2016年08月16日

「サイ・トゥオンブリーの写真 変奏のリリシズム 」




「サイ・トゥオンブリーの写真−変奏のリリシズム− 」@DIC川村記念美術館

展覧会公式サイトはこちら。
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html

8月12日(金) 観てきました。

国立歴史民俗博物館から無料の送迎バスに乗れました。
DSC07705.JPG


DSC07713.JPG



久しぶりの川村記念美術館。

1471350225126.jpg


行くに気なったのは、絵画かと思うようなボヤけた室内の写真を見たのと、たまたま招待券をもらったからでした。

サイ・トゥオンブリーという名前を聞いたのも初めて。
男性か女性かも分からなかったのですが、男性でした。



絵画、写真、オブジェも。
うーん、すまん。なんかよくわからない。

でも唯一気に入った写真はビーチパラソルと、海水浴客が写された作品でした。
縦長で、空が大きくとられてる。
色合いも少し色あせた感じ。
なぜこれが気に入ったんだろうか。



この美術館は個人コレクションが展示されている私設美術館。
ピカソ、藤田嗣治、そしてレンブラントの自画像が、ここで見られる。

併設のレストランでパスタセットのランチをいただきました。

パスタセットだけど盛りつけも彩りもきれいな前菜付き。


DSC07706.JPG


DSC07707.JPG


DSC07708.JPG


メインのピーマンと自家製ソーセージのパスタ。


DSC07709.JPG


デザートとコーヒー。

DSC07710.JPG




広い敷地内も閉館時間ぎりぎりまで散策してきました。
噴水と白鳥のいる美しい池。

DSC07719.JPG


1471350678856.jpg


敷地内にもアート作品があるとは、初めて知りました。
DSC07729.JPG




この後、無料送迎バスで京成佐倉駅まで乗せていただいて帰りました。


posted by みどり at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

siebolds.jpg


「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」@国立歴史民俗博物館

展覧会公式サイトはこちら。
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html


8月12日(金) 観てきました。

展覧会の事を知ったのは、テレビの「日曜美術館」での紹介を見たからでした。

いや、その前にもTwitterで、行ってきた方の感想をチラッとみた記憶はあったけどあまり気にしてませんでした。
テレビで展示の様子を見るとがぜん興味が湧いて来ました。

そんなこんなで、10数年ぶりに国立歴史民族博物館に行ってきました。

1471348509948.jpg


1471348487378.jpg


DSC07703.JPG


DSC07702.JPG







私の中で知ってるシーボルトは、日本に来て植物採集し、日本人のオタキさんと結婚。
紫陽花につけた学名がオタクサ で ある、と言う程度。

でも調べてみるとかれがないつけた学名 Hydrangea Otaksaは、今は使われてないそうです。
その辺の経緯を知りたいものです。

図録を買わなかったので、その辺のことがもしかしたら書いてあるのかも知れないです。

ドイツ人医師であることも今回初めて知った気がします。

日本の植物、文化、工芸品など幅広くヨーロッパに紹介しようとしてた彼。

なぜそんなに異国の地に興味を持ったのか、不思議だったのですが、ヨーロッパに比べて日本は植物の種類が10倍も多いのだとか。

知的好奇心から、その興味はつきることなかったと言うことか。

工芸品も、焼き物や漆器だけでなく祭りの衣装もあるのが、私の興味をひきました。



別の展示も観てきました。

「戦国の兜と旗」は、意匠を凝らした兜が見事でした。
このエリアは写真撮影OKでしたので一部をご紹介します。

DSC07681.JPG


DSC07682.JPG


DSC07689.JPG



これはウサギの耳をかたとっているそうです。
なんでウサギなのか?はいろいろ理由があるようです。


DSC07688.JPG


DSC07680.JPG





「柳田國男と考古学」も小さな規模の展示ながら、名前しか知らないも同然の柳田國男のことが少しわかって、よい展示でした。

yanagid.jpg


国立歴史民族博物館、さすがに見応えありました。

DSC07697.JPG


DSC07698.JPG


DSC07699.JPG





ここをみてからは、博物館前から13時15分発、川村記念美術館行きの無料バスが出てるので、それに乗りました。

川村記念美術館で観た展覧会の感想はまた!後程。


posted by みどり at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする