2017年03月18日

劇団花組芝居 花組博覧会



劇団花組芝居 花組博覧会@ 二子玉川 セーヌフルリ

劇団公式サイトはこちら。
http://hanagumi.ne.jp/


3月17日(金) 行ってきました。

役者は全て男性、歌舞伎風のお芝居を上演してる劇団花組芝居。

今年は劇団創立30周年だそうです。

現在、本拠地のセーヌフルリで公演で使用された衣装や小道具、そして過去の公演の記録映像の日替り上映会をやっているので観てきました。

この日、私が見たのはこれでした。

『花組をどり「薔薇西遊譚」』
(はなぐみをどり つたえきくベルサイユのものがたり)

作・演出 加納幸和
1992年9月3日〜13日
池袋トヨタアムラックスホール


マリーアントワネットを題材に、というより宝塚版の「ベルサイユの薔薇」をベースにした歌あり、躍りあり、なんでもありの公演。



約150分、寝ちゃうかな?と思ったけどなかなかどうして面白かったです。

他に見たい公演の上映もあるのですが、都合が合わず残念です!
posted by みどり at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

野中ユリ「天の花と地の花と」展

1489080999233.jpg





野中ユリ「天の花と地の花と」展 @ LIBRAIRIE6/シス書店

展覧会サイトはこちら。

http://librairie6.exblog.jp/23865524/


3月9日(木) 観に行ってきました。

1938年生まれの野中ユリさん。
コラージュや、デカルコマニーの技法を使った作品や、装丁した本の展示販売。


現在、入院中の野中ユリさんだそうですが最新作もあります。

私は野中さんが装丁を手掛けた本がとても気に入り、購入しました。

創樹社 発行 尾崎翠「第七官界彷徨 」です。
もともと前から読んでみたかった本でしたし、野中ユリさんの装丁も可愛らしいのです。

1489080978037.jpg


1489081048199.jpg


1489081070972.jpg



ほんのり可愛らしくて、幻想的な世界の展示です。

nonak.jpg
posted by みどり at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河津桜を観に行ってきました  その3「河津平安の仏像展示館」




2月27日(月) 静岡県の河津町へ河津桜を観に行き、
河津川沿いの桜を観て、涅槃堂へ行き、さらに「河津平安の仏像展示館」を
目指して歩いて行きました。

展示館の公式サイトはこちらです。
https://www.kawazu-onsen.com/event/naranda/naranda.html

バスがあるわけでは無いので、歩いている人もほとんど、いや全くいませんでした!

DSC01014.JPG


途中、梅が咲いていたり。

DSC01016.JPG


えええ!?これって、もしかしてイノシシ???の皮??
なんとワイルドな。
DSC01018.JPG


近くなってきたようです。
DSC01021.JPG



でもまだまだ坂を上がるのです。
KIMG2617.JPG


これは大変だ。
写真は坂の上から、下を見たところ。
DSC01022.JPG


ようやく、到着!
南禅寺、のそばの「河津平安の仏像展示館」
KIMG2618.JPG


河津の仏像が展示されています。
それも平安時代のものだとか。
係の方より、いろいろと説明を伺うことができました。
私の文章力ではそのすべてをここでご披露することがとてもできません。

館内は通常、写真撮影禁止なのですがこの日は係の方より、撮影とネットへの
公開の許可をいただきましたので、ご紹介します。


KIMG2620.JPG


KIMG2634.JPG


KIMG2632.JPG


KIMG2639.JPG


KIMG2622.JPG


KIMG2624.JPG




下の写真は平安時代の物ですが、これだけ触ってもいいのだそうです。
こんなこと滅多にありませんね。
「おびんずるさま」
もちろん触ってきました。
地元の方々が大切にしてきたものだそうです。

KIMG2625.JPG


KIMG2626.JPG



ほとんど形が分からない物もあります。

KIMG2627.JPG


こちらは美しい形をしてますね。

KIMG2628.JPG


KIMG2629.JPG






KIMG2643.JPG


上の写真は、中が暗かったのでもう一枚。
こちらは、どういう物だったがうっかり記録するのを忘れました。

KIMG2644.JPG


KIMG2645.JPG


KIMG2656.JPG


河津に平安時代の仏像がある、その由来がとても興味深い物でした。

この南禅寺のあるあたりに、いまよりかなり広大な敷地の寺があったらしい、のだとか。
ところが1432年の山津波ですべてが流され埋没。
それを後年、掘り出したので展示されている仏像の多くが、体の一部をうしなったり、
ほとんど原型を土留めてなかったりしてるのだとか。
いまでもこのあたりを掘ると、破損した物の一部がごろごろ出てくるのだそうです。


かつてこの地(河津町谷津)は、かなり内陸まで海があり京都や奈良からの関東へ行く途中に
立ち寄る港もあって、栄えていたらしい。
河津の谷津港がそれで、多くの仏像も船で運ばれてきたと考えられているそうです。

それが前述の山津波で川も埋まり、港としての機能も無くしてしまった。
船も、下田や他の地の港に寄るようになっていったらしい。

展示されている仏像も今はまだ調査の途中なのだそうです。

うまくまとめられませんでしたが、河津に平安時代の仏像が多数あることのすごさが
少しでもお伝えできれば、と思います。




行きは、東京駅から特急にのりましたが、帰りはゆっくりで。
河津駅のホームで、桜祭りで買った、苺大福とコンビニコーヒーで一休み。

KIMG2659.JPG


さらに乗り換えの熱海駅のホームで、ちょっとうどんを。
立ち食いの「熱海そば」で、季節限定のうどん(そばもあり)を食べました。
のり、梅干し、そしてわさびの香り。
KIMG2664.JPG


シンプルなうどんですが、これがとてもおいしかったです。

松戸の自宅に着いたのは10時過ぎ頃。
充実した一日でした。




posted by みどり at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

河津桜を観に行ってきました  その2 河津・涅槃堂



2月27日(月)

静岡県河津へ河津桜を観に行きましたが、もう一つの目的の涅槃堂へも足をのばしました。

桜見物の方は、涅槃堂まではなかなか行かないようです。
場所はちょっとはなれているだけなのですが。

河津観光協会の紹介サイトはこちらです。
https://www.kawazu-onsen.com/kanko/mineyatsuhama.html
でもこちらを見ても詳しい事は、あまり書いてないですね。
いくつかのサイトを見て情報を総合すると、元はお寺があったけれど
今はご住職もいなくて地元の方々が管理されている。
内部をみるには通常はしまっているので、事前の予約が必要。
桜祭りの期間中は、公開していていつでも観られる、という
事のようです。

後から気がつきましたが、こちらの旅行ガイドサイトの方が詳しいです。
http://guide.travel.co.jp/article/14280/

こちらの涅槃堂にあるのは、お釈迦様が入滅した時の様子を表した「寝釈迦像」で、
全国に34例しかなく、日本三大寝釈迦とされる貴重な仏像、だぞうです。



河津駅から歩いて3,40分で到着。
DSC00966.JPG


坂をちょっと上がります。

DSC00968.JPG


DSC00983.JPG



早速中を拝見。
写真撮影はOKと言われましたので、撮ってきました。

DSC00982.JPG



DSC00969.JPG


DSC00975.JPG


DSC00981.JPG


DSC00980.JPG




DSC00979.JPG




上には天女もいましたよ。
DSC00974.JPG


DSC00973.JPG


千葉県から来ました、といったら受付の方がびっくりされていました。
今年の河津桜は咲くのが例年よりとても早かったそうです。

その方からお堂に飾るために家から持ってきたけど、余ったから良かったら
持って行って、と言われきれいな水仙をいただきました!
水仙も河津は咲くのが早いのですね、千葉県の我が家ではやっと伸びてきて
つぼみがみえてた位でしたから。

この後、自宅まで数時間もかかるのでちょっと心配でしたが無事持ち帰ることができました。
写真は家に帰ってから撮影した物です。

KIMG2666.JPG


涅槃堂を出てからは、また駅の方へ戻りかけましたがせっかくなので、
「河津平安の仏像展示館」へ行って観よう!と決心しました。
しかし閉館は4時。
涅槃堂を出たのは2時半くらいでしたか。
スマホで調べると徒歩30分くらいはかかるらしい。
大丈夫!余裕ありますね、せっかく桜まつりに来たのだからもう祭り気分を少し楽しみたい。

DSC00989.JPG


DSC00999.JPG




お腹もすいてきたので、花よりたこ焼き♪
夕方になってきたので、お店の方も早く売ってしまいたいらしくて値引きされてました。
たしか8個500円が、6個250円でした。
DSC00994.JPG



DSC01000.JPG


DSC01012.JPG


いざ、平安の仏像展示館へ。
続きは、また後日。





posted by みどり at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

河津桜をみてきました その1河津川沿いを歩く



2月27日(月)
静岡県河津町の「河津桜まつり」に初めて行ってきました。
川津桜まつりの、情報サイトはこちら
http://www.kawazuzakura.net/index.html


三年前の3月、初めて熱海のMOA(エムオーエー)美術館へいき、その帰りに
「そういえば、この近くで河津桜があるんだっけ」と思い出しいってみようか
と、思ったのですが電車は激混み。
人気のすごさを目の当たりにして、その時は「いつか行くぞ!」と心に決めて
行くのをあきらめたのでした。

念願叶った今年。
とは言っても、行こうと決めたのは出かける数日前でした。
たまたまTwitterで河津桜情報が流れてきたのが、一番のきっかけでした。


27日は、年に一度の職場の健康診断があってその日は仕事は休みを取っていたのです。
出勤にすれば検査を受けている時間も、出勤扱いにしてくれるのですが
検査後の勤務はイヤで休日にしていました。
仕事柄なかなか連休もとりづらく、この日を逃すともう見に行けそうも無い。

検査は職場指定のクリニックへ行きます。
時間は朝からですが、早めに行けば早めに終わる。
早く終わるつもりで東京駅午前11時発の特急スーパービュー踊り子号の指定席券を
取ってしまいました。
万が一、検査が終わるのが遅くても新幹線で熱海まで追いかければ、この
踊り子号に乗れる、とふみました。
降りるのは勿論、「河津駅」


当日は無事に検査も早く終わり11時発のスーパービュー踊り子号に乗れました!
KIMG2595.JPG


KIMG2596.JPG


この日は健康診断のため、朝食抜きだったので駅弁で朝ご飯。

KIMG2599.JPG




座席はやはり海の見える側を取りたい。
東京駅から出発する場合、AB席が海側なのでA席を取りたかったのですが、
さすがにA席は完売でしたのでB席で。
でもお隣のA席の方は熱海駅で降りて行かれました。

窓からの景色がこちら。

KIMG2605.JPG



あ、ちょっと私の手が写ってる(^◇^;)
KIMG2608.JPG




13時過ぎには河津駅に到着。

DSC00919.JPG



KIMG2610.JPG


KIMG2613.JPG


駅の周辺は、花の甘い香りが漂っていました。
今考えるとあの香りは、ジンチョウゲだったような気がします。

駅前はやはり人でいっぱい。
外国の人も多いのが印象的。最近はどこに行っても外国人の方がいるので
びっくりです。


初めての河津。
案内のチラシをもらって、河津川の方へ。
桜を観るのはもちろんですが、いくつか行きたいところがありました。

日本三大寝釈迦像の一つが奉られている由緒正しきお堂である、沢田涅槃堂。
ここにある涅槃像は、どうも桜祭り期間に公開になるようです。
ようです、と書いたのはネットを検索してもはっきり明記しているところが
見つからなくて。
私も今回、ここへ行こうと思ったのも「桜まつり」の期間、公開になる
という話をTwitterでみたからでした。

もう一カ所行って観たかったのは「河津平安の仏像展示館」です。


河津駅から涅槃堂を目指して歩いて行きました。(路線バスもあるようです)

桜もきれい。
残念ながらやや葉桜になってましたが、きれいなところは皆さん写真を撮っていました。
菜の花もきれいでしたよ。
しばらくは桜の写真をご覧くださいませ(^^)

DSC00927.JPG


DSC00929.JPG


DSC00930.JPG


DSC00931.JPG


DSC00935.JPG


DSC00938.JPG


DSC00940.JPG


DSC00945.JPG


DSC00944.JPG



DSC00957.JPG


DSC00962.JPG









河津川沿いは歩いている人も多かったのですが、涅槃堂付近になると
歩いている方はほとんどいませんでした。

涅槃堂についてからの事は、また改めてアップいたします!

DSC00965.JPG











posted by みどり at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする