2016年08月10日

演劇集団キャラメルボックス公演「彼は波の音がする」

1470752883162.jpg


演劇集団キャラメルボックス公演「彼は波の音がする」@ 池袋サンシャイン劇場


公演公式サイトはこちら。
http://www.caramelbox.com/stage/summer2016/


8月9日(火) 観てきました。

この夏のキャラメルボックスは二本立て公演。
先週は「彼女は雨の音がする」を、みて今回はは「彼は波の音がする」を観てきました。

同じ出来事を、フリーライターで小説家の玉子の白浜若菜から見た物語が「彼女は雨の音がする」

舞台俳優の新宮広樹から見た(語られる)物語が「彼は波の音がする」

天使の手違いで事故死してしまい、とりあえず別の体(大企業の社長)に魂が入れ替わることになり、本人も周囲もてんやわんやなことになる。



昔からよくあるネタで、目新しさは皆無ですが「彼は…」の方はなかなか楽しかったです。
「彼女は」の方は白浜の家族や幼なじみとの恋のことを詳しく描いて、しんみりした物語になってるのですが、いかんせん説明過剰。
私にはバタバタした雰囲気がどうしても好きになれませんでした。

「彼は」の方は社長やその家族(養子の息子)、新宮の友人のことなど、社会性が強く出てるようで、私はこちらの方が好き。

何よりも天使役でゲスト出演されているフリーアナウンサーでタレントの、福澤朗さんの存在感は圧倒的。
キャラメルボックスの役者さんたちより遥かに際立ってました。
さすがです。


二本見るのもよいですが、私は「彼は波の音がする」一本で充分だと思いました。
posted by みどり at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする