2009年03月29日

「幻想美術 時を超えて コレクターズコレクション澁澤龍彦ゆかりの作家たち」

「幻想美術 時を超えて コレクターズコレクション澁澤龍彦ゆかりの作家たち」


「幻想美術 時を超えて コレクターズコレクション澁澤龍彦ゆかりの作家たち」@ギャラリー椿
2月28日〜3月14日まで (終了してます)
展覧会公式サイトはこちら


3月7日(土)に観に行っています。
この日は忙しく、あちこち回っていました。
東京・京橋にある小さなギャラリー椿での展覧会。
会場は小さくても内容はとても濃い展覧会でした。

チラシの言葉をかりると「澁澤文学に感銘を覚え、その影響下にあって、熱狂的な幻想美術の
コレクターであったO氏、H氏、M氏のコレクションを世に出すことで、今一度その評価を問うとおもに、
時を超え、その系譜を脈々と受け継ぐ現代作家たちの初期作品もあわせて紹介する」という展示でした。


一番のお目当ては小さな箱の中に広がりのある世界を作り出している桑原弘明さん
の作品でした。
「玉子のなかの世界」(1994年)は本物の玉子を殻をつかった作品のようです。
丸い卵の1カ所がかけ、中に小さな宝石のような石(だと思いますが)があり、
文字通りの作品で、なんだかかわいらしい。
 
四谷シモンさんの人形が3体。
(チラシの写真の人形はそのひとつです)
独特な雰囲気があり、なんだか魂が宿っているように見える人形達。
見つめているとこちらの気持までのぞき込まれそうな気分になりました。

思いがけなかったのは合田佐和子さんの作品が何点もあった事。
しっかりしたデッサンと、現実離れしたでも美しい色彩で描かれたマレーネ・デートリッヒ(昔の映画女優)の顔が印象的。

さらに思いがけないのは大好きなジャン・コクトーに触れられたこと。
詩人で映画監督で劇作家で、とマルチな活躍をしたジャン・コクトーの描いた絵画や
直筆の手紙とポートレートが一枚の額に納められているのに見入ってしまいました。

同じようなテーマでまた開催してくれないかと、思ってしまいました。
posted by みどり at 15:11| Comment(2) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも素敵な文章で江戸川ミュージアムをご紹介いただきありがとうございます。
このたび「アートコレクター」という雑誌の幻想美術特集で江戸川コレクションとして「無原罪の宿り」と「スコープ」が取り上げられました。よろしければご覧になってみて下さい。
(「卵の中の世界」は近々展示させていただく予定でおります・・・)
Posted by 江戸川アート at 2009年04月26日 17:12
江戸川アート様、コメントありがとうございます。

私の文章が失礼な事になっていないといいのですが。
冷や汗ものです。
「アートコレクター」ぜひ観たいと思います!買ってきます(^^)
江戸川競艇アートミュージアム様はまたぜひ行ってみたいと思います。
Posted by みどり at 2009年04月27日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。