2008年10月30日

神戸・六甲山ひとめぐり その1 ポートライナーに乗って

2008年10月19日の神戸の朝顔




10月19日(日)に一日だけ、神戸の街と神戸郊外の六甲山を巡ってきました。
今回の一番の目的は六甲山にあるオルゴール・ミュージアム、ホール・オブ・ホールズ六甲での
「ムットーニ展」が観たいが為でしたが、せっかく千葉県から行くのです
から少しでも観光してこようと思っていました。

でも月曜日朝には関東に戻っていなければならないので、ゆっくり滞在する時間が
ありませんでした。
前夜の18日夜23時20分に、東京・新宿駅新南口から夜行バスで出発。
神戸市内のJR三ノ宮駅には19日の朝8時半頃到着予定。
ホール・オブ・ホールズ六甲には午後3時頃には着いていたい。
と、すると観光時間は約6時間。
とりあえず神戸観光のガイドブックを購入して、持っていくことにしましたが移動時間を考えると、
6時間でどこをどう回れるかと夜行バスに乗車してからもまだ思案中でした。


19日(日)は予定よりも少し早く朝8時ちょっと過ぎにはJR三ノ宮駅に到着。
バスを降りてからカメラが無いことに気がつきました。
バスの中では足台代わりに足元にリュックサックを置いていましたが、バス内で一度
取り出していたのできちんと閉まってなくて、こぼれ落ちてしまったらしい。

バスはもう移動してしまっているし、どこにどう問い合わせしたらいいからわからな
かったのですが、駅前の高速バス乗り場のチケット売り場の方に問い合わせると、
私が乗ってきたバスはもう営業所のほうにもどっているだろう、ということで
西日本ジェイアールバス神戸営業所への地図のコピーと電話番号を教えていただけ
ました。

さっそく問い合わせすると、バスは戻ってきてるので中を探してみましょうとのこと。
5分ほどして車内にカメラがあったと私の携帯電話に連絡が入りました。よかった!(^^)V
向こうの方は「着払いで送りましょうか」と言ってくれたけれど、この一日カメラが無いと困るし三ノ宮駅から
さほど遠くなさそうなので直接取りに行くことにしました。

営業所のある場所は神戸市中央区港島。
聞けば三ノ宮からはポートライナーに乗っていくんだとか。
私、神戸の街は全く初めてなのでもちろんポートライナーに乗るのも初めて。
でも困ったなー、という感じはあまりなくてなんだか楽しくなってきました。
これから行く場所は神戸港に作られた人工の島、ポートアイランドですから。

人に聞きまくりでやっとポートライナーに乗車。
ポートライナーはモノレールで車内から見える景色は、東京で言うと「ゆりかもめ」
に乗ってお台場へ行くのと同じような感覚でした。

営業所の方に教えてもらった最寄り駅の中埠頭駅で下車。
でも歩いてみたら、北埠頭駅からの方が近いではないの。一駅分余分に歩いてしまいました。
このあたりは、どうもいろいろな会社の倉庫が多いようです。
途中で季節外れの朝顔の花がとてもきれいにさいていました。
(冒頭の画像がそれです)
営業所でカメラを無事受け取ってからは、近所にあったコンビニでちょっと買い物。

店内に休憩できるスペースがあったので、やっとここでサンドイッチで朝食です。
この日はどこで昼食がとれるかわからなかったので、お昼ご飯(おにぎり)も買って
置きました。
この日の私、かなり行き当たりばったりの感じですf(^―^;

ポートアイランドには公園やいろんなミュージアムもあるらしいのですが、ゆっくり
まわるのはまたいつの日かのお楽しみに。

この日の神戸は雲一つ無い晴天。すばらしい青空の下の神戸と神戸港。

ポートターミナル駅からの神戸港


そして六甲山。

ポーとライナーからみた六甲山


三ノ宮に戻るポートライナーから見える景色はとてもすばらしかったです。
残念ながら最高の景色は写真に撮り損ねました。
カメラをバスに忘れるというとんだアクシデントでしたが、そのおかげで予定外の場所に行けて
すばらしい景色を見ることが出来ました。
トラブルを楽しんでいる自分が、自分で可笑しくなってきます。

三ノ宮駅に戻ってからは、ちょっとでも市街地を見物したかったので急いで
「神戸らんぷミュージアム」へ行ってみました。
この続きは、また後日に(=^0^=)


posted by みどり at 08:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。