2017年07月21日

「ジェーン・ドウの解剖」

1500638314565.jpg
「ジェーン・ドウの解剖」@渋谷アップリンク

映画公式サイトはこちら
http://janedoe.jp/sp/


7月20日(木) 
観てきました。

本作品は全米最大のジャンル映画の祭典「ファンタスティック・フェスト」で最優秀作品賞の栄冠に輝いたそうです。

身元不明の遺体の検死解剖することになった二人が体験する恐怖。


これは半端なく怖くて面白かった。

目を見開いたままの、美しい女性の遺体。嵐の夜。
停電。闇のなかに浮かぶ人影。
物音。
かつてあった魔女狩り。

怖がらせる要素がこれでもかと散りばめられて、実に見せ方が上手い。
演出が良いです。

パンフレットが作られて無かったのが残念です。

人体解剖の場面がメインなので、あまり人にはオススメできませんが良くできた作品だと思いました。
posted by みどり at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」

1499144253222.jpg

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」@ movix亀有


映画公式サイトはこちら
http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/sp/


7月3日(月)、観てきました。


とある殺人事件の時効成立。
その後、犯人が見つかっても法律では裁けなくなる。

その時を待ってたとばかりに、「私が殺人犯です」と、堂々と登場し、事件についての本まで出版。
よくも悪くも世間の注目を浴びる。


登場してきた男はほんとに犯人なのか?彼の真の目的は?
と、その後の展開が予測がつかない面白さでした。

さすがに中盤になると、少し先が読めて来るのですが、二転三転する展開は脚本の上手さを感じました。

あえて言うと、22年前のさつじんじけんの犯人は私、と言ってる人物をまだ若い藤原竜也君が演じてること。
22年前はあんたいくつ?と、なってしまうでしょ。
若く見える元犯人、と言うことか。

まあ、面白かったからそのあたりは、目をつぶることにしましょうか。
posted by みどり at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする