2013年05月31日

高橋真琴個展「海のファンタジー 人魚の世界」

高橋真琴個展「海のファンタジー 人魚の世界」


高橋真琴個展「海のファンタジー 人魚の世界」@ギャラリー向日葵
5月28日〜6月8日まで
高橋真琴さんの公式サイトはこちら


毎年この時期になると開催されるのが、少女画を描かれている高橋真琴さんの個展。
初日、早速行ってきました。

タイトルが「海のファンタジー」なので人魚姫や海の中をイメージした作品が多数です。
それ以外のいつもながらのお花、小動物と少女のかわいい絵もあります。

フルーツと少女の絵も三枚。
「フルーツと少女」と言ったらたしか去年の神戸での展覧会のテーマでした。
去年神戸の個展は「フルーツバスケット」というタイトルでした。

係の方にうかがったら、東京のファンの方から東京でも「フルーツと少女」の絵が観たい、
という声があったので、先生に新に描いていただいたのだそうです。

初日会場での高橋先生。
今年末には画業60周年記念画集が出版されるそうです。
高橋真琴個展「海のファンタジー 人魚の世界」 初日の高橋真琴先生



今回は、私も初日に列びました。
開場までに列んだ方は20人以上いたと思います。
列んだ多くの方は人魚の絵がお目当てだったようです。
私にもチャンスはあったのですが、今回は他のかわいい子に目移りしてしまいました。
(せっかく人魚がテーマだったのですが・・・)


それにしても気になるのは、東京の個展は列んでも整理券すら出さないこと。
会場に入ったら、係の方に「これを買います」と言った方が購入できるという、
はっきり言って「早い者勝ち」というのは、なんとかならないのかと思います。
ゆっくりと選ぶこともできません。
開場して数十分でほぼ完売になるくらいの人気なのに、ならんだファン同士で
よくケンカにならないと思います。

たまたま大阪から来たというファンの方とお話しする機会があったのですが、
神戸の個展の時は前に、やはりファン同士でトラブルになったことがあり、以後
整理券を出して順番に作品を選ぶことができるようになったのだそうです。

東京でもそうして欲しいものです。

posted by みどり at 09:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山海塾 新作公演「歴史いぜんの記憶 うむすな」

sanumu.jpg


山海塾 新作公演「歴史いぜんの記憶 うむすな」@世田ヶ谷パブリックシアター
演出・振付・デザイン:天児牛大(あまがつうしお)
舞踏手:天児牛大、蝉丸、岩下徹、竹内晶、他
音楽:加古隆、YAS−KAZ(やすかず)、吉川洋一郎
5月22日〜5月26日まで 
山海塾公式サイトはこちら


5月23日(木)に観に行っています。

世界的に活躍されている舞踏集団・山海塾の日本帰国公演は毎年
とても楽しみにしています。

普通の演劇公演とは違って、セリフもない舞踏公演なので
説明するのが難しいです。

舞台上は四角い何か、で左右に分離されたようになっている。
その上空にはガラス製なのか透明な漏斗状のものが左右に一個ずつあって
それが天秤のように場面によって位置がかわる。

冒頭は、メロディーラインのはっきりした曲をバックに天児牛大さんのソロ。
その後、天児さんが消えて他の複数の舞踏手の群舞。
天児さんはじめ舞踏手は皆さん全身白塗りです。

舞台には砂がまかれているようですが、その上を舞うように動く舞踏手は
虫のようにも、植物のようにも、細胞そのもののようにも見えてくる。

ほぼモノクロの世界。
途中、舞台後方から突然赤い色が現れるシーンはなんだか暴力的なくらい
衝撃的でした。

山海塾の舞踏公演は、見終わるとなんだか気持ちがすっきりと浄化されるようです。



5月31日から同じ劇場で「二つの流れ から・み」の公演が始まります。
もちろんこちらも観に行きます。

下の画像は、びわ湖ホールでの公演チラシです。

sankaram.jpg



posted by みどり at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする