2009年08月01日

大竹しのぶ ひとり舞台「あいのうた Francesca!」ツアー2009

大竹しのぶ ひとり舞台「あいのうた Francesca!」ツアー2009

大竹しのぶ ひとり舞台「あいのうた Francesca!」ツアー2009@恵比寿 ザ・ガーデンホール
出演:大竹しのぶ(歌)、坂本昌之(アレンジ&ピアノ)、ジュスカ・グランペール(ギター&ヴァイオリン)、
川嶋一久(Bass)、渡嘉敷祐一(ドラム)、高田みち子(キーボード&コーラス)


7月18日(土)に観に行っています。
恵比寿ガーデンプレイスは、何度か行ったことがありましたが、ザ・ガーデンホールに
入るのは今回が初めてです。


実は全く勘違いして、チケットを購入してました。
大竹しのぶさんのひとり芝居の公演だと思っていたのです。
「ひとり芝居」ではなく「ひとり舞台」
演劇公演ではなく、コンサート公演だと気がついたのは、開演直前でしたf(^―^;
会場内を見回すと客層は中高年の方がほとんど。
会場に入ってみると、演劇公演とは客層が全然違うからおかしいなと思ってました・・・。


歌とトークの公演。
今チラシを見ると「歌とトークとひとり芝居と、満載の内容でお届けします」と、書いてあるけど
「ひとり芝居」はありませんでした。
(今回は収益の一部をチャリティー活動として寄付されるそうです)
娘さんとライブにいった話とか、離婚の事もちょこっと。


正直言って、大竹しのぶさんが歌も歌う方とは知りませんでした。

歌は先日亡くなった忌野清志郎さんの「JUMP」や、中孝介さんの「花」など。
とくに良かったなと思ったのは、美輪明宏さん作詞作曲の「ヨイトマケの唄」。
美輪さんご自身は力強く歌いますが、大竹さんは静かに、かなり力の抜けたフワフワ〜とした感じの歌い方。
でもこれが、とてもとても良かったです。

大竹さんは、緊張すると髪を触る癖があるようです。
公演も終盤になると、片手はマイク、片手は髪の毛をくしゃくしゃやり出して頭が
ぼさぼさ状態になってました(^_^;)

大竹しのぶさんは、確かもう50歳くらいだと思いましたがなんだか少女のような雰囲気のある方だなと感じました。


posted by みどり at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。