2009年05月24日

「文化・芸能人の多才な美術展」

「文化・芸能人の多才な美術展」


「文化・芸能人の多才な美術展」@MITSUKOSHI 日本橋本店
5月19日〜5月24日まで (終了してます)

5月21日(木)に観に行っています。
チラシによると「文化財保存活動支援のためのチャリティー企画」だそうで「新たなる文化創造を
全国の方に観ていただくことで、一般の方々の美術への関心や創作意欲を喚起し、啓蒙することを
第一の目的」としてるのだそうです。

ここにはとても描ききれないくらいの芸能人、政治家の方々の絵画や書が多数展示されていました。

会場に入ってすぐにあったのは綾小路きみまろさんの大きな扇。
派手な大型の扇ですが、これはご本人が使われているものなのでしょう。
まさかご本人が作ったもの?
なんの説明もないから、そのあたりはわかりませんでした。

デヴィ・スカルノさんの油絵(アクリルだったかも)もありました。
女性の肖像画はきれいですが、失礼ながらこちらは素人の趣味レベルとお見受けしました。

その他にも、どう見ても普段は絵なんかかいてないけど今回の展覧会の為にだけ描いた、
としかみえない物もありました。

山本陽子さんの椿の絵は美しいかったです。
中原丈雄さんの「ソーホーのクレープ屋」は、写真を元にしてるのかとても写実的なきれいな絵画作品。

八代亜紀さんは海外の美術展にも出品されてるくらいなので、技量はあると思います。
(ごめんなさい、私の好みではない絵柄なのです)

やはり目を引くのは、チラシにも使われている北野武史さんの作品。
かなり大型です。
以前、初めてこの方の作品を見たときもおもったのですが、この方の絵は素人の域を超えてると思いました。
うまいです。
テレビ出演もしていて多忙のはずなのにいったいいつ描いているのか、それが不思議です。
posted by みどり at 23:29| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。