなんて出来ません。
「広坂」でバスを降り、坂道を登って石川県立美術館(下の画像が美術館です)へ。
(こちらの感想も、後ほど改めて)
石川県立美術館



ここを出てからは金沢21世紀美術館へ向かいました。
今回は利用しなかったけれど、華やかな「ふらっとバス」と出会えました。
冒頭の画像がそのバスです。

「未完の横尾忠則展」を見るためですが入場券売り場には長い列が出来ていてちょっと焦りました。
15分ほど並んでやっと入場。
時間は4時ちょっとすぎてました。
展示が見られるのは6時までなので、常設展や「ニット・カフェ・イン・マイルーム」展も急いでみてまわりました。
こちらの感想も後ほどm(__)m

展覧会が見られるのは6時までのですが、美術館の中は夜10時まで開いている。
中のホールで映画上映があったり、有名なジェームズ・タレル作「ブルー・プラネット・スカイ」の部屋は
やはり夜10時まで見られます。
天井が四角くくりぬかれた状態になっていて空が見えるのです。

ジェームズ・タレル作「ブルー・プラネット・スカイ」


なんかうれしいですね。
美術作品と夜、遅くまでふれあえる金沢の方はいいなあと思います。

夜になると美術館の外では光の花が咲いていました。
うまく写真撮影が出来なかったのですが、こんな風です。

金沢21世紀美術館 光の花


美術館の外へでると近くでライブをやってるようで音楽が聞こえてきてました。
イベントが行われていました。
「月見光路&月見宴」だそうです。

月見光路&月見宴 



月見光路&月見宴 光のインスタレーション


ライブと、光のインスタレーション。
思いがけず、いい物が見られました。

そして地元の繁華街・香林坊(こうりんぼう)で夕飯にしたいなあとあちこち回り、結局中華料理店で
ラーメンと春巻きで夕飯としました。

この後はちょっと距離があったのですが、金沢駅まで歩いてしまいました。
駅周辺をブラブラ。
金沢駅前周辺は、夜になってもにぎやかですね。

金沢駅から出る夜行バスで帰る予定でした。
このバスは夜11時過ぎに富山駅にも寄ります。
富山駅から乗っても良かったのですが、富山駅周辺は夜遅くまで時間をつぶせるところが
見あたらないのです。
富山駅の駅ビルには漫画喫茶があるけど、夜9時で終わってしまうし飲食店も早く終わってしまう。
最寄り駅でネットカフェがないかな?とさがしたけれど、あっても今度は電車の本数がないから移動手段がない。
一人では時間のつぶしようが無いので、今回は金沢駅から乗ることにしました。

二日間で、「人道の港 敦賀ムゼイム」「敦賀鉄道資料館」「金津創作の森」「富山県立近代美術館」
「石川県立美術館」「金沢21世紀美術館」を回ってきました。
夜10時。
金沢駅発、東京駅行きの夜行バスに乗って今回の旅の締めくくりとなりました。

(完)







posted by みどり at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。