2013年05月26日

「牧野邦夫 写実の精髄 展」

「牧野邦夫 写実の精髄 展」


「牧野邦夫 写実の精髄 展」@練馬区立美術館
4月14日〜6月2日まで
展覧会サイトはこちら



5月25日(土)に観に行っています。

最近の日経新聞の文化面や、TVの「美の巨人たち」でも紹介された「牧野邦夫」さん。
今回初めて知った方です。
展覧会は6月2日までだったと気が付いて、慌てて行ってきました。

牧野邦夫(1925〜1986)さん。
チラシに使われているのは「ビー玉の自画像」で1963年の作品。
50年前の作品なのに、なぜかまったく古さを感じない。


自画像だから本来新しいも古いも無いのかも知れませんが、それでも
どこかに時代の空気というか雰囲気は入ってくるものだと思うのです。
絵の具の塗り方とか、色の選び方とかで。
でも彼の絵にはそれが無い。
驚くほどの精緻なリアリズムのせいなのか、近年の作品かと思うくらいです。

あごの左右に見えるおしゃれな唐草文様みたいのは何?と、思ったら
右は「1963」と制作年、左は「牧野」の文字を装飾的に描いているのだとわかりました。

生前は数年おきに個展をしたり、依頼された肖像画や本のイラストの仕事もしていたようす。
とはいっても、いわゆる「売れてる画家」では無かったらしい。
お金が無いので、手元にある物に描いていることが多かったそうで、木のお膳やおぼん、
レコードジャケット、絵の具のパレットにまで「絵」を描いている。

展示されている作品を見ても、自画像がやたら多い。
女性の絵だったらうれるかもしれないけれど、作家本人の自画像では売れなかったろうに・・・
と、余計な心配をしてしまいました。

リアルに描かれた汚れたガス台のよこに、人の顔が複数描かれた不思議な絵。
どう見ても安アパート一部屋なのに、押し入れの向こうに異界の生物達がいたり。

「男児」というタイトルの作品は大型で、複数の少年や青年がここではない、どこかの
世界の鎧を着ている。
説明されなければ、まるで近年のゲームのパッケージデザインかと思うくらい。
そしてこの作品の頂上にいるのはやはり牧野さん本人だし。

ボッシュの「悦楽の園」のような半裸の人々が数多く描かれた作品もある。

どの作品もリアルに描かれた人や物があり、でもその世界は妖怪でも潜んでいる
ような不思議な雰囲気があります。

「屋上の邪保(じゃぽ)」も面白い。
ここで邪保とは悪魔のことらしい。
でもこんな言葉、私は初めて聞きました。こんな言葉があるのかどうか?
悪魔の姿の男(顔はやはり牧野)が血の付いた短剣を持って、下界を観ている絵
ですが、その顔は穏やかで涙さえ流している。

1枚の絵の中に不思議がいっぱい。

レンブラントを敬愛していた牧野さん。
レブラントになりきって、画家として悩める牧野さんあてに書いた手紙まで
残されている。
叱咤激励している内容なのです。

閉館1時間前に行ったのですが、全部見るには時間が少々足りないくらいでした。
もっとゆっくりじっくり観たかった。
久し振りにずしりと、見応えのある展覧会でした。


posted by みどり at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「星の王子さま」&「よだかの★星」「たいらじょうの人形劇大全集」

人形劇俳優のたいらじょうさんの公演、今年になってから何度も足を
運んでいますが、ブログにはつい書きそびれていました。
今回まとめてご紹介。



人形劇俳優たいらじょう公演
「星の王子さま」&「よだかの★星」「たいらじょうの人形劇大全集」



2月21日(木)に越谷のサンシティホールで「星の王子さま」公演を観に行っています。
サンシティホールは今回初めて行った所です。

たいらさんによる人形劇版のサン・テグジュペリの「星の王子さま」は大人向き
人形劇としているので、変に甘くないところが私は好きです。
会場内に小さなこどもがいないのもいい。
(小さい子はかわいいと思うけど苦手)

そして会場ロビーで、思いがけずアーティスト・ムットーニさんのファンつながりの方と
ばったり会ってびっくり。
私がたいらさんのことを今までブログに書いてきましたが、それを読んでくれて公演を
みにいくようになったんだとか。
同じこの会場で以前「毛皮のマリー」を、そしてこの日「星の王子さま」を観に来たのだそうです。
このブログがきっかけでファンが増えたとは、うれしいです(^^)



3月23日(土)には初台のTHEATRE JOでの「よだかの★星」「たいらじょうの人形劇大全集」を
観に行っています

両方とも何度も観に行っている演目です。
「よだかの★星」はもちろん宮沢賢治の「よだかの星」の劇化。
と言っても人形はでない、たいらさんの朗読と手の表現でよだかが
飛ぶ様子を表現。

今見るととてもスマートにさえ感じますが、もともとは人形を製作する費用が
無いための苦肉の策、で生まれたひょうげんだったらしい。


「たいらじょうの人形劇大全集」
たいらさん作の人形劇作品のあれこれを、ちょっとだけ見せてくれるのが
この「大全集」。
今回はこの「大全集」の中に「はなれ瞽女おりん」が初めて入りました。

「はなれ瞽女おりん」はまだ1回した上演されてない作品ですが来年1月5日に
新国立劇場中劇場での公演が決まっているそうです。
これは楽しみです。
いまからスケジュール帳に書き留めておかねば。


写真の右側にあるのが「はなれ瞽女おりん」のおりんさんの人形
中央はもちろんたいらさん
3月23日 ファンミーティング1


こちらは私の好きな演目「星の王子さま」の王子さまの人形とたいらさん

3月23日 ファンミーティング3



こちらは「人間のじょうくん」と「人形のジョウくん」
3月23日 ファンミーティング4




そしてこの日は、公演の後の「ファンミーティング」にも参加してきました。



たいらさんの二本の腕だけで表現する「ハンドラブ」という演目を最初は通常版で、
その後で通常とは逆方向、つまり舞台裏から見せてもらえました。

3月23日 ファンミーティング6


3月23日 ファンミーティング5



客席からは「けこみ(人形劇で人形を操作する人が隠れるとこ)」の上、
たいらさんの腕しか見えないのですが、体全体で動いて表現されている
ことがよく分かります。
たいらだんいわく、こうしないと勢いがだせないんだとか。


4月、5月に観た公演のことはまた改めて書くことにします。