2018年01月12日

映画「シベールの日曜日」

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント コレクション
映画「シベールの日曜日」@ 東京国立近代美術館 フィルムセンター

上映会サイトはこちら。
http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/sony2018-1/



1月5日(金)

見てきました。
今年始めてのフィルムセンターの上映会。
そしてフィルムセンターもこの日が最初の上映会。


この映画はずいぶん前にテレビで見たことがあるけど、ほとんど忘れていました。

戦時中パイロットだった男性。
彼は過去の記憶を無くしていている。
そんな彼と、孤独な少女との出逢い。

日曜日ごとに会う約束をした、年の離れた二人の様子は、ほほえましいけど、どこか物悲しい。
二人で森の中を歩くモノクロのシーンが印象的で、ここだけはよく覚えていました。

悲劇的な結末を向かえますが、
忘れられない映画の1本。




今回は試験的に新しいシステム導入、と言うことで、今までは当日窓口で並んで券を買う、だったけど、
これと並行して前売券販売もされていました。

当日窓口で買うために、皆さん早めに会場に来てるけど、前売券にはすでに整理番号がついてる。
と言うことは、開場間際にいけば良い。
早くから待つのは面倒だし、で、私も試しに前売券を購入。

でも当日は、当日券を買うために整理番号をもらっていた方と、入り口こそ違うけど、同時入場なので、あまりメリットを感じませんでした。
前売券についてた整理番号順のはずが、最初の1、2番は最初だったけど後はなし崩しで入場でしたし。

これから、色々整えてほしいものです。
  • 20180112235043781.jpg
posted by みどり at 23:51| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」@サントリー美術館」

DSC04932.JPG


六本木開館10周年記念展
「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」@サントリー美術館
展覧会サイトはこちら
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_6/index.html
2017年11月22日(水)〜2018年1月28日(日)


1月5日(金)
行ってきました。
仕事が休みだし、まだ正月だしきれいなものを見に行きたい!
と、こちらに行ってきました。
当初は弥生美術館へ行こうかと思ったのですが、現在開催中は滝田ゆう展。
失礼ながら、正月にみる気分ではありませんでした。

フランス宮廷の磁器、さすがにきれいな磁器の数々。
古いものから、近年のものまで目にすることができました。
まさに眼福。

一部は写真撮影OKでしたのでご紹介しておきます。

磁器というと、壺や食器ばかりのようにも感じますが、
こちらは20世紀の作品「ダンサー」

DSC04900.JPG



DSC04902.JPG


どの角度かから観ても美しいです。

DSC04926.JPG


DSC04925.JPG



こちらは会場内で上映されていた、当時のダンサーの映像。
DSC04916.JPG


DSC04911.JPG


日本人作家のこんな作品も。
沼田一雅の「象とねずみ」1906年
DSC04919.JPG



草間彌生のこんな作品も。
DSC04928.JPG


DSC04931.JPG


混んでるかと思ったら、意外とすいていました。
磁器は皆さん、あまり興味ないかな?
posted by みどり at 21:48| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「オリエント急行殺人事件」

20180105184512368.jpg



映画「オリエント急行殺人事件」


1月3日(火)

仕事が終わってから見に行っていました。


映画公式サイトはこちら。
http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie/sp/


アガサ・クリスティの推理小説ですが、まだ読んだことありません。 
家に文庫本がかなり前からあるのに。

何度も映像化されていて、私も見たことある…でも、いつの作品か?
と、思ったら1974年作品した。
リチャード・ウィッドマークが出演していて、犯人役だけど好きな俳優さんでした。
好きになったのは、日本語吹き替えを故大塚周夫さんがやってたせいもあります。
で、この1974年作品、思い出そうとしても、リチャードウィッドマークしか思い出せない。
話はおぼえてましたが、他の役者さんのことはほとんど忘れてました。

今回の映画、物語を知ってるからどうかな?と、思いましたがなかなか楽しめました。

ジョニー・デップをすぐ殺されてしまう役に使うとは贅沢な。

彼も、人から恨みを買って当たり前の人物を嬉々として演じているように見えました。

映像も美しい。
雪の山岳地域を走る列車や、最後のポアロ探偵が全員の前に立つ場面など、おおっ!となりました。


posted by みどり at 18:45| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

ニューイヤー・コンサート 2018 ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団

DSC04897.JPG


ニューイヤー・コンサート 2018
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団 @ サントリーホール
公演サイトはこちら。
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20180102_M_2.html

1月2日㈫
東京国立博物館の後で、行っています。

こちらもここ数年、毎年楽しみにしているウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
のニューイヤーコンサート。

指揮者のマンクージさんは、40年前、ウイーン少年合唱団の
ソプラノとして日本に来たのが初来日、だったそうです。

演奏のステージで、バレエもある。
今回は、男性ダンサーが女装で登場という、コミックバレエに
なってて、これは好き嫌いあるんじゃなかろうか。
私も、ギリギリ下品の一歩手前の感じがしてどうなんだろこれ?
と感じました。

年の初めのお祭り、ということでいいことにしましょうか。




以下は、今回の公演情報です。



出演 指揮:グイド・マンクージ 
ソプラノ:アドリアーナ・クチェローワ 
テノール:メルツァード・モンタゼーリ
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
舞踏:バレエ・アンサンブルSVOウィーン  



曲目 ポンキエッリ:オペラ『ジョコンダ』から「時の踊り」
スッペ:オペレッタ『ボッカチオ』から「恋はやさしい野辺の花よ」 
J. シュトラウスI:ヴェネツィア人のギャロップ op.74 
J. シュトラウスII:オペレッタ『ヴェネツィアの一夜』から「ゴンドラの歌」
マンクージ:ワルツ『ローマ散策』 
ロッシーニ:オペラ『ウィリアム・テル』序曲 
レハール:オペレッタ『ジュディッタ』から「友よ、人生は生きる価値がある」
J. シュトラウスII:ワルツ『シトロンの花咲くところ』 op.364
レハール:オペレッタ『メリー・ウィドウ』から「ヴィリアの歌」 
フチーク:フィレンツェ行進曲 op.214
レハール:オペレッタ『パガニーニ』から「誰も私ほどあなたを愛してはいない」 
J. シュトラウスII:ワルツ『美しく青きドナウ』 op.314、他 
posted by みどり at 00:36| Comment(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

「博物館で初もうで」2018年

DSC04895.JPG

「博物館で初もうで」@東京国立博物館
展覧会サイトはこちら
http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=9407

1月2日(火)
行ってきました。

年の初めは、毎年楽しみな「博物館で初もうで」

今年は戌年なので、犬にちなんだ作品が並ぶし、
大好きな、円山応挙の「朝顔狗子図杉戸」が出るというので
楽しみにしてました。

こちらが本館。
DSC04887.JPG


今回展示はないけど、建物のきれいな表慶館。
DSC04889.JPG



本館入ってすぐめにはいるのはこれ。
DSC04886.JPG


DSC04836.JPG


DSC04838.JPG


真っ先に円山応挙の子犬のところへ。
DSC04840.JPG


DSC04843.JPG


DSC04845.JPG


この子犬のカレンダーも一人一枚配布されていたので、
ならんでもらってきました(⌒∇⌒)

もちろんほかの展示も見てきました。
とにかく混んでいるで、会期中もう一度くるつもりなので
さっとみてます。

DSC04865.JPG


こちらは葛飾北斎の七福神。
神様の皆さんが、正月を迎える支度を
してる様子が楽しい。
DSC04873.JPG


丸い鶴は、伊藤若冲。
DSC04875.JPG


本館の壁もよく見るときれい。
いつもはじっくり見ることをしてなかった。

DSC04882.JPG


DSC04881.JPG


毎年、パスポート会員になっていたのですが
以前と制度が変わって今回は「プレミアムパス会員」になりました。
東京国立博物館で使える券が4枚もらえて、平常展は一年間フリーパス。
詳しくはこちらをご覧くださいね。
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1855

KIMG6210[1].JPG

posted by みどり at 23:21| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。


毎年同じですが、大晦日と元日は仕事。

元日の仕事を終えてから、初詣へ。
東京へ通勤してた頃は神田明神で社員一同集合。
新春のご祈祷を受けてからカイシャヘむかってした。

ここ数年は初詣は、亀有香取神社。
夜ですが参拝の方もいっぱいでした。

20180102151114233.jpg


ここは狛犬ではなく、亀がおるのですよ。

20180102151154019.jpg


20180102151211235.jpg


20180102151227106.jpg


今年はマメに更新したいと思います。

この記事ははじめてタブレットから入力してます。
携帯できる小さなキーボードも購入。
これはBluetoothでタブレットと接続してます。
外出がちなので、なれればこれは便利かもと思っています。


ところで、次の写真は狭い我が家で一番、正月っぽい一角。

KIMG6207[3].JPG


手前はにゃんこ堂さん、後ろの2列は貝猫商事さんの作品。」
去年の「にゃんフェス」(猫ずきの雑貨イベント)で連れて帰った子たちです。
にゃんフェスの公式サイトはこちら。
http://www.nyanfes.com/

小さいですよ。
このくらいですから。

KIMG6209[1].JPG




posted by みどり at 18:17| Comment(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする