2016年08月17日

手塚治虫記念館&ウルトラヒーローワールド「ウルトラマン放送開始50年の歩み」



8月16日(火)
千葉県民の私ですが,兵庫県宝塚市まで行ってきました。
行きは15日夜、東京駅から夜行高速バスにのり16日朝、宝塚駅前に到着。

一番の理由は宝塚大劇場でミュージカル「エリザベート」を観るためでした。
せっかくの宝塚市訪問、もちろん手塚治虫記念館も観てきました。

すでに何度か訪問したことあるのですが、数年ぶりなので楽しみでした。
宝塚大劇場と手塚治虫記念館はすぐそばです。

記念館の公式サイトはこちら。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/

tedujak.jpg


DSC07817.JPG


DSC07816.JPG


DSC07777.JPG


入り口を入ると下にはこんなタイル模様が。
中は写真撮影OKです。
DSC07782.JPG


DSC07781.JPG


DSC07814.JPG



故・漫画家の手塚治虫氏は、宝塚市の出身です。
DSC07785.JPG


生原稿の展示や、作品紹介。

DSC07786.JPG


DSC07787.JPG




DSC07811.JPG




オリジナル短編アニメの上映もあり、これも観てきました。
「オサムとムサシ」
少年オサム(あきらかに手塚治虫の少年時代)と、虫のムサシとの交流。
音楽はオーケストレーションなメロディーだなと、思ったらやっぱり作曲は富田勲さんでした。
富田氏は手塚作品に数多くの楽曲を提供しています。

詳細を一部貼り付けしておきます。

原作、監修:手塚眞
監督:りんたろう
絵コンテ:平田敏夫
音楽:冨田勲
演出:うえだひでひと
キャラクターデザイン、作画監督:杉野昭夫




企画展は、ウルトラヒーローワールド「ウルトラマン放送開始50年の歩み」
うーん、これはちょっと期待と違ってました。

DSC07778.JPG


DSC07789.JPG


と、いうかこれは鑑賞の対象年齢をどうみた企画展だったのだろう?

「ウルトラマン」は全39話、が紹介されてますが小さなパネルに
あらすじが書かれているだけ。
小さい子は読まないし、ウルトラマンで育った世代の大人には物足りない。
そもそも展示スペースが小さいから、展示そのものもかなり少ないです。
各地で観てきたウルトラマン関連の展示からすると、こちらはかなりの簡略版の印象です。

ちょっと受けそうなのは、ジオラマか。

DSC07790.JPG


DSC07791.JPG


DSC07807.JPG





ウルトラマンの手のひらの上に乗って記念撮影ができます。

DSC07794.JPG


私もウルトラマンと記念撮影したい!
しかし一人だし、かといって親子連れの方々に頼むのも恥ずかしい・・・。
でもせっかく来たのだからと、意を決してシャッターを押していただきました。

これが証拠写真。

teno.jpg



これはウルトラマンの横に立って、手のあたまの上に伸ばして写真をとれば、
ウルトラマンと一緒に飛行できる!
DSC07800.JPG


時間をかけてゆっくり観たかったのですが、宝塚歌劇の上演時間が迫っていたので
宝塚大劇場へ向かいました。


posted by みどり at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする