2009年05月28日

五月大歌舞伎 昼の部、夜の部

五月大歌舞伎 昼の部、夜の部


五月大歌舞伎 昼の部、夜の部@東京 歌舞伎座

5月に観た分を全部書き終わらない内にまた月を越してしまいそうです。
観てきた、という覚え書きだけになってしまいますがお許しを。

5月2日(土)の初日に夜の部を3階B席で観ています。
夜の部の演目です
「恋湊博多諷 毛剃 (こいみなとはかたのひとふし けぞり)」
「夕立」
「神田ばやし」
「鴛鴦襖恋睦 (おしのふすまこいのむつごと) おしどり」


「恋湊博多諷 毛剃 (こいみなとはかたのひとふし けぞり)」
始まって市川團十郎さん演じる毛剃久右衛門が登場したとたん場内にひびきわたる
一人の女性の「おじさま〜〜〜」のかけ声。
いや〜、びっくり!!!
「○○屋!」というのはよくありますけどね。
場内、一瞬完全にどん引き状態でした。
身内なんだろうけどこんなかけ声、せいぜい劇場ロビーまでにしてほしいものです。


「神田ばやし」
歌舞伎座初演は昭和27年の演目で、とてもわかりやすいお話。
今年5月は神田明神が、二年に一度の大祭。
それに合わせたわけでもないのでしょうが、こういう長屋を舞台にした世話物は好きです。
長屋で一両という大金がなくなり、盗みの嫌疑をかけられてしまった桶屋の留吉(市川海老蔵)。
一年後、その疑いが晴れるというもの。
どうという事のないお話ですが江戸の長屋の人々のやりとりが、せちがない今の
時代からみるとほのぼのして観ていてホッとしてきます。
舞台上に出てくる猫の人形(ロボット?)がとても良くできています。


5月17日(日)に昼の部を3階B席で観ています。
昼の部の演目です。
「暫(しばらく)」
「寿猩々(ことぶきしょうじょう)」
「手習手(てならいて)」
「加賀鳶(かがとび)」
「戻駕色相肩(もどりかごいろあいかた)」


昼の部は3階席からは全くみえない花道使用の演目が多くてちょっとつらい(x_x)

「手習手」は手習いから帰る途中の娘が、道草がてらに踊る、と言う物。
今年81歳の中村芝翫さんが、娘おえい役というのがすごい!
しかも踊っているときの動きや仕草はとてもなめらかだし、結構かわいい。
これで81歳?ウソでしょう・・・と、言いたくなります。

後見に中村志のぶさんが出てるのが私にはかなりうれしかったです。
歌舞伎の後見についてはこちらで説明がされています。

簡単ですが、今回はこれにて。
posted by みどり at 01:14| Comment(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。