2008年07月25日

劇団四季・東京「キャッツ」 66回目



劇団四季・東京「キャッツ」 66回目@東京 キャッツ・シアター

7月19日(土)の夜の回を1階C席で観ています。

この日の主な配役です。
長老猫オールドデュトロノミー・・・種井静夫
娼婦猫グリザベラ・・・早水小夜子
少女猫シラバブ・・・久保田彩佳
プレイボーイ猫ラム・タム・タガー・・・金森勝
マジシャン猫ミストフェリーズ・・・金子信弛
ボス猫マンカストラップ・・・荒井務
鉄道猫スキンブルシャンクス・・・嶋崎孔明
ディミータ・・・坂田加奈子
マキャヴィティ・・・赤瀬賢二
タンブルブルータス・・・川野翔
バストパージョーンズ、アスパラガス=グロールタイガー・・・田洋輔


この日のスキンブルシャンクスの嶋崎孔明さんは、初めて見る方でした。
舞台が始まってからもしばらくはてっきりいつも見る岸佳宏さんだと思っていた
のですが、二幕目のソロで歌い出して声がいつもと違うのでやっと気がつきました。

夏休み時期になったせいか、客席は小さな子ども達の姿も目立ちました。

カーテンコール時にはボンバルリーナ(だったと思う、西村麗子)と、スキンブルシャンクスと
握手できました。

劇団四季は7月19日〜8月31日まで「サマーハシゴキャンペーン」を開催しています。
全国の劇場で11作品が上演されていますが、その全てで入場時にカードが配られ
必要事項を記入2作品以上観劇するとメモリアルストラップとそれに取り付ける各作品
ごとのチャームがもらえると言うもの。
会員だけでなく、一般の方も参加できます。
私もこの期間は東京公演の「キャッツ」「夢から覚めた夢」、8月に大阪の「オペラ座の怪人」を
観に行く予定なので3つのチャームはもらえそう。
楽しみです(^^)


posted by みどり at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季・東京「キャッツ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。