2013年05月16日

「ミュシャ展」

much2013.jpg


「ミュシャ展」@森アーツセンターギャラリー
3月9日〜5月19日まで
展覧会公式サイトはこちら



4月10日(水)に観に行っていましたが、書きそびれていました。
次の日曜日で終了ですのでご紹介しておきます。

アール・ヌーヴォーの画家として真っ先に頭に浮かぶのが
アルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)

ミュシャ展は過去何度か開かれていて、私も好きなので観に行っていました。
前回見たのは2005年3月に東京都美術館で開催された「ミュシャ展」でした。

前回の展覧会の内容の詳細までは覚えてないので、今回が前回とどれくらい
違うかが、よく分かりません。

でも冒頭に載せたチラシにも使われている作品は、初めて見た気がします。
モデルはミュシャのお嬢さんなんだとか。

また、ミュシャが故郷の歴史を絵画にしたシリーズ「スラヴ叙事詩」
の下図、これは初めて見た気がします。
(本物の展示はなく、映像で紹介されてます)

今回の展覧会では「四芸術」シリーズが注目らしい。
通常は紙に刷られることの多いリトグラフだけれど、シルクサテンに印刷された
ものが今回は展示で、日本初公開なんだとか。

ポスター、油彩画、菓子や化粧品のパッケージイラストなど、彼の活動の
幅広さを改めて認識し、大いに楽しめる展覧会でした。
posted by みどり at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする